ハゲ頭のテカリをやわらげるには




シャンプー後の鏡に映る発光体

先日、「ポジティブヘッドX」をご購入いただいた方から質問が来ました。

「思い切って髪を落としたいのですが、ハゲている部分のテカリが気になります。
それをやわらげる方法はないでしょうか」

以前、このブログでも「ハゲた頭はなぜ光るのか」というエントリを書きました。

バックナンバーはこちら。

そこでは、原因として──

・禿げると毛穴がふさがり頭部が滑らかになるから
・頭皮はおでこと違い張りが強い。ゆえにピンと張られた状態なので光りやすい
・毛穴がふさがっているといっても皮脂は分泌される。
髪がないから頭皮に広がるのでアブラ光りする

という理由を挙げています。

その後、自分なりに頭皮を研究した結果、
「頭皮の張りが強いから」
「皮脂を落とすから」

という要因が正解なのではと思うようになりました。

僕だけかもしれませんが、頭蓋骨の左右が張っていて、
頭皮が引っぱられている結果、張りが強くなっているようです。

そして、シャンプーで皮脂を落とした後は、
頭皮の方で「あ、油が切れた。補充しなきゃ」と、
皮脂の分泌を盛んにしてしまう。

だから、シャンプー後は特に光りやすいんです。
お風呂上がりに鏡を見てみてください。

そこには、もはや少数派となった白熱灯のような光る物体が。
かなりの高ルーメンです。

頭皮の張りを緩めてやればよろしい

僕は、光る頭はポジティブな証であるという信念を持っています。

光るものは光る。
だから隠さない。
これぞ、ポジティブヘッドの生き方。

でも、質問をくださった方のように、
光る頭を気にする男性は少なからずいらっしゃいます。

光るものは光るが、少しでもそれを弱めることはできないだろうか。
要は、張りをやわらげて皮脂を少なめに保ってやればいいわけです。

張りをやわらげるには、マッサージが一番。
問題は、いつやるか、です。
僕の経験から言うと、シャンプー中とお風呂上がりの2回が効果的。

シャンプー中の頭皮マッサージ、懐かしいです。
髪が薄くなり始めた頃、髪によろしいとされる(高価な)シャンプーを使い、
指の腹で丁寧に、力を込めて、下から頭頂部へ向けて……。

よくやってましたよ、こういうマッサージ。
結果が出なかったから止めてしまい、もう10数年経ちます。

ハゲた頭皮は力を込めにくく指が滑るのでご注意を。

そして、お風呂から出た後のマッサージもやっておきましょう。
上でも言ったように、シャンプーして皮脂を落とすと、
頭皮はそれを補うために皮脂を分泌します。

シャンプーしなければ皮脂は少なく保てるかというと、
それも疑問ですし何しろ頭が汚れたままになる。
(シャンプーしない方がいい、というケア方法もありますが)

低温ドライヤーのマッサージ機能もオススメ

皮脂が出てきたら、光らせないために頭皮をさらに緩めてあげましょう。
それには、お風呂上がりのマッサージが効果的なんです。

指で行ってもいいのですが、ここではテクノロジーに活躍してもらいましょう。
実は先日、「低温ドライヤー」というのを買いました。
僕はドライヤーなど使いませんので(笑)、妻用です。

「ヤーマン スカルプドライヤー」

ヤーマンドライヤー

こちらがAmazonの商品リンクです。

最高60℃の温風で(通常は90℃)優しく髪を乾かしてくれるうえに、
遠赤外線で頭皮を健康にしてくれるという優れモノ。

さらに、アタッチメントを交換して「スカルプモード」にすると、
振動も加わって頭皮を刺激し、張りをやわらげてくれます。
これ、本当に気持ちいいですよ。

振動にうっとり(3分くらいかな)して、鏡を見てください。
さっきまでの発光体に磨りガラスをかぶせたような表面に変わっているはず。

まあ、頭皮からの皮脂分泌は止めることができませんので、
あくまでも一時の対症療法かもしれません。
でも、頭皮の健康に役立ちますし、やっておいて損はない。

今のところ、僕はそう思ってます。

タグ

10月1日は「頭皮ケアの日」ですって

「とう」と「ひとつ」で頭皮ケア

世の中に、「記念日」というものは無数にあります。 例えば10月1日は、 香水の日・コーヒーの日・デザインの日・メガネの日・日本茶の日 などなど。 そのモノや人に関連のある団体や会社が、 自由に定めることができるというもの。 さらに、記念日を統括しているNPOなんかがあり、 権威付けのためにそちらに認定してもらうんだそうです。 もう「言ったもん勝ち」ですね。 個人的に興味があるのは「天下一品の日」。 言わずと知れた有名ラーメンチェーンです。 「てんいち」という略称から「10=テン、1=イチ」という語呂合わせ。 10月1日は語呂合わせしやすいので、記念日がずいぶん重なっているようです。 今回のエントリタイトルである「頭皮ケアの日」もそうですね。 「10=とう、1=ひとつ」ということで、「とうひ」。 資生堂の関連会社が制定しました。 自宅での頭皮ケアやサロン技術者によるヘッドスパなどの頭皮ケアを習慣化し、 頭皮を健やかに保つことで美しい髪を育んでもらいたい、の願いを込めているそうです。 なるほどねぇ。 いざ禿げてみると、頭皮ケアってなかなか意識しません。 意識しているハゲの方もいるかもしれませんが、 僕はもうどうでもよくなっちゃった。 でも考えてみれば、顔〜おでこ〜頭が同じようにツルンとしていますから、 顔の延長で頭皮もしっかりとケアしなければいけませんね。

ハゲも頭皮ケアの必要があるのか

一時期、僕は頭も顔も固形石けんで洗っていました。 牛乳石けんの青箱。 別にこだわりがあるわけじゃないのですが、何となく家にあったから。 しかも、かなり大ざっぱに洗っていました。 それは、「シャンプーとハゲは無関係」という仮説に基づいてのことです。 頭髪治療の第一人者・佐藤明男氏によると、

「毛が生えるための細胞は皮膚の下にあるので、整髪料が薄毛の原因になることはありません。 髪の毛を染めるのもまったく問題ない。シャンプーは頭皮を洗うというのも間違いです。 頭皮を洗いすぎると髪の毛が生えるために必要な角質などが取れて、薄毛を助長します。 出典:Yahoo!ニュース(週刊SPA!)

詳しくはリンク先をご覧になっていただくとして、 衝撃なのは「ハゲは遺伝」ということです。 そして、頭皮を清潔にしても(皮脂をさっぱり洗い流しても)、 ハゲるやつはハゲる、という事実。 僕は学生時代に銭湯生活をしていたので毎日シャンプーできず、 それが遠因で若ハゲにつながったと信じていたのですが、 あの後悔がすべて覆ったわけです。 だから、「ハゲは運命だった」と全身雷に打たれたように悟ったのです。 「もう全部石けんでいいや」と開き直っていました。 でもある時、頭には少なくなったとはいえまだ毛根が残っていることに思い至りました。 坊主にしたり剃ったりしているから目立たないだけ。 ならば、残ってくれている毛根にもっと優しいことをしてあげねば。 そう思ったのです。 皮脂を全部洗い流し毛穴の詰まりを解消したとしても、ハゲ防止にはならない。 それは事実かも知れません。 それでも、髪が喜ぶようなケアをしてあげたい。 せっかく僕の頭に残ってくれているんですからね。 頭皮マッサージをすれば気持ちいいのも事実。 血行がよくなると、ストレスも薄らいでいくような気になります。 現世利益がないとしても、精神的に楽になるのなら 頭皮ケアをしてあげてもいいのではないか。 そこで考えを改め、頭皮に優しいというシャンプーを使うようになりました。 ちょっと値段は高めですが、そんなに使用量は多くないので長持ちします。 「シャンプーなんて必要ないでしょ」などとたまに言われますが、 「いやいや、残ってくれている髪の毛への感謝だよ」 そう答えることにしています。 10月1日は頭皮ケアの日。 ハゲの優しい心根も、毛根とともに再確認してみましょう。

タグ

このページの先頭へ