なるほど、AGA治療薬って

生える?生えない?「飲む発毛剤」

禿げてるあなたへ。
(あ、もちろん僕もですが)
ほとんどのハゲは、AGA=男性型脱毛症と言われるものです。

ヘアサイクル、つまり周毛期のうちの成長期が短くなるため、
前頭部と頭頂部が薄くなってしまうのです。

ご存じですよね。
このブログにも以前書きました。

20〜30代で起こる「若年性脱毛症」と、
40〜50代の「壮年性脱毛症」があります。

僕の場合は、30代で薄くなり始めたので、
若年性、つまり若ハゲということになります。

今は立派な(笑)壮年性脱毛症。

このAGA、男性ホルモンと5-αという還元酵素が結びつき、
発毛抑制ホルモンが生まれます。
こいつが薄毛、ハゲの原因となるわけです。

その結びつきを阻止する成分が「フィナステリド」。
これを飲んでいれば脱毛が止まり、髪の毛が太くなってくるんです。
いや、発見した人はすごい。

まず海外でこの薬が販売開始となり、2005年に日本でも承認されました。
爆笑問題が出演したCMをやっているでしょ。
あれは、皮膚科に行ってAGAであることを診断してもらい、
薬局でAGA治療薬を入手しなさいという流れです。

で、処方される薬が「プロペシア」というもの。
有効成分フィナステリドを含み、毎日1錠服用します。
なんでも90%(!)の男性で効果が見られるらしいですよ。

ああ、禿げ始めたときにこの薬があれば……今思います。

しかし、かなり高いらしい。
1月1万円近くしてしまうとか。

そこで、ジェネリック薬品を使用する人も増えているそうです。
有名なところだと「フィンペシア」。
インド製で、10錠180円で売っているサイトもあります。

発毛確率はかなり高いが、副作用も

実は私の知人が、フィンペシアを飲み始めました。
彼の弟さんがその前から飲んでいて、つるっパゲだった頭全体に
うっすらと髪が生えてきたのだそうです!

つるっパゲだったのに……
全体にうっすらとながら、髪が?

惹かれるなぁ。
実は、気持ちがグラグラ来ました(笑)

効果はじわじわ現れるのが特徴。
彼の弟さんも200日くらいで頭皮に髪が現れてきたと。
気長に飲み続ければ、もしかして髪が回復してくるかもしれない。

あなたも服用したくなりましたか?

僕は気持ちが揺れているけれど、飲み始めるのには
頭を丸めたときと同じくらいの気持ちのスイッチが必要だと思っています。
効果を確かめるため、ずっと伸ばしていなければいけないわけでしょ。

この頭で生きていくと決めたのだから、中途半端なハゲ頭にはできない。
ダンディじゃない、粋じゃない、ポジティブじゃない。

というわけで、気持ちのグラグラはスッパリと断ち切りました。

知人が服用し、経過報告をしてくれると言っています。
こちらで紹介することもあるでしょう。
お楽しみに。

あと、ジェネリック薬品は国内で承認されていないので、
海外から個人輸入するカタチとなります。
安いバイ●グラを求めて、と同じですね。

ネットの情報では、偽物も出回っているそうですから、
ご利用は個人の責任で、ということになります。

あと、フィナステリドには副作用があって、
男性機能が多少減退することもあるそうですよ。
さあ、どっちを取るか!?

あ、そうそう。もしAGA治療薬を服用中の方がいらっしゃったら、
その経過や効果をぜひ教えてください。

これがプロペシアのジェネリック版・フィンペシア

フィンペシア1か月分。プロペシアよりかなり割安なので、
人気が高いみたいですね。

タグ

このページの先頭へ