ハゲ頭むき出しがつらい季節、来たる

夏は何とか乗り切ったものの……

やはり2013年の夏もとっても暑かったです。
普通に猛暑日が続き、熱中症のニュースが流れない日はなかったほど。
エアコンをできるだけ使わずに節電を、などと考えていても、
やっぱり使わないと命に関わるから、しかたない。

それでも電力需要のピーク日にも、発電の限界は超えなかったといいますから、
どこかで誰かが節電してくれていたのか、そもそも原発が稼働していなくても
電力は足りていたのか、わかりませんね。

ま、屋内ならエアコンに助けてもらえるのでしょうが、
屋外に出たとき、何が守ってくれるのでしょうか、
とりわけ僕たちポジティブヘッドを。

以前、男性用の日傘が気になると書きました。
今度の夏は試してみようかな、とも。

すみません、今年は試せませんでした。

なぜかというと、「少し頭皮を日焼けさせたい」と思ったからです。
夏場に帽子をかぶっていると、直射日光からは守れるのですが、
蒸れと無縁というわけにはいきません。
ホントなら頭をむき出しにしていた方が、日陰では涼しい。

だけど、何となく青白い頭っていうのが不健康に思えてきたのです。
僕らが青春を送ってきたのは、「小麦色の肌」が一番偉かった時代。
もちろん、今は美白がそれに取って代わってますし、
紫外線の害もみんなの知るところとなりました。

ただ、生ッ白いよりは、少しは濃い色の方がいいかなと、
ある晩鏡を見ながら思ったのです。

ま、そんなわけで、この夏はできる限り帽子をかぶらず、
ちょっとの間だけなら太陽に「素頭」を晒してみました。

うん、いい色になりましたよ。
でも、髪がちょっと伸びてくると、白髪が目立つように
なってしまいましたが(笑)

日ざしガンガンのコーラルリーフ

紫外線がこんなに降り注ぐ海岸では、
さすがにハゲ頭は晒せません。

そして、木枯らしの季節が間もなく

夏の間で小麦色になった頭皮も、
新陳代謝によって色がだんだん元に戻ってきます。
おっと、海での日焼けみたいにペリッとはがれるわけではないですよ(笑)

徐々に、白くなってきます。
これが夏のように気になるかというと、実はそうでもない。

なぜかというと、そろそろ帽子をかぶるからです。
風が、だんだん冷たくなってきますからね。

だから、あまり頭の色が気にならないのです。

それに、夏の暑さには何とか耐えることはできたけれど、
僕には寒い頭が耐えられません。

髪を落として何年も経つのに、頭をむき出しにして
寒い季節を乗り切ることができないのです。

町を見回すと、冬でも無帽で頭をそのまま晒して歩いている人も
ちらほら発見できます。
これはいつも羨ましく思っているわけです。

冬にハゲ頭を晒してこそ、真のポジティブ・ヘッドではないかと。

木枯らし、北風、雪にも負けないハゲ頭。
その境地に行けるのはいつのことでしょうか。
外で無帽のまま過ごす時間を長くして鍛えるしかないのか。

もともと個人的に寒いのが大の苦手でありますので、
夏以上に忍耐力が必要なのかもしれません。
できるか、俺に?

それに、帽子というのはお洒落アイテムとして
特に秋冬には欠かせないもの。
夏用の帽子に比べ、バリエーションも豊富です。

頭を晒して凍えるよりも、お洒落に走った方がいい。

はい、そう決めました。
寒風で頭を鍛える根性はありません(苦笑)

ということで、この秋冬も素頭は晒さずに帽子でお洒落をするぞ、
の宣言をだらだらと遠回しに書いてみた次第です。

葉っぱが落ちてまるでハゲ頭のように寒々しい枝

見るからに寒々しい冬の木立。
やっぱり今考えるだけでも、頭がスースーしてきます。

タグ

2013年10月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ファッション

【緊急事態】頭の日焼けが大変なことに!!

ハゲランナーは何をかぶって走るか

僕はときどき、ランニングをしています。
ランナー歴はそろそろ6年くらい。その間、フルマラソンにも3回出場しました。
このブログにも書いたんですが、走っていて何が困るかというと、頭にかく汗の処理です。
特に夏場。直射日光にさらすのは危険なので、ヘアバンドやサンバイザーは使えません。
仕方ないからランニングキャップで走ると、今度は蒸れて発汗量が半端なくなり、
キャップのつばからポタポタと雫が垂れてきます。
スタイリッシュでしかも通気性のいいキャップはないものか、と思っているわけです。
ま、それを探すのは暖かくなるまでの宿題かなと考えていました。

そうこうするうちに秋も深まり直射日光の危険も薄れてきたので、
ヘアバンドを買ってみたわけです。
タオル地でできた吸水性の高いやつ。アディダスのものです。
これで走ってみると、頭からの放熱がすこぶるいい。
キャップでは文字通り「ふた」をしていたラジエーター(つまり、おつむ)が剥き出しになり、
汗も熱もどんどん逃がしてくれる。
冬場でも汗でびっしょりになっていたキャップの不快感もありません。

さて、少ない練習時間もものかわ、4回目のフルマラソンを走ってきました。
茨城県つくば市の「つくばマラソン」です。
昨年も出場し、初級者の目標である「サブフォー(4時間以内)」まであと5分という記録を出せた大会。
今年は走り込みもしていないし、まあ完走できればいいやという気分で臨んだわけです。

冬も要注意! UVケアを怠った結果の惨劇

今までレースでもキャップをかぶって走っていましたが、先日ヘアバンドの快適さを確かめたので、
こいつを使ってやろうと思いました。
ただ、11月末の筑波、特に午前中は寒い。
身体が温まるまでは、ビーニー(頭をすっぽり覆う布製キャップ)をかぶり、
汗をかくようになったらヘアバンドへチェンジ。
この作戦です。

コースは、筑波大学構内を出発し、筑波の田園地帯を行く平坦路。
だからタイムを狙える大会として人気が高いんですね。
初級者の僕でも、ずいぶんハイペースになってしまいます。
スタートして数キロを走った時点でタイムを確認すると、1キロ5分半を切るペース。
このままで行けば4時間以内でゴールできる。
(もちろん、そんなに甘くはありません)
練習不足を鑑みて少しペースを抑えつつ、10キロほどの地点。
かなり汗をかいてきたので、用意していたヘアバンドに換えました。
おお、これはいい。
さっきまで蒸れかかっていた頭が、スースーする感覚と共に冷却されていく。

しかしペースを少し上げて(上がって、と言うべきか)しまったせいで、
30キロ過ぎから脚に痛みが来てスローダウン。
結局最後はときどき歩くなどということもして、ヘロヘロになってゴール。

それでも去年の記録には届かなかったものの、4時間ちょっとのタイムでした。
やればできる。
いや、やらなくてもできた(笑)
そんなゴール後のドヤ顔がこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓

つくばゴール後のドヤ顔

この時はサングラスをおでこに載せていたから目立たなかったのです。その下にはくっきりと日焼けの線が……

しかしこの後、同行者たちは僕の頭を見て大爆笑したのです。
「???」
キョトンとする僕に、「頭、頭!」と指をさす。

そう、ヘアバンドの部分を残して、剥き出しとなった頭がこんがり日焼けしていたわけです。
くっきりと。
まるでドングリみたいに。

気温も低いし、初冬の日射しだからとタカをくくっていた報い……。

くっきり部分日焼け

定規で線を引いて塗り分けたような日焼け。白いままの部分はヘッドバンドで隠れていたところ。剥き出しの部分を直射日光が襲いました。スキンケア、UVケアはいずこに。

ホント、どうしましょうね、この日焼け。
ドーランでも塗るしかないか、などと思ってしまいました。

そんなわけで、これからの季節でもポジティブ・ヘッドにヘアバンドは危険です。
やっぱり通気性のいいキャップをかぶるしかないのでしょうか。
汗もかくわけですから、UVケアローションを塗るわけにもいきませんしね。

汗と日射しとの戦いは、これからも続くのか……。

タグ

2012年11月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

頭皮が日焼けしたらどうケアする?

ダイレクトな頭皮日焼けをしてしまった

2012年の夏も、やっと終わりましたね。
しかし今年は暑かった。
昔、最高気温が32℃などと聞くとウンザリしたものですが、
今は「あ、ちょっと涼しいね」みたいな反応になってしまいます。
34℃なんてざらですから。

でも、このブログを始めたせいか、僕はあまり帽子をかぶらずに外出していました。
ま、直射日光をもろに受けるような無茶はしませんでしたがね。
それでも、紫外線は頭皮に降り注いでいたわけです。
曇りの日も紫外線量は変わらないと言われていますから、ちょっと盲点。

鏡を見ると、いつもより黒光りしていて精悍な感じかな(笑)

しかしながら、日焼けは頭皮に限らず身体へのダメージは大きいものです。
以前、油断していて直射日光で焼いてしまい、日焼けした皮がぽろぽろはがれてきたことがありました。
頭がマダラ。
これはブキミだ。

それ以来、剥き出しが怖くて帽子を多用するようになったのです。
ま、それも「隠す」ことにつながるんじゃないかと、安全と思われるところでは、
極力頭をさらけ出すようにしていたのですよ、今年。

でも、やっぱり紫外線は避けられず、赤くなったり黒くなったりしてしまったわけです。
こうなると、スキンケアを素通りするわけにはいかない。

紫外線のダメージには保湿ケア製品を

頭皮ケアには、前にも書いたように「オード・ムゲ」ってやつを頭にシャバシャバしています。
「余分な皮脂を落とし、必要な水分をあたえお肌を整えます」と、サイトには書いてあります。

オードムゲの160mL版

比較的リーズナブルで、使い勝手もいいので気に入っています。

なかなかいいと思っています。

特に男性用ではなく、赤ちゃんにもお使いいただけるようですよ。
160mLで1050円というリーズナブルな価格も気に入っています。

それ以外にも調べると、当然ながら男性用スキンケア用品はけっこうありますね。
中でも、頭皮にいいと謳う製品も見受けられます。
スカルプケアのシャンプーやコンディショナー、育毛トニックなどが多いのですが。
シャンプーは髪の汚れを落とすもので、われわれポジティブ・ヘッドには無縁と思われがちです。
コンディショナーも髪のキューティクルを保護する役目が主ですから、これも同じ。
育毛トニックは、言うに及ばず。
しかし、それぞれの製品は特徴として「保湿効果」を挙げています。
顔やその他の部位のスキンケアでも、「保湿」はキーワード。
つまり、髪があろうとなかろうと、頭皮(スカルプ)にはいい。
日焼けのケアにもいいということでしょう。

有名どころでは、
スカルプD

スカルプDの代表的商品

広告費投下量が半端ないであろう、スカルプDのシリーズ。「頭皮ケア」というジャンルを拓いたとも言えます。

リガオス

リガオスシリーズの代表商品

スカルプDより後発ですが、やはり大量の広告費を投下して追い上げている商品。有名タレントの起用とスカルプDよりちょっとだけ安い値付けで健闘しています。

 

ちょっと高価ですが、髪を気にしている人(以前のわれわれもそう)にはあまり値段は気にならないでしょう。

大手メーカーでは、
ライオン
「PRO TEC」シリーズのシャンプー

プロテックジェルシャンプー

チューブからしぼり出すタイプのシャンプーです。

 

花王

「サクセス」シリーズのシャンプー

サクセスシリーズのシャンプー

「薬用」というのも手を伸ばすきっかけにはなりますね。

その他、検索してみるとまあ出るわ出るわ。
値段も1000円台から1万円近くまでさまざまです。
コツコツと調べて、よさそうなシャンプーがあったらご報告しますね。

コンディショナーと育毛トニックはとりあえず必要ないけれど、
頭皮ケアシャンプーで頭を洗い、そのあと保湿ケア効果のあるローション的なものを
付けておけばよいのかなと思います。

ただ、クリーム類だと頭がピッカピカになっちゃいますよ。

タグ

2012年9月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

夏のポジティブ・ヘッド

猛暑の日本だからポジティブな頭皮ケアを

僕の頭髪ヒストリーばかりだと食傷気味になるので、テーマを変えましょう。
この暑い時期、坊主やスキンヘッドの「お手入れ」について。

頭全体に毛根が残っている人たちと違い、僕たちの頭は地肌が剥き出しです。
つまり、帽子などを被らずに外出すると、紫外線が地肌を直撃します。

男性と言えども、長時間屋外にいるときは日焼け止めを塗りますよね、顔や腕などに。
これを、頭にも塗ってしまったらどうなるのか? 毛根が詰まらないだろうか?
しかし、日焼けして頭皮がカサカサになるよりははるかにマシです。
僕は塗っています。

そして、帰ってきたらシャワーやお風呂で洗い流してスキンケアクリームなどを塗っておけばよろしい。

そうそう、今年は頭を洗うときにミント入りのシャンプーを使い始めました。
「サクセス」のシリーズです。

なんせ、頭がスッキリします。涼しくなります。
これが頭皮にいいかどうかはわかりません。
でも石けんで頭を洗うよりはいいかな、と思います。

何はともあれ、外出時は帽子を被りましょう。
帽子を脱いでいなければならないときは、日焼け止めを。
そして、帰宅したらしっかりと頭を洗って、ヘアケアクリーム。
ちょっと手がかかりますが、夏のルーティン・ワークです。

タグ

2012年8月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ