「ラーメンで育毛」とは!?

一見、髪に悪そうな食べ物なのに?

よく、「ラーメン食べ過ぎは髪によくない」と言われます。
三度の飯よりラーメンが好きな僕は、
「因果応報」「だからそうなった」などと言われてるに違いありません。
(被害妄想か)

でも、脂の取りすぎはハゲには関係ない、という説もあるんですよ。
毛穴が脂で詰まっていても、脱毛にはつながらないと。

これはそのうち採り上げますので、今日はさわりだけ。

そうそう、ラーメンが髪によくないという話。
これを真っ向から否定するサイトを見つけました。
「ラーメンバンク」というラーメン情報サイトに掲載されていた広告。
ですので、ダイレクトリンクではなく、ラーメンバンクのURLを載せます。
http://www.ramenbank.com
もし、出稿がもう終わってたらごめんなさい。

広告商品は、髪によいシャンプーです。
その広告サイトのヘッドラインは、「ラーメンで髪を食育」。
「ラーメンから『シスチン』を摂取すれば髪によい」という理論です。

ところがサイトを見ると、「パンテトン酸」が多く含まれているネギを
ラーメンにトッピングすべしというコラムが一番上に来ています。
「シスチン」はどこ行った?

ネギを大盛りにしたラーメンで育毛?

しかし、ネギはどれくらいの量を乗せればいいんでしょうねぇ。
この写真のように山盛り? こんなトッピングをやってる店は
そう多くはないでしょうに。

だけどその下には、髪を構成する「ケラチン」というタンパク質を
形作るアミノ酸がずらっと並んでいるけれど、パンテトン酸は入ってない。
タンパク質の合成に不可欠なビタミンCの働きを助けるという役割だとか。
なんだ、脇役もいいところ。

で、肝心のシスチンは「麺類にも含まれている」としか書いてない。
麺をどれだけ食べればいいのか、これまたわからない。

とにかく広告メッセージの運び方が下手くそ

その下には、シスチンと並び、グルタミン酸も髪を
構成するアミノ酸として重要と書いてあります。
「サラダに塩昆布を加えればグルタミン酸の摂取に役立つ」だって。
だけど、ラーメンとの関係には触れてません。

おいおい、「ラーメンで育毛」という導入をしておきながら、それはないでしょうよ。
ラーメンづくりには無くてはならないアイテムですよ。
今でこそ無化調を謳う店も多くなりましたが、完璧に無化調にするには難しい。
どこかしらでグルタミン酸は使われてると思います。

脱線するからそのへんには突っ込みませんが。

サイトをこのへんまで読むと、「これ、何が言いたいの?」と疑問が湧きます。

髪を構成するのに役立つアミノ酸を、食べ物から摂ろう——ということが
ダラダラと表組みで書かれていて、「だから何だよ」といらいらしつつ、
最後までくると「シャンプーも使おう」というフレーズと商品写真。

せっかく「ラーメンで育毛」というヘッドラインで引っかけて
そのサイトに誘導してきたのだから、
ネギラーメンを食べようというだけじゃダメでしょう。

もっと、「ラーメンが髪にいい」と深掘りしないと、
ラーメンバンクに来るようなラーメン好きは離れちゃいますよ。
僕がそうですから。あ、そもそも育毛なんてどうでもいいんですが(笑)

構成が中途半端というか、手抜きというか。

あと、アミノ酸のことをあれこれ解説して、数字もいっぱい出してるんだけど、
どこにも出典が書いてない。信頼感が皆無です。

なんかこう、バラバラの素材を並べて、「さあ買え」と言っているみたい。

ポジティブ・ヘッドな僕たちは、育毛よりも頭皮ケアに興味があります。
だからここのサイトで得るものはないと思います。
だけど、一消費者として広告サイト批評をしたとき、この仕上がりは残念の一言。

シャンプーの解説サイトは、けっこう頑張っているんですがね。
広告制作の依頼、こないかな(笑)

タグ

2013年11月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛・増毛・発毛・カツラ

「あなたのハゲ度チェック」はなぜみんな同じ?

やっぱり頭髪チェックのサイトは、発毛ビジネスと紐づいていた

徒然なるままに、「ハゲ 度合い」なんていうキーワードで検索してネットサーフィンしてたんですよ。
ハゲのチェックサイトがあるって聞いたからです。
Googleで表示される結果上位10サイトのうち8つがチェックサイトでした。
いくつかの質問が並んでいて、それに「はい」「いいえ」で答えていくと、
「あなたのハゲ度」が数値として診断されるというわけです。

ちょっと前から「診断メーカー」っていうサイトが流行ってますが、あれほどうざくはありません。
(個人的に、診断メーカーの結果をツイッターやフェイスブックにアップするのはもう勘弁、という感じです)

僕もやってみましたよ、ええ。
ほとんどの設問に、

・父親、祖父にハゲはいるか
・飲酒喫煙の有無
・ストレスはあるか
・フケや頭が痒くなることはあるか
・ヒゲや眉が濃いか
・食生活
・不規則な生活かどうか

といったものが並びます。
そして、すべてのサイトは「危険」という結果でした。思ったとおり。
まあ、とっくのとんまに禿げてますけどね(笑)

総じて髪に心配を抱えている人たちって、チェックの設問に答えながら、
これ「イエス」とするとマイナス要素だよなぁ、でもまだ大丈夫かなぁと
淡い期待(まだ禿げないよ、という結果)を抱きつつ結果を見るわけです。
そこで「危険」と出れば、ショック。
しかしその近くに「不安な人はこちら」なんていうバナーがあると、
ついクリックしちゃいますよね。
そう、みんな育毛・発毛に関連ある商品への入り口だったのです。
ここを経てランディングページ、商品契約ページへ飛んでいく仕組み。
頭髪関係のエントリーがたくさんある、真面目なつくりのサイトももちろん多いですが、
ただ他のサイトの質問をぱくってランディングページに誘導するだけのチェックサイトも見受けられて。

ただねえ、商品カテゴリーがあまりにも競合多すぎませんかね。
レッドオーシャンというか。

ま、その点ポジティブヘッドなら……(笑)

viagra

タグ

頭皮が日焼けしたらどうケアする?

ダイレクトな頭皮日焼けをしてしまった

2012年の夏も、やっと終わりましたね。
しかし今年は暑かった。
昔、最高気温が32℃などと聞くとウンザリしたものですが、
今は「あ、ちょっと涼しいね」みたいな反応になってしまいます。
34℃なんてざらですから。

でも、このブログを始めたせいか、僕はあまり帽子をかぶらずに外出していました。
ま、直射日光をもろに受けるような無茶はしませんでしたがね。
それでも、紫外線は頭皮に降り注いでいたわけです。
曇りの日も紫外線量は変わらないと言われていますから、ちょっと盲点。

鏡を見ると、いつもより黒光りしていて精悍な感じかな(笑)

しかしながら、日焼けは頭皮に限らず身体へのダメージは大きいものです。
以前、油断していて直射日光で焼いてしまい、日焼けした皮がぽろぽろはがれてきたことがありました。
頭がマダラ。
これはブキミだ。

それ以来、剥き出しが怖くて帽子を多用するようになったのです。
ま、それも「隠す」ことにつながるんじゃないかと、安全と思われるところでは、
極力頭をさらけ出すようにしていたのですよ、今年。

でも、やっぱり紫外線は避けられず、赤くなったり黒くなったりしてしまったわけです。
こうなると、スキンケアを素通りするわけにはいかない。

紫外線のダメージには保湿ケア製品を

頭皮ケアには、前にも書いたように「オード・ムゲ」ってやつを頭にシャバシャバしています。
「余分な皮脂を落とし、必要な水分をあたえお肌を整えます」と、サイトには書いてあります。

オードムゲの160mL版

比較的リーズナブルで、使い勝手もいいので気に入っています。

なかなかいいと思っています。

特に男性用ではなく、赤ちゃんにもお使いいただけるようですよ。
160mLで1050円というリーズナブルな価格も気に入っています。

それ以外にも調べると、当然ながら男性用スキンケア用品はけっこうありますね。
中でも、頭皮にいいと謳う製品も見受けられます。
スカルプケアのシャンプーやコンディショナー、育毛トニックなどが多いのですが。
シャンプーは髪の汚れを落とすもので、われわれポジティブ・ヘッドには無縁と思われがちです。
コンディショナーも髪のキューティクルを保護する役目が主ですから、これも同じ。
育毛トニックは、言うに及ばず。
しかし、それぞれの製品は特徴として「保湿効果」を挙げています。
顔やその他の部位のスキンケアでも、「保湿」はキーワード。
つまり、髪があろうとなかろうと、頭皮(スカルプ)にはいい。
日焼けのケアにもいいということでしょう。

有名どころでは、
スカルプD

スカルプDの代表的商品

広告費投下量が半端ないであろう、スカルプDのシリーズ。「頭皮ケア」というジャンルを拓いたとも言えます。

リガオス

リガオスシリーズの代表商品

スカルプDより後発ですが、やはり大量の広告費を投下して追い上げている商品。有名タレントの起用とスカルプDよりちょっとだけ安い値付けで健闘しています。

 

ちょっと高価ですが、髪を気にしている人(以前のわれわれもそう)にはあまり値段は気にならないでしょう。

大手メーカーでは、
ライオン
「PRO TEC」シリーズのシャンプー

プロテックジェルシャンプー

チューブからしぼり出すタイプのシャンプーです。

 

花王

「サクセス」シリーズのシャンプー

サクセスシリーズのシャンプー

「薬用」というのも手を伸ばすきっかけにはなりますね。

その他、検索してみるとまあ出るわ出るわ。
値段も1000円台から1万円近くまでさまざまです。
コツコツと調べて、よさそうなシャンプーがあったらご報告しますね。

コンディショナーと育毛トニックはとりあえず必要ないけれど、
頭皮ケアシャンプーで頭を洗い、そのあと保湿ケア効果のあるローション的なものを
付けておけばよいのかなと思います。

ただ、クリーム類だと頭がピッカピカになっちゃいますよ。

タグ

2012年9月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ