カット代7500円——高橋克実さんの高級ヘアカット

高橋克実のベリーショート

これは「髪の毛ぼうぼう」の状態らしいです

「タモリ倶楽部」でその詳細が

俳優の高橋克実さん。
薄毛を隠すことなく、それを個性として存在感を強めている人です。
ドラマや映画以外にも、バラエティで軽妙なやりとりをしてますよね。

あの頭にしたのは、2004年だそうです。
それまでは、薄毛を隠すために不自然な髪型をしていたとか。

もし今のような坊主にしていなかったら、
ヅラをかぶっていたのかもしれない、と勝手に推測しています。

その高橋克実さん、坊主がちょっと伸びたくらいの髪の長さです。
そして、美容院でカットしてもらっているという。

てっきり自分でバリカンか何かを使ってキープしているのかと思いました。
さすが、売れっ子俳優です。

去年、そんな情報をネットで見て、ブログのネタにしようと
しばらく暖めていました。

そしたら先日、「タモリ倶楽部」で実際にカットしている美容院へ行き、
その一部始終を紹介していました。

あ、この内容もプラスすると面白いかも。
そんなわけで、番組の模様も混ぜながら書いてみます。

場所は南青山。
オシャレな美容院が立ち並ぶ、いわば激戦区です。

番組はタモリさんとTKOの2人が高橋さんと一緒に美容院を訪れ、
カットの過程であれこれと茶々を入れて進行していくというスタイルでした。

美容院は、高橋さんの事務所社長が行きつけの店。
そこで高橋さんも切ってもらっていたそうです。
店長の長谷川さんという方が専属で、もうずっと担当とのことです。

ベリーショートはハサミによるカット

番組では、高橋さんの髪が薄くなったあたりのエピソードが面白かったです。

薄くなった頭頂部をカバーするために九一分けのようなスタイルにしたのはいいが、
風が吹くとそれが蓋のようにパカパカと動き、
「ジッポー」というあだ名がついた。

ダイビングのシーンでは水中で髪がバラッとなるのを防ぐために
黒いネットで固定して撮影に臨んだのだが、
水の中でもまったく髪型が変わらず不自然だった。

そこでついに、事務所の社長に髪を切るように命ぜられたのだそうです。
しかも彼女の目の前で。

断髪式ですね。

そして切った髪を持って帰ろうと思ってると、
「ああ気持ち悪い。あんた持って帰ろうとしたでしょ。早く掃いて」
と言われたのだとか。

でも、タモリさんは「周り的には気楽になったよね」と。

そうなんですよね。

薄らハゲ時代は、周囲の人間はいつ切るかいつ切るかと
気を揉んでいるし、頭髪の話題は「ハゲ」という言葉に触れないよう、
とても気を遣っているわけですよ。

高橋さんは「未練たらたらでした」と言うけれど、
周囲にとっては「やっと髪の話題に触れられる」と安堵したんです。

そんな笑いを交えながら、ヘアカットは進みます。
ヘアスタイルは「ベリーショートに」。

確かに。間違っていません。
モノは言い様です。

そして、刈る器具にもこだわりがあります。

僕らは普通バリカンで刈りますが、
(TKO木下さんもバリカン派です)
高橋さんは長谷川店長によるハサミのカット。

「バリカンとカットでは味が違う」が、高橋さんの持論です。

何だかよくわかりませんが(笑)、刈り込む部位によって
長さを微妙に変えているような感じですね。

カットの後はシャンプーですが、それはヘッドマッサージの要素を含むもの。
ヘッドスパとも言えるでしょうか。

ここでも知らないうちにプロからタモリさんやTKOにチェンジして、
頭をゴリゴリとこするというイタズラも交えます。
でも気持ちよさそうだったなあ。

そして最後は「ブロー」。
これも、いろいろと突っ込まれていました。

いやあ、ハゲのヘアカットだけで30分番組が持ってしまう。
これは超一級の突っ込み芸を持つタモリさんのチカラと、
高橋さんの自虐的なギャグによる化学反応です。

ハゲはやっぱりネタになるなあ。
そう思った30分間でした。

ちなみにカット代は、ヘッドスパを入れて7500円(税別)。
月に2〜3回は行くそうです。
ヘッドスパ代と考えれば……やっぱり高いなあ。

タグ

2014年9月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ