頭が寒い季節になりました

冬場の帽子、それは決してハゲ隠しではない

寒くなりました。
2012年は夏が暑かった反動でしょうか、冬になったとたんにグンと気温が下がりましたね。
コートやマフラーと並び、僕たちポジティブ・ヘッドには不可欠なアイテムがあります。
そう、それは帽子。

中には、頭をむき出しにしていても平気な人もいらっしゃると思いますが、僕にはできません。
髪型を今のようなハゲ坊主にする前から、冬には帽子が手放せませんでした。
まあ、ほっぺたと同じだと思って鍛えれば平気になるのかもしれませんが。

そんなわけで、知らず知らずのうちに帽子は結構たまってきました。
こういったのを毎日とっかえひっかえ、オケージョンに合わせてかぶっているわけです。


まずはハンチング。個人的には登場率が一番高い帽子です


ワッチキャップ。昔、アウトドア用のキャップといえばこれ


BUFF(バフ)は、伸縮性のある生地で作られた筒型のアイテム。ネックウォーマーにもなるし、
こうやって帽子にもなる。変幻自在のスポーツ用


スポーツ用といえばこれも定番。ナイキの他にもいくつか持っています


ウール素材のビーニー。耳まで覆えるので、とにかく暖かい。コットン素材のもあります


ウールのハット。カジュアルにもジャケットスタイルにも合わせちゃいます


Raphaのサイクリングキャップ。これは季節を問いませんね


以前スキー用に買ったニット帽。頭のポンポンが可愛すぎる(笑)

ここでは出さなかったけれど、ジャケットに合わせてウール素材のソフト帽なんかもかぶります。

ただまあ、暖房が行き渡っている室内や電車の中だと、当然ながら汗をかきます。
帽子も汚れるんですよね。
それもあって今年の冬は、我慢できる場所では頭を出してみようかと思っています。
帽子が決してハゲ隠しではないということを証明するためにも。

タグ

2012年12月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション

このページの先頭へ