「アエラ」の、気になるタイトル

不安を煽られ、つい買ってしまった

朝日新聞社が発行している「AERA」って雑誌ありますね。
その出版広告が新聞に出てました。
2013年6月10日号。

「本当は怖いEDとハゲ」
――男の悩みの双璧を並べ、「怖い」ですと?
なんだなんだ、何が怖いんだ。
禿げてると命を縮めるのか……。

つい買ってしまいました。

問題の記事は、巻頭のカラーページ。
「立て、全国のEDとハゲよ」と大見出しが踊っています。

おお~、ハゲも立ち上がらねばならぬのか。

まずはEDについての記事。EDの原因や実情を分析し、
「糖尿病や心臓病患者がEDも併発している」という事実。
――怖い、たしかに。

パートナーとの関係が悪化する。
――そりゃまそうでしょう。

ストレスも引き金になる。
――よく言われてます。

女性は、EDになったら打ち明けてほしいと思っている。
――言えないよね~。

ED薬を処方してもダメな場合がある。原因の特定は難しい。
――結局、「男はつらいよ」なのか?

EDに関しては、とりとめのない記事、という感想です。
ただ、「あなたの夫、恋人がED、ハゲならどう思いますか?」
というアンケート結果が載っていて、
トータルでは「ハゲよりEDの方がイヤ」となっています。
サンプル回答の中では「ハゲよりEDの方がいい」
というのはゼロでした。

薄毛・ハゲへの不安を煽る関連商品

さて、続いてハゲの方を読んでみました。

日本皮膚科学会のガイドラインで
効果が確認された「Aランク」の成分は、
ミノキシジルとフィナステリド。
――「リアップ」と「プロペシア」の成分ですね。

発毛クリニックで、その2つを「内服」させている。
――記事にもあるけど、それは問題だそうです。

頭皮ケアシャンプーは「発毛、育毛」とは謳っておらず、
土壌をちゃんとさせる目的。
――薄毛不安戦略、なのだそうです。

アデランスも、育毛サービスに力を入れている。
――え、僕がかつてコピーを書いていたカツラの雄が!

カプサイシンやイソフラボンが髪の毛を成長させるもとになる。
――プロペシアとの併用で効果があるらしい。
単に激辛ラーメンを食べてるだけじゃダメですね。

さらに、後ろの方のページにも特集あり。
EDとハゲについてのアンケート結果です。

上にも書いたように、
「EDの方が許せない」という意見が多いです。

あと、「ハゲへの不安は作られたもの」という識者の意見。

「古来ハゲは文明的で、精力が強く男らしい、と見られていた。
ところが、消費文化の中で誕生した薄毛関連商品がヒットし、
自分は薄いんじゃないか、ハゲなんじゃないかという
不安が社会に定着していった」と。

薄毛・ハゲの関連商品が劣等感を生み出し、
それの改善欲望を刺激すると続いています。

広告戦略に、「恐怖訴求」というものがあります。
「これを使わないと大変なことになる」と
脅しをかけることで、購買につなげるわけです。

薄毛・ハゲ商品は、まさにこれですね。
禿げたくなければ、買いなさい。

でも、「リーブ21」は「発毛の喜び」という切り口で、
恐怖とは反対の、ポジティブなアプローチをしてます。
これはいいことだと思います。

さて、ハゲとEDを比べて、ハゲの方が救いがあるという
結論になったわけですが、両方に当てはまる場合はどうしましょう。

ハゲなら、「頭を丸めろ」というアドバイスができるのですが、
EDの場合は微妙な問題だけに、難しいですね。

ただ、テストステロンの分泌が多いハゲは、
男性ホルモンの働きも強く、EDにはなりにくいんじゃないか。
自分では、そう思っています。

だから、両立しているケースは少ない、と結論づけました。

みなさん、AERAのアンケートを信じるなら、
禿げても女性にはNGを出されることはないそうですよ。

それが「EDよりはマシ」程度だとしても、
ハゲ散らかさず、いつも通りスカッと決めていれば
少なくともあなた自身は、モテハゲを自認し続けられるのです。

ハゲとEDではハゲの方が高評価

表紙はオシャレ坊主の市川海老蔵さん。ハゲ・薄毛とは縁がなさそうですが。

タグ

2013年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛・増毛・発毛・カツラ

ハゲは男らしい、は真実なのか

俗信だと思っていた「絶倫ハゲ」には根拠があった

一般的によく言われるんですけど、禿げてる人は「あっち」が強いと。
今まで自分自身を鑑みて(笑)、「そんなことはない」と思っていました。
迷信、俗信、都市伝説。

しかし、どうも男性ホルモンが関係しているのは確からしい。
昔から、禿げるのは男性ホルモンの影響が強いからだとは言われていますね。

ここで、禿げるメカニズムをおさらいしてみましょう。

髪の毛は成長期、退行期、休止期の三つの工程から成り立っています。
これを「ヘアサイクル」と言い、1本1本の髪はこのサイクルを繰り返しています。

「成長期」通常3年~7年程度
「退行期」2~3週間
「休止期」3~6か月
と言われています。

若ハゲはこの「成長期」が極端に短い状態のことです。
生まれたばかりの弱い毛髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうんです。
産毛のまま、命を失っていくわけですね。

これにはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が大きく影響を与えています。
脱毛部には、このDHTが高濃度に見られるそうです。
そして、DHTのもととなっているのが、テストステロンという男性ホルモンです。

こいつが、髪にとって悪さをしているわけですね。

テストステロンは睾丸などから分泌され、思春期以降の男性の性徴を促します。
「男っぽさを作る」ホルモンのわけです。
最近では「モテホルモン」などと言われて、一部から注目されているようですね。

つまり、
ハゲの原因となるのはテストステロン。
テストステロンは一方で、精力や筋肉増大を司るホルモン。
それが強く作用しているハゲ男性は「精力が強い」という図式になります。

「テストステロン」――精力か発毛かの板挟み

ここ最近、AGA治療薬として処方されはじめているプロペシア(ジェネリック薬ではフィンペシア)。
この薬の働きは、テストステロンの分泌を抑制させることです。
男性ホルモンを減らし、脱毛の原因を除くという目的です。

男らしさをなくせば、髪は生えてくる。
しかしEDの可能性も高くなる。

どうですか? 究極の二者択一です。
中高年男性には、別にもうEDになってもいいやという方も多いでしょうが。

ただ、研究によると、この二律背反には「亜鉛」が効果を発揮するとも言われています。
亜鉛は、男性機能を強化する物質としても知られていますよね。

それじゃ、テストステロンを増やすってこと?
ますます禿げてくるじゃんよ~!?

その疑問はわかります。
しかし、亜鉛には薄毛を抑制する効果もあるらしいですよ。
テストステロンを自然に調整してくれるらしいんです。
二律背反の解決です。

しかも亜鉛は、味覚も鋭くしてくれるとか。
亜鉛を配合したサプリメントもありますから、AGA治療薬を服用なさりたい方は、
併用するといいんじゃないでしょうか。
(あ、これはあくまでも僕の個人的な感想なので、実際に飲み合わせて害がないかどうかはご自身で調べてください)

いずれにせよ、薄毛男性にはそれを解消する方法がいろいろ増えてきたということですね。
試すかどうかは個人の判断。

別にこのままでいいじゃん、というみなさん、ぜひ僕と一緒にポジりましょう。
ねっ!

男性ホルモンが強すぎるとこうなるのか!? の想像図です
絶倫なパパさんのイメージ図です。
でも頭が光ってる人ってこういう先入観ありますよね。

少し精力が落ちてきたけど、髪が全体にぽよぽよ生えてきた、てな感じの想像図です
AGA薬による治療中の想像図。
テストステロンを抑制することで、髪は生えてきたけど
ギラギラ感が失せてしまいそうな男性です。
(上の2点とも、あくまでも想像図ですよ~)

kamagra

タグ

このページの先頭へ