岡村隆史さん、ハゲ治療中?

けっこう有名らしいですね、ハゲ治療

ご存じ、お笑いコンビ「ナインティナイン」。
そのかたわれである岡村隆史さんが、
実は「ハゲ治療中」ということ、知ってましたか。

先日、例によってブログネタを探すためにネットサーフしていた時、
引っかかってきた情報です。

僕はあまり芸能界の情報に詳しくないので、
岡村さんが「ハゲ」「薄毛」というネタにされ、
実生活でもけっこう気に病んでいたことは知りませんでした。

そういえば、何となくうなずけますよね。
こんな画像がありました。

岡村隆史_1

ちと、頭頂部が来てますね。

で、「岡村隆史ハゲ治療」の記事が紹介されていたブログ
「髪の毛にいい食べ物で若ハゲ克服対策」
(図らずも、僕の主張「ポジティブヘッド」とは真逆のブログ。ハゲ・薄毛治療法の紹介サイトのようです)
によると、「オールナイトニッポン」の番組中、出川哲朗さんに
「お前ハゲ薬飲んでるんだろ」と突っ込まれ、「毎日飲んでる」と告白したそうです。
これには相方の矢部さんも「え、ハゲ薬?」と驚いたとか。

岡村さんは以前、薄毛を気にして帽子をかぶっている放送作家に、
「ハゲは恥ずかしくない」「帽子を取れ」などと言っていたそうなんです。

出川さんからそれを指摘されると、「モテるには、毛が必要なんだよ」と謝ったとか。

番組では、「薄毛治療に月3万円払っている」とも告白したらしいですね。
当該ブログによると、病院はだいたい特定できるし飲み薬もわかるようです。
さすが、その道の専門家です。

で、飲んでいるハゲ薬は「プロペシア」「ミノキシジルタブレット」という予想。
プロペシアは、AGA治療でお馴染みの、テストステロンを抑制する薬。
ミノキシジルは「リアップ」の成分ですが、それを経口剤として使っていると。
(これはまだ国内では承認されていないとブログには書いてあります)

本人はハゲ治療の効果を認めていて、
「全身のあらゆる毛がボーボー」と言っているそうです。
(この発言からミノキシジルタブレットという推理が働いたらしいです)

やっぱり、「うつ」を克服してのハゲ治療?

ちょっとシリアスな話になりますが、
岡村さんと言えば「うつ」になってしばらく休業していました。
たまたま見たTVで、相方の矢部っちの献身的な友情ドキュメントをやっていたので、
これくらいは知っています。

うちの原因が「ハゲ」「薄毛」ではないと思います。
他に原因があって、それを見事に克服した。
その上で、「ハゲ」「薄毛」をネタにしようと考えたのではないでしょうか。
でなければ、なかなかこのネタは取り上げにくいでしょう。

それはそれとして、岡村さんの仕事のことですから、外野は黙っていましょう。

ただ、髪のない岡村さんは、そんなにモテないんでしょうかね。
そんな疑問が生まれてしまいました。

岡村隆史_2

この画像を見ると、坊主でもかっこいいですよね。
(隣が坂田師匠だから、ということは別として)

彫りが深いし、つぶらな瞳だし、知的なイメージもあります。
やさしそうな表情もいいですね。

だから、無理して発毛治療をしなくても、
たとえハゲてしまっても、
そのままでも充分かっこいいと思うんです。

今の治療が功を奏して、フサフサの岡村隆史としてのイメージを固めていけば万歳。
そうではなくやっぱり効果がなかった、となったとしたら、
ヅラに走るのではなく、ぜひ頭を丸めてポジティブヘッド岡村として人気を博してほしい。

お笑い的に、そこへ至るまでの過程もネタになりますからね。
どうやってかっこいいハゲになったかとか、モテハゲへの道、とか。
ぜひお願いします。

お声がけいただければ全力でお手伝いします!

 

タグ

なるほど、AGA治療薬って

生える?生えない?「飲む発毛剤」

禿げてるあなたへ。
(あ、もちろん僕もですが)
ほとんどのハゲは、AGA=男性型脱毛症と言われるものです。

ヘアサイクル、つまり周毛期のうちの成長期が短くなるため、
前頭部と頭頂部が薄くなってしまうのです。

ご存じですよね。
このブログにも以前書きました。

20〜30代で起こる「若年性脱毛症」と、
40〜50代の「壮年性脱毛症」があります。

僕の場合は、30代で薄くなり始めたので、
若年性、つまり若ハゲということになります。

今は立派な(笑)壮年性脱毛症。

このAGA、男性ホルモンと5-αという還元酵素が結びつき、
発毛抑制ホルモンが生まれます。
こいつが薄毛、ハゲの原因となるわけです。

その結びつきを阻止する成分が「フィナステリド」。
これを飲んでいれば脱毛が止まり、髪の毛が太くなってくるんです。
いや、発見した人はすごい。

まず海外でこの薬が販売開始となり、2005年に日本でも承認されました。
爆笑問題が出演したCMをやっているでしょ。
あれは、皮膚科に行ってAGAであることを診断してもらい、
薬局でAGA治療薬を入手しなさいという流れです。

で、処方される薬が「プロペシア」というもの。
有効成分フィナステリドを含み、毎日1錠服用します。
なんでも90%(!)の男性で効果が見られるらしいですよ。

ああ、禿げ始めたときにこの薬があれば……今思います。

しかし、かなり高いらしい。
1月1万円近くしてしまうとか。

そこで、ジェネリック薬品を使用する人も増えているそうです。
有名なところだと「フィンペシア」。
インド製で、10錠180円で売っているサイトもあります。

発毛確率はかなり高いが、副作用も

実は私の知人が、フィンペシアを飲み始めました。
彼の弟さんがその前から飲んでいて、つるっパゲだった頭全体に
うっすらと髪が生えてきたのだそうです!

つるっパゲだったのに……
全体にうっすらとながら、髪が?

惹かれるなぁ。
実は、気持ちがグラグラ来ました(笑)

効果はじわじわ現れるのが特徴。
彼の弟さんも200日くらいで頭皮に髪が現れてきたと。
気長に飲み続ければ、もしかして髪が回復してくるかもしれない。

あなたも服用したくなりましたか?

僕は気持ちが揺れているけれど、飲み始めるのには
頭を丸めたときと同じくらいの気持ちのスイッチが必要だと思っています。
効果を確かめるため、ずっと伸ばしていなければいけないわけでしょ。

この頭で生きていくと決めたのだから、中途半端なハゲ頭にはできない。
ダンディじゃない、粋じゃない、ポジティブじゃない。

というわけで、気持ちのグラグラはスッパリと断ち切りました。

知人が服用し、経過報告をしてくれると言っています。
こちらで紹介することもあるでしょう。
お楽しみに。

あと、ジェネリック薬品は国内で承認されていないので、
海外から個人輸入するカタチとなります。
安いバイ●グラを求めて、と同じですね。

ネットの情報では、偽物も出回っているそうですから、
ご利用は個人の責任で、ということになります。

あと、フィナステリドには副作用があって、
男性機能が多少減退することもあるそうですよ。
さあ、どっちを取るか!?

あ、そうそう。もしAGA治療薬を服用中の方がいらっしゃったら、
その経過や効果をぜひ教えてください。

これがプロペシアのジェネリック版・フィンペシア

フィンペシア1か月分。プロペシアよりかなり割安なので、
人気が高いみたいですね。

タグ

ポジティブ・ヘッドまでの長い道~その4

「アブラ断ち」は無理だった

床屋さんの思いやりから自分が知ることとなった、薄毛。
「ナポレオン型」の予言もあり、いつかは来るだろうと思っていましたが、まさか頭頂部がこんなに早く進行し始めるとは予想外でした。

どうしよう。
街中や電車の中で、つい同じ年代の男性の頭に目が行くようになりました。
薄くなってる人、かなり禿げてる人、結構います。
何かみんな、同志に見えてきました。

僕のように前から持ってきた髪でつむじあたりをカバーしている人。
横分けにした髪で隠している人(もうちょっと進行するとバーコード)。
そのままにして、薄い部分を露出させている人。

しかし、何とか食い止めなければ。

シャンプーを自然素材のものや髪にいいとされているものに換え、
いつも頭皮を清潔に保つようになりました。
花王から「サクセス」という男性スキンケアシリーズが登場。
その育毛トニックがジェットのように噴射するので気持ちよく、
愛用していました。

しかし、ストレスの原因となっていた多忙な仕事は変わりませんし、
頭皮マッサージがいいとわかっていても、つい面倒になってしまいます。

何より、極力摂らない方がいいと言われている油分は、しっかり毎日摂取していました。
なぜかというと、ラーメンの食べ歩きにはまっていたからです。
「ラーメンをやめるくらいなら、禿げた方がマシだ。いやマシマシだ」
周囲にこううそぶいていたのです。

きっと、もう周りの人たちも頭頂部のことは気付いていたのでしょうね。
うっすらと同情を浮かべた微笑しか返ってきませんでしたから。

「ミノキシジル」が頼りとなった

さて、そうこうするうちに40代となった世紀末、画期的な発毛剤が登場しました。
1999年、大正製薬から発売された「リアップ」です。
当初は血管拡張剤として開発された「ミノキシジル」を含み、発毛効果があるとされた最初の薬品です。
アメリカではこれを5%含んだ「ロゲイン」が先に発売されていましたが、
日本では1%までしか認可されなかったので、
「リアップ」はやや効果が薄いのかなとも思いました。

しかしこれが大ヒット!
いかに薄毛に悩んでいる男性が多かったか。
店頭では品薄状態が続き、「リアップ現象」などと呼ばれました。

僕もいろいろと手を尽くしましたが手に入らず。
ある時大井町でラーメンを食べた帰りに薬屋さんの店頭に「リアップ入荷」の貼り紙があるのを見て、速攻買いましたよ。

ラーメン食べた直後っていうのが何とも泥縄ですが。

薬効が証明されているのだから絶対効くはずだ。
そう信じて、毎日せっせと使いました。
「前頭部にはあまり効果がない」とも言われていましたが、
俺の問題は後頭部である、と一点集中的に付けていたのです。
二兎を追うハゲは一兎をも得ず。

アメリカへ出張に行った友人から本家5%の「ロゲイン」をお土産にもらい、
よし、これで5倍効くだろうと朝晩2回のお勤めは欠かしません。

すっかり得意になった合わせ鏡で、頭頂部から後頭部のチェックを怠らない毎日でした。

さて、果たして効果はあったでしょうか……と書いても、今の僕を見れば結果は明らかでしょうが。

(つづく)

タグ

このページの先頭へ