ハゲ頭は毛髪アートのキャンバス

気になって番組に集中できない……

昔、クライアントにハゲた方がいらっしゃいました。
両サイドと後頭部にしか髪がありませんでした。

ハゲであることは、当然のことながら一目瞭然。
しかしご本人はハゲを隠そうと、残った後頭部の髪を長く伸ばし、
前に持ってきていました。
それが頭の上に「渦」を書いたように乗っかっている。

初対面の時、目が離せなくなったことを覚えています。
そして僕の視線に気づいた上司は、その後、
「あの人の前で『渦』という言葉を出すなよ」とニヤニヤしながら忠告しました。

そんなことを思い出したのは、
ネットを見ている時、目を離せなくなったページがあったからです。
こちらです。

ハゲは何故独特な髪型でハゲを隠そうとするのかwwwwwwwwwwwwwwwwww
(ハムスター速報)

以前にもこのブログで、芸術的な九一分けをご紹介したことがあります。
その時にも、独創性にシャッポを脱いだのですが、
こうやってまとめたものを見てみると、すごい。

68f3ce19 a9306667 dc294c65 f1aa9832 4c57c5a0

なにを考えてこんな髪型にしているんだろう。

──やっぱり、隠しおおせてると信じてるんでしょうね。

ハゲていると、みんなが自分のことを見ている、
ハゲを笑っている、そんな妄想を抱きがちです。

だから残り少ない髪の毛に活躍してもらい、
ハゲを隠す努力を始めてしまいます。

後頭部の髪の毛を前に持ってくる。
サイドの髪の毛を頭頂部に持ってくる(これが九一分けになります)。

それで隠れているうちは、まだいい。
もっとハゲ部分が広がってくると、残りの髪の量では足りなくなります。
だから、残った髪(しかし減りつつある)を伸ばしてカバーしようとする。

その努力の結果が、これらのヘアスタイル集というわけです。
(中にはヅラの方々もいらっしゃいますが)

そうそうたる絵図です。
まるで後から画像処理したようにも見えてしまいます。

こんな髪型の人たちが、見ているテレビ番組に出てきたら
たぶん気になって気になって番組にとても集中できないでしょう。

裸の王様の目を覚まさせるには

僕が常々言っているのは、
「自分がハゲていることなんて、他人はほとんど気にしていない」
ということです。

ハゲアートの人たちは、そのことが全くわかっていない。
だからあんなに独創的な結果になってしまうんです。

自分では、普通の髪型にしていると思っているのです。
最初に登場させた「渦」のクライアント氏もそうなんでしょう。

どこで意識を変えてもらえばいいんでしょうか。

自分の客観的な姿を、見ればいいと思うのです。
しかし、ここに登場する人々はテレビに出演している。
つまり、テレビカメラを通した自分の姿は見ているはず。

それでもあの髪型を続けているのはなぜなんだろう。
もしかすると、自分の髪が見えてないんじゃないだろうか。
自分が他の人々と同じ髪をしているように見えているのでは。

もう完全に視覚神経が自己調整をしているようです。
人間には、見たくないものを見ないようにする機能が備わっています。

嫌なものは、なかったことにしてしまう。
たぶん、ご自分の頭の様子は「なかったもの」なのです。

僕がある女性に「誰もあなたの頭のことなんか気にしてない」と言われ、
その後で「ハゲの千本ノック」を受けてハゲという言葉に耐性が生まれたように、
彼らも何かのきっかけで心を丸裸にされればいいのです。

しかし、肩書きを見てみると皆さんそれなりの地位についていらっしゃる。
つまり、だれも彼らに意見を言うことができない。

裸の王様になってしまっている。

裸の王様は、町の子どもたちに「王様は裸だ」と言われて気付きました。

現代の裸の王様は、誰の声によって目を覚ますんでしょう。
その役割を果たすのが、この「ポジティブヘッド」だといいのですが。
いや、そうなってほしいなと思います。

例えば、こちらで。
「ポジティブヘッドX」

タグ

無意識の開き直りか!? バーコードの可愛さと哀愁

愛されるハゲの、もうひとつのカタチ!?

前回、「週刊SPA!」で採り上げられたことを書きました。
おかげさまで、「読んだよ」という声をたくさん聞くことができました。
打合せ先でも、「今日はあのメガネじゃないの?」なんて言われたり(笑)

少しはポジティブ・ヘッドを世に広めることができたでしょうか。

さて、同記事中に「バーコードだって愛してほしい」というコラムがありました。
イラストレーターの小野寺奈緒さんが、よくバーコードヘアのおじさんを
イラストに描いているということ。
「おじさんをカワイく見せるため」
「スキや親しみやすさを出しやすい」
という気持ちで描いているということです。

バーコードご本人は、「ハゲ部分を隠している」つもりなのかもしれません。
でも、周囲の誰が見ても「この人禿げてる」と映ります。
バーコード=ハゲ という図式は、ごく自然に成り立っているからです。

それでも健気にバーコードを続けている。
カツラよりも、微笑ましいかもしれません。
そこにスキやら可愛さやらが生まれるのでしょう。

「かわいいかくれんぼ」という童謡があります。
♪ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ
で始まる歌です。

その一番は、「どんなにじょうずにかくれても きいろいあんよが みえてるよ」
で終わります。

バーコードの健気さは、ヒヨコちゃんの可愛さにつながるんですね。
バーコード=可愛いハゲ になっちゃったんです。

ハゲを遊んでいるのか?世界のバーコード写真

こんなサイトを見つけました。
「もはや頭髪の芸術……バーコード頭な外国人の写真」らばQ

サイトをご覧いただくとおわかりの通り、
外国人のバーコードヘアの写真を集めたものです。
かなりインパクトがあります。

英語では「comb-over」と言うそうですね。
「comb」とは「櫛」。
ハゲを櫛の歯のような残り髪で覆う、ということからでしょうか。

もともとは、欧米が発祥の髪型だそうです。

サイトに並ぶ写真を見ていると、隠すのが目的というより
受けを狙ってるんじゃないかという人も多いです。
この髪型は床屋さんの協力なくしてはできませんから、
僕がかつて通っていたような、理解ある床屋さんとお付き合いすることが大切ですね。

ところで、バーコードヘアと言って思い出すのが、とある社長さん。
昔、一世を風靡した有名会社を経営していた方です。
僕がそこを打合せで訪れたとき、玄関前にベントレーが停まりました。
後ろのドアから降りてきたのはその社長さんだったんですが、
はじめ左側から出ようとして急に引っこみ、右のドアから出てきたんです。

「なんだろうな。何かあったのかな」
と思って、はたと気付きました。風向きです。

その社長さんは、見事な九一分け。カバー部分がバーコードになりかかっていました。
降りようとしたら、風向きがバーコードを乱すことを察知したのです。
そこですかさず、反対側のドアから出たというわけです。

分け目と反対側からの風に弱いバーコードヘア

風向きに気を遣わないと、このような妖怪アンテナになってしまいます。

その敏感さが、いじらしい。
でも、そこまでして髪型をキープしたいんでしょうか。
バーコードはハゲを隠す機能はないのですから、悪あがきにしか見えません。

いっそスッキリと刈ってしまえば、苦労しなくていいのに。
まあ、「可愛い」と感じる女性がいる限り、そっち狙いとしての存在意義はあるのかな。
よくわかりませんが。

タグ

「週刊SPA!」に掲載されました!

「週刊SPA!」118ページですよ

SPA!に、モテハゲ代表として登場した前山

 

前回の記事で、「週刊SPA!」の取材を受けたことを書きました。

もう今日2月19日は発売日。

今朝、地元のコンビニで買い、駅のホームでドキドキしながらページを開きました。
あった! 117ページから「ハゲな自分」を克服した男たち という後半特集。
サブタイトルが「LOVELY HAGE」……キュートです!

「ハゲまたは薄毛の男性との恋愛はOK?」というアンケートに、
74%が「OK」または「その人のキャラクター次第でOK」という回答が。
(20~30代女の女性100人が対象)

いや~、元気づけられます(笑)
僕がずっと言ってきた「ハゲキャラというブランディング」ですよ、ええ。

で、次ページ見開きで「俺たちはこうしてハゲをポジティブマインドで受け入れた」と、
何人かのインタビューが掲載されています。
そのうち一人が僕です。

「ハゲ」の千本ノックで変わった

詳しい内容については現物をお読みいただくとして、
僕がたくさんしゃべった中からいくつかキーワードを抜き出し、
うまく原稿にまとめてくださっています。

そのひとつが「ハゲの千本ノック」。
友人と頭髪についてあれこれ話をしていたとき、
その中に「ハゲ」という言葉がこれでもか、と出てきたんです。
遠慮など無しに。

1時間ほどの間に、一生分の「ハゲ」という単語を聞きました。

するとどうでしょう、それ以降は「ハゲ」と聞いても何とも思わなくなったんです。

今思うと、その時間が僕のマインドセットを変えたんです。
千本ノックによって変わったんです。

誰だって、こんなシゴキの場を設けることができます。
僕のように、気のおけない友人と頭髪談義をするのが
もっとも手っ取り早いかもしれません。

その他にも役立つ記事がたくさん

僕の記事の上には、漫画家の新井キヒロさんが登場しています。
「僕は髪の毛が少ない」で有名な方ですね。
その方の下に出られるなんて、光栄です!

他のページにも、ファッショアイテムや頭皮ケアの方法など、
読んでおいて損はない記事がいろいろあります。

メガネ、帽子、ヒゲというアイテムの使い方など、とても参考になります。

どんな傾向のファッションをするにせよ、バランスを考えることが大事ですね。
弱々しくならないように。

それから「ハゲは男性の進化系」という考察も素晴らしい。
僕も常々、「人類は進化する途上で毛を無くしてきた」と思ってきました。

直立して歩き始め、頭蓋骨が大きくなり、それに伴って体毛が落ちてきました。
未来人はツルっぱげになるという予測もあります。

この記事では男性ホルモンが男らしさを形成していることから、
禿げている男性は男性の進化系であるという結論を導き出しています。
男性としての魅力にあふれ、潜在能力が高いと。
これも、先日ブログに書きましたね。

進化しているんですよ、禿げてる人々よ!

記事には、「ソフトモヒカンで薄毛をカバーできる」という項目もあります。
やってみたかったヘアスタイルの一つですが、
今となっては立てる髪がない……。

でもね、ハゲをカバーするのは、それができるだけの髪が残っている段階まで。
カバーしきれなくなったら、思いきりましょう。
無理に隠さない、潔いハゲに。ハゲを魅力のひとつに。

マインドセットを変えさえすれば、思いのほか簡単です。

LOVELY HAGEに、花束を!

タグ

このページの先頭へ