【緊急事態】頭の日焼けが大変なことに!!

ハゲランナーは何をかぶって走るか

僕はときどき、ランニングをしています。
ランナー歴はそろそろ6年くらい。その間、フルマラソンにも3回出場しました。
このブログにも書いたんですが、走っていて何が困るかというと、頭にかく汗の処理です。
特に夏場。直射日光にさらすのは危険なので、ヘアバンドやサンバイザーは使えません。
仕方ないからランニングキャップで走ると、今度は蒸れて発汗量が半端なくなり、
キャップのつばからポタポタと雫が垂れてきます。
スタイリッシュでしかも通気性のいいキャップはないものか、と思っているわけです。
ま、それを探すのは暖かくなるまでの宿題かなと考えていました。

そうこうするうちに秋も深まり直射日光の危険も薄れてきたので、
ヘアバンドを買ってみたわけです。
タオル地でできた吸水性の高いやつ。アディダスのものです。
これで走ってみると、頭からの放熱がすこぶるいい。
キャップでは文字通り「ふた」をしていたラジエーター(つまり、おつむ)が剥き出しになり、
汗も熱もどんどん逃がしてくれる。
冬場でも汗でびっしょりになっていたキャップの不快感もありません。

さて、少ない練習時間もものかわ、4回目のフルマラソンを走ってきました。
茨城県つくば市の「つくばマラソン」です。
昨年も出場し、初級者の目標である「サブフォー(4時間以内)」まであと5分という記録を出せた大会。
今年は走り込みもしていないし、まあ完走できればいいやという気分で臨んだわけです。

冬も要注意! UVケアを怠った結果の惨劇

今までレースでもキャップをかぶって走っていましたが、先日ヘアバンドの快適さを確かめたので、
こいつを使ってやろうと思いました。
ただ、11月末の筑波、特に午前中は寒い。
身体が温まるまでは、ビーニー(頭をすっぽり覆う布製キャップ)をかぶり、
汗をかくようになったらヘアバンドへチェンジ。
この作戦です。

コースは、筑波大学構内を出発し、筑波の田園地帯を行く平坦路。
だからタイムを狙える大会として人気が高いんですね。
初級者の僕でも、ずいぶんハイペースになってしまいます。
スタートして数キロを走った時点でタイムを確認すると、1キロ5分半を切るペース。
このままで行けば4時間以内でゴールできる。
(もちろん、そんなに甘くはありません)
練習不足を鑑みて少しペースを抑えつつ、10キロほどの地点。
かなり汗をかいてきたので、用意していたヘアバンドに換えました。
おお、これはいい。
さっきまで蒸れかかっていた頭が、スースーする感覚と共に冷却されていく。

しかしペースを少し上げて(上がって、と言うべきか)しまったせいで、
30キロ過ぎから脚に痛みが来てスローダウン。
結局最後はときどき歩くなどということもして、ヘロヘロになってゴール。

それでも去年の記録には届かなかったものの、4時間ちょっとのタイムでした。
やればできる。
いや、やらなくてもできた(笑)
そんなゴール後のドヤ顔がこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓

つくばゴール後のドヤ顔

この時はサングラスをおでこに載せていたから目立たなかったのです。その下にはくっきりと日焼けの線が……

しかしこの後、同行者たちは僕の頭を見て大爆笑したのです。
「???」
キョトンとする僕に、「頭、頭!」と指をさす。

そう、ヘアバンドの部分を残して、剥き出しとなった頭がこんがり日焼けしていたわけです。
くっきりと。
まるでドングリみたいに。

気温も低いし、初冬の日射しだからとタカをくくっていた報い……。

くっきり部分日焼け

定規で線を引いて塗り分けたような日焼け。白いままの部分はヘッドバンドで隠れていたところ。剥き出しの部分を直射日光が襲いました。スキンケア、UVケアはいずこに。

ホント、どうしましょうね、この日焼け。
ドーランでも塗るしかないか、などと思ってしまいました。

そんなわけで、これからの季節でもポジティブ・ヘッドにヘアバンドは危険です。
やっぱり通気性のいいキャップをかぶるしかないのでしょうか。
汗もかくわけですから、UVケアローションを塗るわけにもいきませんしね。

汗と日射しとの戦いは、これからも続くのか……。

タグ

2012年11月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ