究極のブレークスルー――ハゲ頭で遊ぼう

周囲からのハゲに対する気遣い、ありますよね

よく、写真を撮るときに
「ストロボ要らないよね」
「まぶしくてハレーション起こすよ」
などなどのことを言われるケース、多いですよね。

え、ない?

それは、周囲があなたに気を遣っているだけ。

妙に遠慮がちな空気を感じることありませんか?

この人の前で髪の話題を出しちゃまずいんじゃないか。
傷付くんじゃないか。
怒るんじゃないか。

そんな、気づかいの塊が氷みたいにカチンカチンと固まっています。

氷を割ろう。
遠慮を砕こう。
Break the ice.

それには、あなたが動かねば。
率先して、自分のハゲを話題にするのです。

前述の写真撮影で言えば、ストロボ要らない、ハレーションを起こす、
ということを、自分から言い出す。

気遣いは、消えます。
笑いは、物事をスムーズに流してくれます。
こうなると、空気が変わります。

あ、余談ですが、禿げてる頭って、
本当に露出が変わりますよ。
一眼レフか何かで撮ってるときは、1段くらい絞れてしまうんです。

頭とそれ以外の部分にレンズをそれぞれ当てて、
ファインダの中の数字を比べてみてください。
って、自分で自分の頭は撮れないから、
誰かポジティブヘッドなご同輩を被写体にしてみてくださいね。

そんなわけで、自分の頭で笑いを取るようになれば、
ポジティブ度はかなり進みますよ。

禿げてるところに吸盤、ホントに付くんだから

ところでこの間、「IKEA」っていう家具やらインテリアやらを扱う
どでかいショップに行ってきました。

小物なんかもたくさん売っていて、それがいちいちお洒落で飽きさせません。
さすがスウェーデンのデザイン。
それでいて、びっくりするくらい安いんですから。

売り場の一角に、靴を洗うブラシがたくさん展示されていました。
このブラシ、柄の先端部分に小さな吸盤が付いていて、
洗っている最中にちょっとそのへんの壁にくっつけておけるようになってます。

手に取って眺めていると、あることに気付きました。
これ、頭にもくっつくかも。

で、やってみたのがこの写真。

毛のない部分に吸盤を押しつければ、この通り

自分でもこれほどくっつくとは。
まわりから指をさされましたが、
わりと快感に思えた私はブレークスルー!

ほら、ちゃんとくっついた!
ブラシが頭から生えてる!
同行者に写真を撮ってもらったんですが、
角度が決まらないし周囲からは笑いが起きるし、やたら恥ずかしかったです。

でも、きちんとギャグになってるでしょ?

縁日なんかで売ってる、壁に投げつけるとくっつきながら下へペタペタと
降りてくるタコのおもちゃありますよね。
吸盤でくっつくけど、重みでゆっくり降りてくるという。

あれも頭でできるんじゃないかな。

あと、吸盤のついた矢を射るおもちゃ。
自分の頭に的でも描いて、ど真ん中に当ててもらうとか。

何かの機会に披露してみようかな。

というわけで、駄菓子屋さんとか夜店とかを覗いてみようと思っている、
今日この頃でした。

タグ

ついにキター! 日本で一番有名なポジティブヘッダー

「私が前進しているのである」――孫正義氏の何というポジティブさ!

2013年1月9日、ツイッター上で燎原の火のように広まったツイートがあります。
あるユーザーが「髪の毛の後退度がハゲしい」とつぶやいたところ、

髪の毛が後退しているのではない。
私が前進しているのである。

とRTが返ってきたものです。
その主は、ソフトバンクの孫正義氏。
かねてから髪の減少や額の後退をからかわれてきました。

だって、ソフトバンクからauに乗り換えることを、
「脱禿入庭」
と言われてるくらいですから。
(『庭』とはauのこと。以前、『auの庭』というキャッチフレーズのキャンペーンをやってたところから)

いろいろなアイデアで日本のITを先導してきた人物ですが、
突出しすぎていてバッシングも多いのはご存じの通りです。
「禿」もその一環なのかもしれません。

でも、ツイッターで「やりましょう」と言ったことを、いくつも
実際にやってしまっています。その行動力は、やっぱりすごいことだと思います。
まわりがついて行っているかどうかは別としても。

ともかく、ツイートを紹介する画像では27000ものRTがされています。
頭髪に悩みを持つ人たちの割合も、相当多いのではと推察します。
(実は僕もその一人)

孫さんほどの影響力のある人が、こんなポジティブヘッドな発言をしたことに、
大いに勇気づけられたわけです。

GIZMODOでは、米マイクロソフト社のバルマーCEOも
時を同じくしてハゲスキンにしたことも報じられています。
偶然の一致とはいえ、日米IT界のトップ経営者がポジティブヘッドに。

これは、何かを暗示しているのでは、なんてね。

私たちも孫さんのスピードについていくため、
ポジティブヘッドで頑張りましょう。

紹介するネットニュースの記事はこちらから。
「GIZMODO」

「ロケットニュース」

 

前進し続けるハゲ! このままどこまで行くのでしょう。

前進し続ける、日本で一番有名なポジティブヘッダー
このままどこまで行くのでしょう

タグ

どこまでが額で、どこからが頭か?

禿げると額が広がるのか、それとも額の面積は変わらないのか

小さい頃からおでこが広い、と言われていました。
おでこが「秀でている」と言いますが、別に賢いということはなかったです。
でもまあ、おでこ=額が広いんだなと自覚しつつ大人になりました。

で、そのおでこがだんだん広がってきたわけですよ。
もちろん、髪の毛の生え際がだんだん上がってきたということ。

こうなると、「額」とはどこを指すのだろうかという疑問が頭をよぎります。
生え際から下を言うのであれば、我々ポジティブ・ヘッドの額は実に広い。
だいたい、生え際は後頭部のさらに下のほうに移動しています。
ま、ここを「額」とは誰も言わないでしょうから、額と頭の本当の境界はやはり前頭部にある。
ちょっと調べてみると、「額とは、皺のよる部分である」という記述がありました。
鏡に向かっておでこに皺を作ってみると、確かに眉の上から何センチかの部分まではそうなります。
すると、その上が「頭」ですね。

額と頭の境界線はどこにあるのだろうか

こうやってみると、皺のよっている部分は昔から毛がなく、その上の部分が生え際だった。

髪があった頃を思い出してみると、皺との境界線あたりが生え際だったような気がします。
ああ、ここまで髪があったのか……。
高校時代はアイビーカットにして庇をピッと立てていたなぁとか、
ジェフ・ベックに憧れてセンター分けにした前髪を目が隠れるくらいまで伸ばしていたなぁとか、
いろいろと思うわけですよ。
額だの頭だの、思い悩まなければよかった。
「もう悩まない」がこのブログのコンセプトですからね。

あと、素人考えなんですが、「男性ホルモン」の効き方が分かれる部位が、境界線なんじゃないかと。
眉や髭が濃くなるわけでしょう、男性ホルモンがたくさん分泌されると。
でも、髪はそんなわけにはいかない。
毛根が元気になるのが額以下、抜けてしまうのが頭。
でもまあそれだと、皺のよるおでこはどうなるのよ、
ということになりますから、あんまり信憑性はないですね(笑)

我々ポジティブヘッドとしては、額と頭の境界線など無視して、すべてがおでこと割り切りましょう。
「いやぁ、もうすっかりおでこが広がっちゃってさ」と笑い飛ばしましょうぞ。

タグ

このページの先頭へ