男の積極性は、髪の有る無しで決まるのか?

船越英一郎さんとアデランス

ハゲをポジティブに捉えだしてからは、発毛や育毛、
そしてカツラの広告・CMにはほとんど心が動かされなくなりました。
でも、テレビをつけていれば自然に目に入ってきちゃいますから、
たまには「お?」と思うものにぶち当たります。

アデランスのCMも、そのひとつ。
俳優の船越英一郎さんが出演しているバージョン。

2時間ドラマの帝王は、巷で「髪が増えたんじゃないか」と囁かれていました。
そして、「Mr. アデランスコンテスト」にも出席した時点で、
「もう決定的」と言われました。

何が? いや、そう、カツラです。

その後、上記のようなCMに出演したんですから、そうなんでしょう。
高橋克実さんと違い、「髪のある俳優」を選んだということで、
外からとやかく言うことは控えます。

ここで「お?」というか「え?」と感じたのは、
CMに使われているコピーなんです。

「攻める男」というフレーズ。

つまり、自分の夢とか未来とかに、積極的になれる。
このアデランスを着ければ、攻めの姿勢を持つ男に変わることができる。
ーーというストーリーなんでしょう。

CMの作りは、無精ひげの男性がジムでトレーニング中、
近くの若い美女にチラチラ見られる、というもの。

アデランスのCMで、美女がカツラのかっこいい男性をチラチラ見ている、羨ましシチュエーション

結構タイプです、この女の人(笑)

なんかこう、男のシャイな願望がよく出てますね。
ちなみのこの俳優さんは、サーフィンするCMにも出演していたような。
やはり「攻め」「若さ」「かっこよさ」を表しているんでしょう。
(野口尋生さんという方でした)

余談ですがこのサーフィン編、とあるブログで

本物のサーファーはカツラなんかかぶらない。
むしろスキンヘッドの方が多い。
サーフィン知らない人たちが作ったのが丸わかり。

と書かれていました。なるほど。

髪がある方がかっこいいーーそうですか?

一連のCMでは、
「かっこいい方がいいじゃない、男ですから」
というフレーズも使われています。

ここで前提となっているのは、
「髪があってこそのかっこよさ」なんですね。

ハゲていると、男としての自信を失う。
ハゲていると、消極的になっていく。
ハゲていると、モテない。

と言いたいのだと思います。
ターゲットは、自信を失い後ろ向きになっているハゲ・薄毛男性。

あれ、これって「ポジティブヘッド」がアプローチしたい男性と重なりますね。
しかし、立ち位置はまるで正反対です。

僕が主張しているのは、「ハゲでも堂々としていれば、かっこいい」。
そのために、心の持ちようとか頭のお手入れとか服のコーディネートとか、
このブログでずっと語り続けてきました。

別に発毛・増毛・カツラ業界をdisっているわけではありません。
髪があってかっこいいか、髪がなくてかっこいいか。
この2つの立場から本当に自分に合うかっこよさを追求していけばいいのです。

アデランスさんはじめとする業界の皆さんは、
カツラや育毛剤を売るのがお仕事ですから、
髪があった方がカッコいい、というスタンスでいるしかありません。

僕としては、髪があった方がいいかもしれないけれど、
それに固執して、発毛剤を使っても効果のない時に焦ったり、
バレるんじゃないかと不安に思うことのネガティブ面があるのだったら、
ハゲはハゲで堂々とかっこよくなる努力をすればいい。
そんなスタンスです。

おカネがあったらものすごく高価で精巧なカツラを着けてみたいかーー
あるとき友人に訊かれました。少し迷い、僕はこう答えました。

「いや、そのおカネでスーツをオーダーするよ」

やっぱり、一度確立した価値観というものは、
そう簡単に崩れないんです。

タグ

仕上げにいくつかやっておきたいこと

ヒゲを揃える&ハゲ残った部分のチェック

さて、電気バリカンを使っての頭の刈り方、第3部です。

一通り頭を刈ったら、ついでにヒゲも揃えてみましょう。
前述の通り、職場や立場によってヒゲは御法度という方もいるでしょうから、
これは参考までに見ておいてくださいね。
定年後など、自由なスタイルが許される環境になったら、ハゲ坊主&ヒゲ坊主にチャレンジを。

ここでは、頭と同じ長さで揃えます。これ、実はとても楽なんですよ。
無精髭っぽく仕上がりますしね。

ヒゲを剃らなければいけない場合も、このくらいの長さにしておいてから
電気シェーバーで仕上げると、とてもやりやすいですね。

注意点として、ヒゲは髪質が硬いので、短い状態で刈ると勢いがついて回りじゅうに飛び散ることです。
このバリカンのように集髪機能が付いていても、かなり回りに散ってしまいます。
洗面台を散らかして奥様などに叱られませぬよう。

最後に、シェーバーを使って頭の禿げている部分をキレイに剃ります。
たとえツルッと禿げていても、まだしがみついている毛根が何本かあるものです。
そいつらがまばらに伸びているのはかっこ悪い。
せっかく頑張っているのですが、ちょっとの間隠れていてもらいましょう。

これで、波平さんになるのは避けられます。

頭を刈る頻度について、動画の中で触れています。
僕は週2回を目安にしていますが、もう少し間隔を開けてもいいとおもいます。
ただ、10日開けてしまうとヤマアラシのようになってきて、とてもダンディとは言えないかも。

週2回って面倒くさいような気がしますが、髭を毎日剃ったり、
毎朝髪型をビシッと決めたりするよりは楽ですよ。

もちろん、育毛増毛植毛カツラの手間に比べたら、ほとんど手がかからないのと同じ。

そっちにかけていた時間を、もっと別の方面に使いましょう。
それこそ、ポジティブな生き方だと思います。

タグ

2012年10月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:頭の刈り方

眉毛が気になり始める

星飛雄馬の眉毛だった頃

髪を落として頭部が「すっぴん」になると、顔のパーツが目立つようになります。
耳がやけに出っ張ってるなとか、
ほっぺはこんなにふくよかだったのかとか、
唇がタラコに近いんじゃないかとか。

今まで髪に目が行って、気づかなかった部分が主張を始めるわけです。

そのアピールするパーツの一つが、眉毛。
もっとも、ポジティブ・ヘッド的頭髪量だと、前髪が眉を隠すことはあまりないでしょうね。
でも、むき出しの顔になると、とても主張の大きいパーツなのです。

僕の眉毛は、濃くて太い。「巨人の星」の星飛雄馬のように。
しかし眉尻は下がっていて、いわゆる「八時二十分」なのです。
こんなダサい眉ではなめられる。
外観が何よりも気になる中学生時代から、眉毛がコンプレックスになっていました。

で、ちょいと「お手入れ」をしていたのです。
今自分の中坊と変わりませんな。
しかし、これには弊害が。
現代と違い、当時はそれほど眉をお手入れしている少年はいませんでした。
なので、その筋の皆さんに絡まれることが増えてしまいました。
ツッパリの仲間と思われたんでしょうね。

でもケンカ、弱かったんです。
まあちょびっとずつ整え方を変えつつ、
エクストリームにはならない程度の塩梅を見つけたわけです。
高校卒業くらいまで、その細眉は続きました。

鋭い目つきだった10代の頃

ほとんど眉毛が無い時代も経験して、これくらいの細さに落ち着いていた

 

オヤジの細眉ってどうですか

さて、大人として暮らす現代。
男の眉毛整備もポピュラーになり、細い眉毛もごく当たり前に。
前山さん、お手入れしてもいいのよ、と誰かが耳元でささやきます。
(誰だ?)
特に、ポジティブ・ヘッドにしてから、やはり眉毛の主張が大きくなりました。
整えてみようかな、との思いが月に1回ぐらい押し寄せてきます。

でもこうなると、トレンドには背を向けたくなる僕がいます(笑)
あるがままの自分でいるのがポジヘッドの誓い。
絵で描いたような眉は、それに反するのではないか。

みんなキリリとした眉を持つ中、茫洋とした眉毛。
実にお人好しで、お洒落には何も気を遣ってないように見える。

でも、これでいいのだ

僕は面倒くさがりなのです。
2日に1回くらいのお手入れでないと、剃ったり抜いたりしたところから
短いのが生えてきて、ちょっとかっこ悪いことになる。
なんせ、星飛雄馬の眉ですから、トリミングしている面積が広い。
だから、毎朝お出かけ前には鏡に向かう時間が必要です。
それがちょっと面倒になってきた。
高校卒業まで整えてきたのを、大学に入ってから放棄したのもその理由。
めんどくせえ、と。
以来、ナチュラルな眉毛で来ています。

今日の投稿はあくまでも僕個人のことなので、
キリリとした眉でもいいじゃんか、というご意見に反論するものではありません。
あるがままでいるのは、あくまでも頭のことであってね。
眉も髭も同じく整えるのは何らおかしなことではないし……あれ、こうやって書いてくると、
ちょっと整えたくなってきた。
いずれ、そうなるかもしれません。
(と、実に無責任な終わり方ですみません)

何もしないとこれくらいの面積に広がる

若ハゲを諦めて受け入れる前、ロン毛時代のスナップだが、眉そのものは今もそれほど変わらない

タグ

2012年9月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション

髭なんてどうでしょう

無精髭のチクチク感

昔から、そう、学生時代から僕は髭を生やしてきました。
鼻の下に、口髭ってやつですね。
当時は童顔だったので、年上に見られたいという気持ちと、サーファーブームで口髭を生やす若いのが普通になっていたという背景がありました。
今思うと滑稽ですけどね。

卒業してから就いた職業が、比較的ファッションには自由な業界だったこともあり、
そのまま髭面でいた時期も長かったのです。
長髪のときは顔全面髭でした。ハーレーにでも乗っていそうなバイカー風というか。

頭を丸めたとき、髭をどうするか悩みました。
「髭男」というイメージが定着していたから、すっぱりと落としてしまうのももったいない。
かといって、長めの髭だと頭とのバランスが悪い。

ということで、試行錯誤の末、頭髪と同じ長さに揃えることにしました。
僕の場合、頭髪はだいたい1ミリ内外に整えていますから髭もその長さ。
これなら、バリカンのアタッチメントを換えず一気に整えることができます。
手入れも楽。

見た目は無精髭のようになります。
そう、イチローみたいな揃えっぷりのわけです。
髭だけですが。

別項で述べますが、頭から髪の毛がなくなると他人の視線を「下に下ろす」テクニックを使いたくなります。
だから、目を引くアイテムを眉から下に配置するのです。
これは、ハゲから目を逸らさせるというよりも、話し相手への配慮だと思っています。
禿げた人と話をしている人は、どこを見ていいかわからない。
相手の視線が泳ぐのが、よくわかります。
そこで、眼鏡や髭を付け加えると、視線の落ち着き所ができるので相手も安心するわけです。

メキシコ人みたいに立派な鼻下の髭もいいでしょう。
口の周りだけに生やしてみるのもいいでしょう。
僕はもみあげとあご髭が何とかつながるので、全面髭にしています。
しかも無精髭風ですから、女性とチューでもした時は「いたーい」なんて言われてしまうかもしれません。
(もちろん、想像です)

坊主と違い、髭を生やせるのは業種や職種によりさらに限られてしまうかもしれません。
でも、もしこれをお読みのあなたがリタイヤした世代だったら、
誰にはばかることなく「髭オヤジ」になってみませんか。
フリーな時間を持っているのですから、男を上げる絶好のチャンスです。

 

短い全面ヒゲでニュアンスを

キャップを被ってますが、髭はこんな感じに見えます。白髪がかなりあるので、伸ばすと白ヤギさんみたいになっちゃいます。

タグ

2012年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション

このページの先頭へ