ハゲ男性差別か?! 使っているとハゲてくるメモパッド

使えば使うほど禿げてくるなんて……

とあるブログで、こんな記事を発見しました。

使っていくと髪がなくなるメモパッドに全俺が泣いた

トップページはこちらです。
「ハゲルヤ」という、ハゲをテーマにしたサイトで、「ポジティブヘッドのススメ」とちょっと似ています。

さて、問題のメモパッドです。
ちょっとうつむき加減の顔イラストが側面に。
一番上になっているのは茶色い紙。
(濃い色の筆記具だと読めませんね)
それを一枚一枚破り取っていくと、
いつからか茶色い中に肌色の部分が出てきます。

だんだんハゲになってくるハゲメモパッド

剥がしていくうちに禿げてくる

この肌色は、おでこだったり頭皮だったりするんですね。
つまり、ハゲ部分。

やがて、3の写真のように立派なハゲ頭になるというわけです。

実は女性用育毛剤プロモーション

このメモパッド、実は女性用育毛剤のプロモーショングッズなんです。
製品名は「パントガール」。
パンテトン酸カルシウムが主成分だそうです。
アマゾンでは並行輸入品を売っています。

パンテトン酸を使った女性用育毛剤パントガール

女性用の育毛剤です

パンテトン酸って、どっかで聞いたことがあります。
ちょっと調べてみたら、
ビタミンB群のひとつで、お肌によろしいとされている物質だとか。
そして、スキンケア製品やシャンプーにも使われてるんです。

あ、そうそうシャンプーのパッケージで見かけた名前だったんですね。
髪にもよいんだそうですよ。

パントガールの商品説明をしているサイトによると、
女性の育毛には「プロペシア」は厳禁だそうで。
妊娠中の女性はこれに触るだけでお腹の赤ちゃん(特に男児)に
悪影響を与えてしまうらしいです。

男性ホルモンを摂るっていうのは、
女性にはいろいろ悪影響があるんですねぇ。

そうそう、メモパッドのこと。
女性用育毛剤なら、なんでモチーフが男性なんでしょう。

男性のハゲ頭をからかってつくったのなら、ハゲ差別じゃないですかね。
まあ、女性のハゲ頭、というのだと洒落になりませんから、これでいいのかな。
進んで笑われてやろうじゃないですか、これぞポジティブヘッド。

タグ

岡村隆史さん、ハゲ治療中?

けっこう有名らしいですね、ハゲ治療

ご存じ、お笑いコンビ「ナインティナイン」。
そのかたわれである岡村隆史さんが、
実は「ハゲ治療中」ということ、知ってましたか。

先日、例によってブログネタを探すためにネットサーフしていた時、
引っかかってきた情報です。

僕はあまり芸能界の情報に詳しくないので、
岡村さんが「ハゲ」「薄毛」というネタにされ、
実生活でもけっこう気に病んでいたことは知りませんでした。

そういえば、何となくうなずけますよね。
こんな画像がありました。

岡村隆史_1

ちと、頭頂部が来てますね。

で、「岡村隆史ハゲ治療」の記事が紹介されていたブログ
「髪の毛にいい食べ物で若ハゲ克服対策」
(図らずも、僕の主張「ポジティブヘッド」とは真逆のブログ。ハゲ・薄毛治療法の紹介サイトのようです)
によると、「オールナイトニッポン」の番組中、出川哲朗さんに
「お前ハゲ薬飲んでるんだろ」と突っ込まれ、「毎日飲んでる」と告白したそうです。
これには相方の矢部さんも「え、ハゲ薬?」と驚いたとか。

岡村さんは以前、薄毛を気にして帽子をかぶっている放送作家に、
「ハゲは恥ずかしくない」「帽子を取れ」などと言っていたそうなんです。

出川さんからそれを指摘されると、「モテるには、毛が必要なんだよ」と謝ったとか。

番組では、「薄毛治療に月3万円払っている」とも告白したらしいですね。
当該ブログによると、病院はだいたい特定できるし飲み薬もわかるようです。
さすが、その道の専門家です。

で、飲んでいるハゲ薬は「プロペシア」「ミノキシジルタブレット」という予想。
プロペシアは、AGA治療でお馴染みの、テストステロンを抑制する薬。
ミノキシジルは「リアップ」の成分ですが、それを経口剤として使っていると。
(これはまだ国内では承認されていないとブログには書いてあります)

本人はハゲ治療の効果を認めていて、
「全身のあらゆる毛がボーボー」と言っているそうです。
(この発言からミノキシジルタブレットという推理が働いたらしいです)

やっぱり、「うつ」を克服してのハゲ治療?

ちょっとシリアスな話になりますが、
岡村さんと言えば「うつ」になってしばらく休業していました。
たまたま見たTVで、相方の矢部っちの献身的な友情ドキュメントをやっていたので、
これくらいは知っています。

うちの原因が「ハゲ」「薄毛」ではないと思います。
他に原因があって、それを見事に克服した。
その上で、「ハゲ」「薄毛」をネタにしようと考えたのではないでしょうか。
でなければ、なかなかこのネタは取り上げにくいでしょう。

それはそれとして、岡村さんの仕事のことですから、外野は黙っていましょう。

ただ、髪のない岡村さんは、そんなにモテないんでしょうかね。
そんな疑問が生まれてしまいました。

岡村隆史_2

この画像を見ると、坊主でもかっこいいですよね。
(隣が坂田師匠だから、ということは別として)

彫りが深いし、つぶらな瞳だし、知的なイメージもあります。
やさしそうな表情もいいですね。

だから、無理して発毛治療をしなくても、
たとえハゲてしまっても、
そのままでも充分かっこいいと思うんです。

今の治療が功を奏して、フサフサの岡村隆史としてのイメージを固めていけば万歳。
そうではなくやっぱり効果がなかった、となったとしたら、
ヅラに走るのではなく、ぜひ頭を丸めてポジティブヘッド岡村として人気を博してほしい。

お笑い的に、そこへ至るまでの過程もネタになりますからね。
どうやってかっこいいハゲになったかとか、モテハゲへの道、とか。
ぜひお願いします。

お声がけいただければ全力でお手伝いします!

 

タグ

「アエラ」の、気になるタイトル

不安を煽られ、つい買ってしまった

朝日新聞社が発行している「AERA」って雑誌ありますね。
その出版広告が新聞に出てました。
2013年6月10日号。

「本当は怖いEDとハゲ」
――男の悩みの双璧を並べ、「怖い」ですと?
なんだなんだ、何が怖いんだ。
禿げてると命を縮めるのか……。

つい買ってしまいました。

問題の記事は、巻頭のカラーページ。
「立て、全国のEDとハゲよ」と大見出しが踊っています。

おお~、ハゲも立ち上がらねばならぬのか。

まずはEDについての記事。EDの原因や実情を分析し、
「糖尿病や心臓病患者がEDも併発している」という事実。
――怖い、たしかに。

パートナーとの関係が悪化する。
――そりゃまそうでしょう。

ストレスも引き金になる。
――よく言われてます。

女性は、EDになったら打ち明けてほしいと思っている。
――言えないよね~。

ED薬を処方してもダメな場合がある。原因の特定は難しい。
――結局、「男はつらいよ」なのか?

EDに関しては、とりとめのない記事、という感想です。
ただ、「あなたの夫、恋人がED、ハゲならどう思いますか?」
というアンケート結果が載っていて、
トータルでは「ハゲよりEDの方がイヤ」となっています。
サンプル回答の中では「ハゲよりEDの方がいい」
というのはゼロでした。

薄毛・ハゲへの不安を煽る関連商品

さて、続いてハゲの方を読んでみました。

日本皮膚科学会のガイドラインで
効果が確認された「Aランク」の成分は、
ミノキシジルとフィナステリド。
――「リアップ」と「プロペシア」の成分ですね。

発毛クリニックで、その2つを「内服」させている。
――記事にもあるけど、それは問題だそうです。

頭皮ケアシャンプーは「発毛、育毛」とは謳っておらず、
土壌をちゃんとさせる目的。
――薄毛不安戦略、なのだそうです。

アデランスも、育毛サービスに力を入れている。
――え、僕がかつてコピーを書いていたカツラの雄が!

カプサイシンやイソフラボンが髪の毛を成長させるもとになる。
――プロペシアとの併用で効果があるらしい。
単に激辛ラーメンを食べてるだけじゃダメですね。

さらに、後ろの方のページにも特集あり。
EDとハゲについてのアンケート結果です。

上にも書いたように、
「EDの方が許せない」という意見が多いです。

あと、「ハゲへの不安は作られたもの」という識者の意見。

「古来ハゲは文明的で、精力が強く男らしい、と見られていた。
ところが、消費文化の中で誕生した薄毛関連商品がヒットし、
自分は薄いんじゃないか、ハゲなんじゃないかという
不安が社会に定着していった」と。

薄毛・ハゲの関連商品が劣等感を生み出し、
それの改善欲望を刺激すると続いています。

広告戦略に、「恐怖訴求」というものがあります。
「これを使わないと大変なことになる」と
脅しをかけることで、購買につなげるわけです。

薄毛・ハゲ商品は、まさにこれですね。
禿げたくなければ、買いなさい。

でも、「リーブ21」は「発毛の喜び」という切り口で、
恐怖とは反対の、ポジティブなアプローチをしてます。
これはいいことだと思います。

さて、ハゲとEDを比べて、ハゲの方が救いがあるという
結論になったわけですが、両方に当てはまる場合はどうしましょう。

ハゲなら、「頭を丸めろ」というアドバイスができるのですが、
EDの場合は微妙な問題だけに、難しいですね。

ただ、テストステロンの分泌が多いハゲは、
男性ホルモンの働きも強く、EDにはなりにくいんじゃないか。
自分では、そう思っています。

だから、両立しているケースは少ない、と結論づけました。

みなさん、AERAのアンケートを信じるなら、
禿げても女性にはNGを出されることはないそうですよ。

それが「EDよりはマシ」程度だとしても、
ハゲ散らかさず、いつも通りスカッと決めていれば
少なくともあなた自身は、モテハゲを自認し続けられるのです。

ハゲとEDではハゲの方が高評価

表紙はオシャレ坊主の市川海老蔵さん。ハゲ・薄毛とは縁がなさそうですが。

タグ

2013年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛・増毛・発毛・カツラ

なるほど、AGA治療薬って

生える?生えない?「飲む発毛剤」

禿げてるあなたへ。
(あ、もちろん僕もですが)
ほとんどのハゲは、AGA=男性型脱毛症と言われるものです。

ヘアサイクル、つまり周毛期のうちの成長期が短くなるため、
前頭部と頭頂部が薄くなってしまうのです。

ご存じですよね。
このブログにも以前書きました。

20〜30代で起こる「若年性脱毛症」と、
40〜50代の「壮年性脱毛症」があります。

僕の場合は、30代で薄くなり始めたので、
若年性、つまり若ハゲということになります。

今は立派な(笑)壮年性脱毛症。

このAGA、男性ホルモンと5-αという還元酵素が結びつき、
発毛抑制ホルモンが生まれます。
こいつが薄毛、ハゲの原因となるわけです。

その結びつきを阻止する成分が「フィナステリド」。
これを飲んでいれば脱毛が止まり、髪の毛が太くなってくるんです。
いや、発見した人はすごい。

まず海外でこの薬が販売開始となり、2005年に日本でも承認されました。
爆笑問題が出演したCMをやっているでしょ。
あれは、皮膚科に行ってAGAであることを診断してもらい、
薬局でAGA治療薬を入手しなさいという流れです。

で、処方される薬が「プロペシア」というもの。
有効成分フィナステリドを含み、毎日1錠服用します。
なんでも90%(!)の男性で効果が見られるらしいですよ。

ああ、禿げ始めたときにこの薬があれば……今思います。

しかし、かなり高いらしい。
1月1万円近くしてしまうとか。

そこで、ジェネリック薬品を使用する人も増えているそうです。
有名なところだと「フィンペシア」。
インド製で、10錠180円で売っているサイトもあります。

発毛確率はかなり高いが、副作用も

実は私の知人が、フィンペシアを飲み始めました。
彼の弟さんがその前から飲んでいて、つるっパゲだった頭全体に
うっすらと髪が生えてきたのだそうです!

つるっパゲだったのに……
全体にうっすらとながら、髪が?

惹かれるなぁ。
実は、気持ちがグラグラ来ました(笑)

効果はじわじわ現れるのが特徴。
彼の弟さんも200日くらいで頭皮に髪が現れてきたと。
気長に飲み続ければ、もしかして髪が回復してくるかもしれない。

あなたも服用したくなりましたか?

僕は気持ちが揺れているけれど、飲み始めるのには
頭を丸めたときと同じくらいの気持ちのスイッチが必要だと思っています。
効果を確かめるため、ずっと伸ばしていなければいけないわけでしょ。

この頭で生きていくと決めたのだから、中途半端なハゲ頭にはできない。
ダンディじゃない、粋じゃない、ポジティブじゃない。

というわけで、気持ちのグラグラはスッパリと断ち切りました。

知人が服用し、経過報告をしてくれると言っています。
こちらで紹介することもあるでしょう。
お楽しみに。

あと、ジェネリック薬品は国内で承認されていないので、
海外から個人輸入するカタチとなります。
安いバイ●グラを求めて、と同じですね。

ネットの情報では、偽物も出回っているそうですから、
ご利用は個人の責任で、ということになります。

あと、フィナステリドには副作用があって、
男性機能が多少減退することもあるそうですよ。
さあ、どっちを取るか!?

あ、そうそう。もしAGA治療薬を服用中の方がいらっしゃったら、
その経過や効果をぜひ教えてください。

これがプロペシアのジェネリック版・フィンペシア

フィンペシア1か月分。プロペシアよりかなり割安なので、
人気が高いみたいですね。

タグ

このページの先頭へ