あまりにも痛すぎる。ハゲをネタにするにも程がある

これをポジティブと呼ぶと、怒りを呼ぶぜ

ネットで見つけました。
「おかしいだろ…… 4ドルで買えるカツラが吹っ切れすぎな件」
ITメディアさんの記事です。

わざわざクリックして見る価値はないと思いますが、
どんな内容かというと……

わずか4ドルのカツラが売られている。
それはビニール製。空気を入れて膨らますと、横分けのような髪型のカツラとなる。
空気を吹き込むバルブが頭頂部にあり、固定するためにあごの下をゴムひもが通っている。
なんというか、ビニールの空気座布団を黒く塗って頭に載せたような感じ。
カツラというか単なる被り物。ジョークグッズだと思います。
パーティやなんかで禿げた人がかぶって、自虐ギャグをかますんでしょうね。

周囲をもバカにしているビニールカツラ

見るのもイヤだけど、さらしてしまおう。でも意外とパーティシーズンに売れたりして(笑)

だけどさ、これでどうやって笑えっていうの?
コントの小道具にでもしないと、見せられた方も反応に困るでしょうに。
会社の忘年会かなんかで、これかぶったハゲ上司に「お疲れちゃーん」とか言ってビールを注がれても、
「はあ」とあいまいに笑うか、「課長、いけてますね」と泥舟に乗り込むような蛮勇をふるうしかないでしょう。

自らのハゲをネタにするのも、ポジティブ・ヘッドの要件であります。
だけど、こんなに不完全で中途半端で質の低いギャグはいけません。

しかも、記事の書き方にも問題があります。
「これなら周囲も優しい態度で接してくれる」
「薄毛に悩む人は一度試してみては」
などという、ほとんど感情のこもらない書き方で綴っています。
ライターにしても、どう扱っていいかわからなかったんでしょう。
(だったらネタにするなよ)

一見面白そうに見えて、だんだん暗澹たる気分になってしまったのでした。

タグ

このページの先頭へ