虚乳と虚毛

アフロヘアーのヅラ、カツラ

これくらいの洒落が利いてれば虚毛もOK

またも言葉遊びをしてみました

前回、「貧乳」に対する「貧毛」などという言葉を出してみました。
「貧乳」を「微乳」「ちっぱい」という言葉に置き換えられるなら、
「貧毛」はどんな言葉になるんだろう、などと言ってみたわけです。

うまい言い換えは浮かびませんね、まだ。

そうこうするうちに、「虚乳」という言葉を目にしました。

なるほど、「かさ上げのバスト」ですね。
パッドやら寄せて上げるやらで、
実際以上の見た目を作っているんだ。
(もしかしたら、シリコンを入れることも虚乳なのかもしれません)

それなら「虚毛」という言葉もあるよね、と
自分で考えて自分で納得してしまったのです。

「虚毛」――
これはもう、「カツラ」以外の何物でもありません。
あ、「振りかける黒髪」も入るかな。

実際、カツラは人毛で作られているので、
「虚」という字は当てはまらないかもしれませんが、
本当は毛がないのにあるように見せている段階で「虚」です。

「擬毛」という言葉もあるかるかもですね。

人工物をあてがい、実物以上に見せている。
虚乳も虚毛も擬毛も。

でも貧乳という言葉から来る健気さが、
虚乳には感じられません。

男女ともに虚勢を張るためのもの?

貧乳の女性が「あたし、おっぱいちっちゃいの……」と
何となくうつむき加減で恥ずかしそうに呟く様子を想像すると、
萌え~となる男性、けっこう多いのでは?

まあ、想像ですが……。

でも、かさ上げのバストを誇示する「虚乳女」には、
そんな健気さはありません。

「ほらほらどうよ、大きいでしょ。(偽物だけどさ)」
とやられると、なんかアバズレ(死語か?)度が高い気がします。

そんな女性って、いざかさ上げを外す段階に来たら、
どういう態度を取るんでしょうね。
お相手が「あれ?」と疑問を持つのが、
きっと怖くてしかたがないのかもしれない。

こういった場面に遭遇したことないからわかりませんが……

偽物は、いずればれる。
これは、「虚毛」も同じこと。

フサフサを装っているけれど、本当はハゲ。
「いざというとき」にヅラがずれないか、外れないか、
そして見破られないかが心配でならないのでは?

ニセの黒髪。
ニセの豊毛。

虚乳も虚毛も、「虚勢」という言葉に集約されます。
虚しい、実体がない、空虚。

虚勢を張った時点で、虚しさがついて回る運命にあります。
そんなの、イヤですよね。

やっぱり、あるがまま。
ポジティブにさらけ出す。

虚勢や虚飾は排除しましょう。
ポジティブ・ヘッドで行こうではありませんか!

タグ

目からウロコ! リンスの効果的使い方

なぜ、独身ポジハゲ宅のお風呂場に……

僕の知人に、ハゲスキンにしている男がいます。
40代、独身。気ままな一人暮らし。

ずっと髪が薄かったので、
いつバサッとやっちゃうのかなと気にかけていました。

ある時会うと、彼は見事なハゲスキンになっていて、
しかも帽子はかぶらず素のままで日常生活を送っている様子。

よし、漢(おとこ)だ!
いいぞいいぞ。ポジティブ・ヘッドの仲間が増えた。
そう喜んだものです。

先日、久しぶりに再会して酒を飲みました。
僕と共通の話題といえば、やはり頭のこと。

頭頂部が特に薄くなっているけれど、
それだとハゲ散らかしになるから、全部剃ってる方が気楽。
今朝もシャワー浴びるときに気合い入れて剃ってきたよ。
これからの季節、直射日光はつらいよね。

などなど、心がつながっていることを確認した次第です。

そのうち、「こないだ、あらぬ誤解を受けちゃったよ」
と言い始めました。

彼の部屋へ友だち(男ども)が来て宴会をして、
そのまま雑魚寝していったときのこと。

朝になってシャワーを使わせてもらった友だちの一人が、
「おい、彼女ちゃんといるじゃないか」
と、なぜか怒ったように文句を付けてきたのだそうです。

全員40代の独身男性。
独身貴族を決め込んで、おいしいものを食べ歩いたり、
いい感じに古びた酒場を巡ったり、
けっこうエンゲル係数の高い飲み食い生活をしています。

結婚なんて、彼女なんて、別に必要ないやという
境地に達しているから、女っ気はなし。

そう思って付き合った来たのに、お前は抜けがけしやがったな。

彼はポカンとして、「なんでいきなりそんなこと言うんだよ」と、逆に訊き返しました。

するとその友人いわく
「風呂場にリンスがあるじゃないか!」

ヘアリンスの意外な効用

彼は吹き出しました。
「ああ、それか」
「なにがおかしいんだよ。スキンヘッドのお前にリンスなんか要らないだろう」
まだ憤っている友人。

人の家にあるさまざまな物から、なにをやっているか推理する。
そんな探偵のような連想力で、彼女がいる、と考えたのでしょう。

「あのなあ、あのリンスは俺が使ってるんだよ。
頭を剃るときにね」

ハゲスキンを保つために、いろいろ試行錯誤した結果が、
「リンスをつけて頭を剃る」ことだったのです。

かれは、電気シェーバーより安全カミソリ派。
その方がきちんと早く剃れる、という持論です。

はじめのうちは石けんやボディシャンプーをつけて
剃っていたのですが、どうも髪が引っかかる気がする。
皮脂を石けん成分が落としすぎているのではないか。

そこで目をつけたのが、ヘアリンスでした。

これなら皮脂を落としすぎずに、カミソリの刃も滑らかに動く。
しかも、頭皮ケア成分が含まれているので、剃った後も肌に優しい。

なーるほど!
これは盲点でした。

ひげ剃りの常識からすると、やはり石けん類を塗りつけて
ぞりぞりとカミソリを動かすのが当たり前。

僕も安全カミソリで頭を剃ったことがありますが、
どうしても滑らかさに欠ける気がしていたのです。
だから、電気シェーバー派になった。

そうか、リンスか。
目からウロコがボロボロと落ちた気分でした。

その日、さっそく家に帰って
妻のリンスで試してみたのは言うまでもありません。

おっしゃるとおり、よく剃れる。
剃りあげた頭皮も、心なしかすべすべになりました。

今、僕はなんとなくスキンヘッドにしていますが、
リンスシェービングを知ったからには、
しばらくこのままのハゲスキンでいるでしょう。

ただ、問題がひとつ。
妻が「わたしのリンス、最近減りが早いんだけど」と
疑問を持つかもしれないということ。

男性用のリンス、ひとつ買っておこうかな。

でもレジで「なんでこのハゲスキンがリンスを?」と
その友人と同じ疑問を抱かれるかもしれませんがね。

リンスシェービングでお肌もすべすべ(イメージカットです)

タグ

2013年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア 頭の刈り方

どこまでが額で、どこからが頭か?

禿げると額が広がるのか、それとも額の面積は変わらないのか

小さい頃からおでこが広い、と言われていました。
おでこが「秀でている」と言いますが、別に賢いということはなかったです。
でもまあ、おでこ=額が広いんだなと自覚しつつ大人になりました。

で、そのおでこがだんだん広がってきたわけですよ。
もちろん、髪の毛の生え際がだんだん上がってきたということ。

こうなると、「額」とはどこを指すのだろうかという疑問が頭をよぎります。
生え際から下を言うのであれば、我々ポジティブ・ヘッドの額は実に広い。
だいたい、生え際は後頭部のさらに下のほうに移動しています。
ま、ここを「額」とは誰も言わないでしょうから、額と頭の本当の境界はやはり前頭部にある。
ちょっと調べてみると、「額とは、皺のよる部分である」という記述がありました。
鏡に向かっておでこに皺を作ってみると、確かに眉の上から何センチかの部分まではそうなります。
すると、その上が「頭」ですね。

額と頭の境界線はどこにあるのだろうか

こうやってみると、皺のよっている部分は昔から毛がなく、その上の部分が生え際だった。

髪があった頃を思い出してみると、皺との境界線あたりが生え際だったような気がします。
ああ、ここまで髪があったのか……。
高校時代はアイビーカットにして庇をピッと立てていたなぁとか、
ジェフ・ベックに憧れてセンター分けにした前髪を目が隠れるくらいまで伸ばしていたなぁとか、
いろいろと思うわけですよ。
額だの頭だの、思い悩まなければよかった。
「もう悩まない」がこのブログのコンセプトですからね。

あと、素人考えなんですが、「男性ホルモン」の効き方が分かれる部位が、境界線なんじゃないかと。
眉や髭が濃くなるわけでしょう、男性ホルモンがたくさん分泌されると。
でも、髪はそんなわけにはいかない。
毛根が元気になるのが額以下、抜けてしまうのが頭。
でもまあそれだと、皺のよるおでこはどうなるのよ、
ということになりますから、あんまり信憑性はないですね(笑)

我々ポジティブヘッドとしては、額と頭の境界線など無視して、すべてがおでこと割り切りましょう。
「いやぁ、もうすっかりおでこが広がっちゃってさ」と笑い飛ばしましょうぞ。

タグ

「ポジ平さん」を拡大解釈してみよう

前向きなハゲ男性を、すべからくこう呼ぶことに

先日、「ナチュラルなハゲはポジティブ・ヘッドか」という投稿をしました。

http://hageblog.com/?p=220

その中で、
「坊主やスキンヘッドにはしていないけれど短髪にして隠さずに堂々としているハゲ男性を、
『ポジ平さん』と呼ぶことにしよう」と提案しました。

実は、まわりでけっこうこの言葉が好評です(笑)
言いやすいですし、可愛い語感を持っているしね。
それに「ポジティブ・ヘッド」を「ポジヘ」と略して呼ぶこともあって、
「ポジ平」と音が通じます。
ちょっぴり長いかもしれませんし、フルネームは。

そこで、ちょっと考えを変えました。
もっと広義の解釈をして、
「短髪、坊主、スキンヘッドetc.、ハゲを隠さずポジティブに生きている男たちを、

ポジ平

と呼ぼう。

まあこんな具合に宣言しちゃいます。
(宣言、とは大げさか(笑))

かの波平さんは、頭にニョロッと1本の毛が残り(双子の兄である海平さんは2本)、
生え際(後頭部)から下は短めに散髪しています。
しかし、薄毛を気にして育毛剤をつけているという、あまりポジティブとは言えない行動をとっています。
我々は、あくまでもポジ平であって、波平ではない。
語感は似ているが、心の持ちどころが違うのであります。

タグ

禿げた頭はなぜ光るのか

毛穴か皮脂か頭皮の張りか

ポジティブ・ヘッドに限らず、禿げてる人の自虐的ギャグに、
「写真撮ったらハレーション起こすよ」
「今撮るならストロボ要らないね」
という定番があります。

頭が光ってるということを逆手に取って、自らを笑い飛ばしているわけですね。

余談ですが、宴会などの席で自分から禿げてることをネタにすると、
周囲の気が軽くなります。あ、この話題に触れてもいいんだなと。

さて、ハゲ頭が光るというのは昔から当たり前のように言われてきました。
おでこだって毛がないのですが、頭ほど光りませんよね。
それはなぜなんでしょうか。
ちょっと調べてみました。

・禿げると毛穴がふさがり頭部が滑らかになるから
・頭皮はおでこと違い張りが強い。ゆえにピンと張られた状態なので光りやすい
・毛穴がふさがっているといっても皮脂は分泌される。髪がないから頭皮に広がるのでアブラ光りする

いろいろ説があり、どれも本当のような気がします。

自分の経験からすると、風呂上がりに光るんですよね。
皮脂をちゃんと落としているはずなのに。
すると、毛穴がふさがりフラットになっているから、なのでしょうか。
以前は、この光る頭が大嫌いというか、恥ずかしくて。
だから帽子をよくかぶっていたわけですが、最近このブログを始めてから
何だかどうでもよくなってきました。
光るものは光る。隠したってしかたない。

歳を取ってもっと禿頭部分が拡がり、風呂上がりにタオルでキュッキュと磨いて
「ほーらおじいちゃんの頭ピカピカだろ」
と孫に見せてあげたいなどと夢想しています。

光の強さは、ポジティブさの度合い。
さ、頑張りましょう。

禿げ頭はなぜ光るのだろうか

画像にエフェクトはかけていますが、光り方はいじってません。これがポジティブなアイデンティティ!

タグ

2012年9月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ