女性のポジティブ・ヘッドとは?

女性の命だから、ウィッグで装うのは正しい

ウィッグ(カツラ)の広告を、最近よく見ます。
テレビでも、生コマーシャル風のCMが結構オンエアされてますね。
アートネイチャーの「ヌードファインキャッチ」とか。

もう一方の大手・アデランスも女性用カツラを作っていて、
フォンテーヌという会社と合併したみたいですね。

いずれも有名女優をイメージキャラクターとして起用し、売上好調だとか。

やっぱりお年を召してくると、分け目の部分が広がったりして気になってくるようです。
全体の髪のボリュームも減ってくるでしょうし。
髪を染めている方は、分け目部分の髪が、下から白くなってくるのが目立ちます。
だから、その部分だけをカバーするウィッグもあるんですね。

男性の場合、禿げてきたら隠さず髪を落としてしまおう!という主張が、この
「ポジティブ・ヘッドのススメ」なんですが、
もちろん女性の場合はそういうわけにはいきません。
じゃあ、女性にとってのポジティブ・ヘッドとは何か?

僕は、ウィッグやヘアピースは充分ポジティブだと思うのです。
なぜかというと、よりキレイに見せられるから。
男性用カツラと違い、特に部分的にカバーするタイプなどは、「アラ」が目立ちにくい。
私の知り合いが女性同士で旅行に行ったとき、同行していた方がそれを着けていて、
温泉から上がるまでまったくわからなかったと言っていました。
(お風呂のあとは外してたわけですね)

男性用カツラが「ハゲ隠し」だとすると、女性用カツラは「装い」と言えるでしょう。
髪は女性の命なんて言われてますから、ボリュームアップしてよりキレイな
ヘアスタイルになるのは、とても前向きだと思うのです。

あと、需要のあるのは医療用ウィッグだそうです。
不幸にしてガンにかかってしまい、抗がん剤で脱毛の副作用が出た方などに
需要があると聞きました。
これはさらに切実です。
命の髪がなくなってしまうわけですから。

ウィッグを着けることで、生きる気持ちや頑張る気持ちがさらに盛り上がればいいな、と思います。

生え際も自然な感じの女性用ウィッグ

気持ちを前向きにポジティブにしてくれるなら、どんどん着けるべきだと思います。男から見ると、ちょっと羨ましい。
この画像は、「ワンステップ」様のものを使わせていただいています。

タグ

このページの先頭へ