ハゲからの「卒業」とは?

ハゲや薄毛からの卒業はフサフサにするだけではない

春は卒業の季節なんだけど……

桜のつぼみがふくらむ頃は、卒業のシーズン。
世の中にはいろいろな別れと旅立ちがあります。

一般的に「卒業」と言うと、
ひとつ上のステップに登ること。
成長した自分が、次の高みを目指して出発すること。

先日、こんな発毛のキャッチコピーを見ました。

「薄毛から卒業」

なるほど、薄毛だった自分と決別して、
フサフサな頭を持つ新たな自分へ旅立とう――
そんな意味合いが込められているのでしょう。

新生活のスタートを切るシーズンには
とても相応しいアプローチかもしれません。

発毛に成功して、輝きに満ちた晴れ晴れしい顔で、
新しい毎日に踏み出すことができれば、
これほどの喜びはないでしょうね。

でもね、そうなればよし。
そうならなかったら、どうしましょう。

毛髪が生えてくると言っても、一朝一夕にはフサフサになりません。
まして、ハゲの面積が後頭部にまで広がってしまったら、
そこを太く濃い毛髪で埋めるためには莫大な費用と
気の遠くなるような時間が必要です。

だいたい、そんな状態になる頃には後期高齢者ですよ、僕なら。

(いや、クリニックを受けたわけではないので、
時間も費用も想像の域を超えませんが)

禿げたあなたが「卒業」するのは、
「ハゲである」と悩む気持ちそのものです。

肉体ではなく、精神の卒業である

頭をフサフサにできないのであれば、
一生その気持ちから卒業できないのか――

もちろん、そんなことはありません。

わかりますね。
「ポジティブヘッド」です。

フサフサの髪を
アイビーカットとか横分けとかリーゼントとかモヒカンにして
さっそうと街を歩き始める快感は、ないかもしれません。

だけど、髪の毛をさっぱりと落として、
前向きな気持ちで春風に頭を晒しながら歩く。
これは、今すぐにでも可能です。

悩みの種だった薄らハゲの状態から卒業するには、
髪の毛を増やす以外の方法があることを知ってください。

思い出しましょう。卒業とは、一段高みに登ること。
髪の毛を落とし、1ランク高い次元へステップアップ。

その次元とは肉体的な状態ではなく、精神的なものです。

気持ちを上向かせ、しかもお洒落だって楽しめる。
一段高いところから見下ろす余裕の精神状態。

これを「成長」と言わずして何と呼びましょうや。

ポジティブヘッドにしたとたん、
あなたは旧い精神から卒業するのです。

しかも、卒業シーズンは春だけではありません。
365日、いつだってステップアップは可能です。

決意ひとつ。
気の持ち方ひとつ。

薄毛やハゲから、ポジティブに卒業しようではありませんか。

タグ

2014年4月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:心と体の健康

「アエラ」の、気になるタイトル

不安を煽られ、つい買ってしまった

朝日新聞社が発行している「AERA」って雑誌ありますね。
その出版広告が新聞に出てました。
2013年6月10日号。

「本当は怖いEDとハゲ」
――男の悩みの双璧を並べ、「怖い」ですと?
なんだなんだ、何が怖いんだ。
禿げてると命を縮めるのか……。

つい買ってしまいました。

問題の記事は、巻頭のカラーページ。
「立て、全国のEDとハゲよ」と大見出しが踊っています。

おお~、ハゲも立ち上がらねばならぬのか。

まずはEDについての記事。EDの原因や実情を分析し、
「糖尿病や心臓病患者がEDも併発している」という事実。
――怖い、たしかに。

パートナーとの関係が悪化する。
――そりゃまそうでしょう。

ストレスも引き金になる。
――よく言われてます。

女性は、EDになったら打ち明けてほしいと思っている。
――言えないよね~。

ED薬を処方してもダメな場合がある。原因の特定は難しい。
――結局、「男はつらいよ」なのか?

EDに関しては、とりとめのない記事、という感想です。
ただ、「あなたの夫、恋人がED、ハゲならどう思いますか?」
というアンケート結果が載っていて、
トータルでは「ハゲよりEDの方がイヤ」となっています。
サンプル回答の中では「ハゲよりEDの方がいい」
というのはゼロでした。

薄毛・ハゲへの不安を煽る関連商品

さて、続いてハゲの方を読んでみました。

日本皮膚科学会のガイドラインで
効果が確認された「Aランク」の成分は、
ミノキシジルとフィナステリド。
――「リアップ」と「プロペシア」の成分ですね。

発毛クリニックで、その2つを「内服」させている。
――記事にもあるけど、それは問題だそうです。

頭皮ケアシャンプーは「発毛、育毛」とは謳っておらず、
土壌をちゃんとさせる目的。
――薄毛不安戦略、なのだそうです。

アデランスも、育毛サービスに力を入れている。
――え、僕がかつてコピーを書いていたカツラの雄が!

カプサイシンやイソフラボンが髪の毛を成長させるもとになる。
――プロペシアとの併用で効果があるらしい。
単に激辛ラーメンを食べてるだけじゃダメですね。

さらに、後ろの方のページにも特集あり。
EDとハゲについてのアンケート結果です。

上にも書いたように、
「EDの方が許せない」という意見が多いです。

あと、「ハゲへの不安は作られたもの」という識者の意見。

「古来ハゲは文明的で、精力が強く男らしい、と見られていた。
ところが、消費文化の中で誕生した薄毛関連商品がヒットし、
自分は薄いんじゃないか、ハゲなんじゃないかという
不安が社会に定着していった」と。

薄毛・ハゲの関連商品が劣等感を生み出し、
それの改善欲望を刺激すると続いています。

広告戦略に、「恐怖訴求」というものがあります。
「これを使わないと大変なことになる」と
脅しをかけることで、購買につなげるわけです。

薄毛・ハゲ商品は、まさにこれですね。
禿げたくなければ、買いなさい。

でも、「リーブ21」は「発毛の喜び」という切り口で、
恐怖とは反対の、ポジティブなアプローチをしてます。
これはいいことだと思います。

さて、ハゲとEDを比べて、ハゲの方が救いがあるという
結論になったわけですが、両方に当てはまる場合はどうしましょう。

ハゲなら、「頭を丸めろ」というアドバイスができるのですが、
EDの場合は微妙な問題だけに、難しいですね。

ただ、テストステロンの分泌が多いハゲは、
男性ホルモンの働きも強く、EDにはなりにくいんじゃないか。
自分では、そう思っています。

だから、両立しているケースは少ない、と結論づけました。

みなさん、AERAのアンケートを信じるなら、
禿げても女性にはNGを出されることはないそうですよ。

それが「EDよりはマシ」程度だとしても、
ハゲ散らかさず、いつも通りスカッと決めていれば
少なくともあなた自身は、モテハゲを自認し続けられるのです。

ハゲとEDではハゲの方が高評価

表紙はオシャレ坊主の市川海老蔵さん。ハゲ・薄毛とは縁がなさそうですが。

タグ

2013年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛・増毛・発毛・カツラ

「あなたのハゲ度チェック」はなぜみんな同じ?

やっぱり頭髪チェックのサイトは、発毛ビジネスと紐づいていた

徒然なるままに、「ハゲ 度合い」なんていうキーワードで検索してネットサーフィンしてたんですよ。
ハゲのチェックサイトがあるって聞いたからです。
Googleで表示される結果上位10サイトのうち8つがチェックサイトでした。
いくつかの質問が並んでいて、それに「はい」「いいえ」で答えていくと、
「あなたのハゲ度」が数値として診断されるというわけです。

ちょっと前から「診断メーカー」っていうサイトが流行ってますが、あれほどうざくはありません。
(個人的に、診断メーカーの結果をツイッターやフェイスブックにアップするのはもう勘弁、という感じです)

僕もやってみましたよ、ええ。
ほとんどの設問に、

・父親、祖父にハゲはいるか
・飲酒喫煙の有無
・ストレスはあるか
・フケや頭が痒くなることはあるか
・ヒゲや眉が濃いか
・食生活
・不規則な生活かどうか

といったものが並びます。
そして、すべてのサイトは「危険」という結果でした。思ったとおり。
まあ、とっくのとんまに禿げてますけどね(笑)

総じて髪に心配を抱えている人たちって、チェックの設問に答えながら、
これ「イエス」とするとマイナス要素だよなぁ、でもまだ大丈夫かなぁと
淡い期待(まだ禿げないよ、という結果)を抱きつつ結果を見るわけです。
そこで「危険」と出れば、ショック。
しかしその近くに「不安な人はこちら」なんていうバナーがあると、
ついクリックしちゃいますよね。
そう、みんな育毛・発毛に関連ある商品への入り口だったのです。
ここを経てランディングページ、商品契約ページへ飛んでいく仕組み。
頭髪関係のエントリーがたくさんある、真面目なつくりのサイトももちろん多いですが、
ただ他のサイトの質問をぱくってランディングページに誘導するだけのチェックサイトも見受けられて。

ただねえ、商品カテゴリーがあまりにも競合多すぎませんかね。
レッドオーシャンというか。

ま、その点ポジティブヘッドなら……(笑)

viagra

タグ

このページの先頭へ