許せるか!? 通勤電車内がハゲ頭の晒し場に!

自分のハゲを見せつけられたらあなたは……?

唐突ですがあなたは「合わせ鏡」をやったことあります?
ありますよね。
髪の毛が気になり始めた頃、でしょ?

髪型は、ちゃんと決まってるんだろうか。
どれだけ薄くなってしまったんだろう。
つむじは残ってるのか。

僕の場合、床屋さんの計らいによって頭頂部のハゲを
カバーする髪型にされていたことに気付いたあと、
特に頻繁にチェックするようになってしまいました。

でも最初のうちは、もう一枚の鏡をどうやってかざしたら
ちゃんと見えるかが、なかなか掴めず。

ちょっとずれちゃって修正しているうちに
鏡を持つ手がこーんなに(見えないか)伸びちゃったり。

ま、そんな思いをして髪がだんだんなくなっていく様を
ウォッチし続けた経験のある方もたくさんいらっしゃるでしょう。

さて、本題。
そんな、あなたの禿げた頭頂部が、
電車の乗客にさらされるという状況が勃発しました。

ただし、日本ではなくカナダのお話。
とあるヘアケア製品会社が仕掛けた、車内広告です。

禿げた頭頂部を鏡でさらす広告

リンク先の写真にもあるとおり、
電車の天井に鏡が貼り付けられているのです。

自分よりも背の低い人にはあまり見られないだろうと思っていた、
失われつつある頭頂部や分け目が、乗り合わせた乗客に見られてしまう。

鏡には「脱毛ならこちらへ」的なコピーと社名が書かれています。

うまいなぁ。
というか、こんなことができるんですね、カナダでは。

日本でやったらどうなるか?
苦情の嵐でしょうね。

客観的に自分自身を見つめてみる

でも、手法はどうあれ、自分自身の髪の状態を
ちゃんと見せてくれるという役割も果たしています。

鏡を見てうろたえるのは、「自分は大丈夫」「人には見られない」と、
あらぬ自信や思い込みを抱えている人たちだと思います。

つまり、自分自身のありのままの状態を把握していない。
家で、合わせ鏡を使っていない人々。

見るのが怖い、知るのがイヤだ。
そんな心理が働いているのかもしれません。

いや、よくわかりますよ。
僕もそうでしたから。
認めないんです、禿げている現状を。

何かの間違いなんじゃないか、この薄い様子は。
光の加減で、ここが禿げて見えるんだ。
つむじがない? 鏡を当てる角度が悪いせいだ。

合わせ鏡で頭頂部を直視したとき、そう思いました。

でもね、何度やっても、何時にやっても
禿げているものは禿げている。
それを最終的に受け入れるしかないでしょう。

さ、受け入れてからどうする?

それが、ポジティブ・ヘッドとそうじゃない人の分かれ道だと思います。

発毛への道。
植毛への道。
ヅラへの道。
ポジティブ・ヘッドへの道。

それぞれ、進むべき理由はちゃんと備わっています。
まだこれからなら、髪を増やせる。
この状態なら、少しはまし。

そして、「禿げちゃったのなら、見せちゃえ」――
というのが、ポジティブ・ヘッドの心得です。

電車天井の鏡、上等。
むしろ、仕事への元気が湧いてくる。

私たちポジティブ・ヘッドの男たちは、
自分自身をしっかりと把握しているから、
セルフ・ブランディングができているということですね。

Keep positive!

タグ

目からウロコ! リンスの効果的使い方

なぜ、独身ポジハゲ宅のお風呂場に……

僕の知人に、ハゲスキンにしている男がいます。
40代、独身。気ままな一人暮らし。

ずっと髪が薄かったので、
いつバサッとやっちゃうのかなと気にかけていました。

ある時会うと、彼は見事なハゲスキンになっていて、
しかも帽子はかぶらず素のままで日常生活を送っている様子。

よし、漢(おとこ)だ!
いいぞいいぞ。ポジティブ・ヘッドの仲間が増えた。
そう喜んだものです。

先日、久しぶりに再会して酒を飲みました。
僕と共通の話題といえば、やはり頭のこと。

頭頂部が特に薄くなっているけれど、
それだとハゲ散らかしになるから、全部剃ってる方が気楽。
今朝もシャワー浴びるときに気合い入れて剃ってきたよ。
これからの季節、直射日光はつらいよね。

などなど、心がつながっていることを確認した次第です。

そのうち、「こないだ、あらぬ誤解を受けちゃったよ」
と言い始めました。

彼の部屋へ友だち(男ども)が来て宴会をして、
そのまま雑魚寝していったときのこと。

朝になってシャワーを使わせてもらった友だちの一人が、
「おい、彼女ちゃんといるじゃないか」
と、なぜか怒ったように文句を付けてきたのだそうです。

全員40代の独身男性。
独身貴族を決め込んで、おいしいものを食べ歩いたり、
いい感じに古びた酒場を巡ったり、
けっこうエンゲル係数の高い飲み食い生活をしています。

結婚なんて、彼女なんて、別に必要ないやという
境地に達しているから、女っ気はなし。

そう思って付き合った来たのに、お前は抜けがけしやがったな。

彼はポカンとして、「なんでいきなりそんなこと言うんだよ」と、逆に訊き返しました。

するとその友人いわく
「風呂場にリンスがあるじゃないか!」

ヘアリンスの意外な効用

彼は吹き出しました。
「ああ、それか」
「なにがおかしいんだよ。スキンヘッドのお前にリンスなんか要らないだろう」
まだ憤っている友人。

人の家にあるさまざまな物から、なにをやっているか推理する。
そんな探偵のような連想力で、彼女がいる、と考えたのでしょう。

「あのなあ、あのリンスは俺が使ってるんだよ。
頭を剃るときにね」

ハゲスキンを保つために、いろいろ試行錯誤した結果が、
「リンスをつけて頭を剃る」ことだったのです。

かれは、電気シェーバーより安全カミソリ派。
その方がきちんと早く剃れる、という持論です。

はじめのうちは石けんやボディシャンプーをつけて
剃っていたのですが、どうも髪が引っかかる気がする。
皮脂を石けん成分が落としすぎているのではないか。

そこで目をつけたのが、ヘアリンスでした。

これなら皮脂を落としすぎずに、カミソリの刃も滑らかに動く。
しかも、頭皮ケア成分が含まれているので、剃った後も肌に優しい。

なーるほど!
これは盲点でした。

ひげ剃りの常識からすると、やはり石けん類を塗りつけて
ぞりぞりとカミソリを動かすのが当たり前。

僕も安全カミソリで頭を剃ったことがありますが、
どうしても滑らかさに欠ける気がしていたのです。
だから、電気シェーバー派になった。

そうか、リンスか。
目からウロコがボロボロと落ちた気分でした。

その日、さっそく家に帰って
妻のリンスで試してみたのは言うまでもありません。

おっしゃるとおり、よく剃れる。
剃りあげた頭皮も、心なしかすべすべになりました。

今、僕はなんとなくスキンヘッドにしていますが、
リンスシェービングを知ったからには、
しばらくこのままのハゲスキンでいるでしょう。

ただ、問題がひとつ。
妻が「わたしのリンス、最近減りが早いんだけど」と
疑問を持つかもしれないということ。

男性用のリンス、ひとつ買っておこうかな。

でもレジで「なんでこのハゲスキンがリンスを?」と
その友人と同じ疑問を抱かれるかもしれませんがね。

リンスシェービングでお肌もすべすべ(イメージカットです)

タグ

2013年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア 頭の刈り方

「中国」をネタにしたハゲ恐怖訴求

PM2.5と頭皮ケアとの関係とは?

2013年に入るあたりから、「PM2.5」という言葉が
世間を騒がせ始めましたね。

言わずと知れた、中国から飛来する汚染物質です。
黄砂に付着して飛来するので、吸いこんでしまうと喘息や
脳梗塞のリスクが高まる。
しかも杉花粉と結びついたりすると、花粉症がさらに悪化。

こういった警告というか脅しというか、
そんなニュース記事やTV報道が相次ぎました。
「PM2.5測定値」なんてのも発表されていました。

1日平均値が70μg/m3(1μg=1/1,000mg)を超えると
健康被害が起こると言われています。

こりゃ大変だよ、とマスクをした人が街に増えましたよね。

ただ、僕の周りにはこの微細粒子のせいで
健康被害をこうむったという人はまだ現れていません。
あくまでも、僕の周りですよ。

どこ行っちゃったんでしょうね。
さっきしたクシャミがそのせいかも。

そんな中、黄砂+PM2.5をネタとしたヘアケアの記事がありました。
一見、記事の体裁を取っていますが、「広告」のニオイがします。

恐怖訴求のヘアケア広告

このページによると、汚染された黄砂が頭皮に残留すると
頭皮のコンディションが悪化し、
フケやかゆみ、血行不良の原因になり、

それらが抜け毛を引き起こすことになる。
のだそうです。

そうならないためにも、銀座にあるクリニックへ行きましょう。
そう結んでいます。
コースや料金などもちゃんと載っています。

ええと、やっぱどう見ても広告ですね(笑)

たしかに、頭髪のある人は黄砂が毛髪にくっつくと
シャンプーだけでは流しきれない、
ということも起こりうるでしょうね。

当該ページでは、黄砂飛来が予測される日には外出を控え、
外出する際は帽子などをかぶって頭皮を保護しよう、
といった注意書きも載っています。

帽子をかぶっていれば、大丈夫のような気もしますが。

ま、いずれにせよ、髪があると大変だなぁと、
僕は思ってしまいました。

ハゲ坊主やハゲスキンならば、
ふだん通りのシャンプーで洗い流せますから。

1時間半の「トータルヘッドセラピー」で
40000円払うこともないでしょう(笑)

悩んでいる薄らハゲのあなた、
黄砂やPM2.5で禿げてしまう!と恐れるより、
さっぱりと髪を落としてしまいましょう。

しかし恐怖訴求広告といっても、
それほど効果がないように思えるのはなぜだろう。

たぶん、「こじつけ」が多いからかな。
(独り言)

黄砂といえばこんな曲もありましたね。

タグ

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ