またもや恐怖の喚起! 薄毛の男性は、高リスクで心臓病に?

ハゲの範囲が広いほど高リスクとは

「薄毛の進行で心臓病の傾向 てっぺんは高リスク」
——こんな見出しの記事を目にしました。

朝日新聞デジタルの、記事です。
(全部読むには会員登録が必要)

それによると、東京大学のチームで過去の医学論文を調べたところ、
頭のてっぺんがはげている男性は、
ふさふさの男性に比べ心臓病(心筋梗塞や狭心症)になるリスクが32%高い。
60歳以下ではリスク上昇は44%にも。

つむじ付近のみ<額から頭頂部<耳の上から頭頂部にかけて全体
という具合にリスクは高まっていくのだそうです。

「耳の上から頭頂部にかけてハゲ」って、
ほとんど僕の髪型ではないですか。

喫煙に比べればリスク上昇は小さいし、
直接的な因果関係ははっきりしないと言っています。
どうやら、男性ホルモンが関わっている可能性も指摘されているそうな。

禿げている男性は、男性ホルモンが強めということは、
このブログでも書いてきましたよね。

ハゲは、男らしい。
しかしそれゆえにハートアタックを覚悟せよ。

いろいろ連想をしていくと、
最期は「腹上死」にたどりついてしまいました。

冗談じゃない。

heartattack

ハートアタックでもこんなのだったら歓迎なのに

生活習慣改善でハゲも止められれば、ねえ

記事には、「将来、自覚症状がない場合でも
生活習慣を変え、予防につながるきっかけに」
というくだりもあります。

まあね、心臓病を引き起こさないために生活習慣を変える、
という意味でしょうが、禿げないよう生活習慣を正せ、
とも読めてしまいますね。

ハゲは生活習慣がだらしないから、
髪の毛がなくなるし心臓病にもなる。
ハゲは自堕落、ハゲが心臓病で死ぬなんてのは自業自得……。

悪意を持ちすぎでしょうか(笑)

3万7千人を観察した結果の推論ですから、
もしかして高リスクであることは間違いないのかもしれません。

調べてみると、ストレスを溜めない、食べ過ぎ飲み過ぎや偏食をしない、
適度な運動をする、タバコを吸わない……
心臓病にならないための心得なんだそうです。

要は、動脈硬化を防ぐこと。

ストレス解消に飲み食いをしちゃいますが、
他は少しは守れるかもしれません、僕の場合。

ただねえ、リスク抱えてるってのが表に出ちゃうと、
ポジティブさも削がれちゃいますよね。

「僕はそう簡単には死なない」と常に思っておきましょう。
そうすれば、ストレスだってそんなには溜まりませんよ。

viagra france

タグ

2013年6月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:心と体の健康

このページの先頭へ