ハゲ坊主、ハゲスキンにする前に

髪が薄くなったら、まずすべきこととは

秋は抜け毛が多い……
よくこんなこと聞きますね。

僕もかつては実感していました。
(今は感じるすべもないのですが)

秋の抜け毛の原因は、

  • 夏に浴びた紫外線の影響
  • 夏に溜まった疲れやストレスによる
  • 季節の変化による体調の乱れ

によるものと言われています。

今まさに「抜け毛が多いなあ」と思っている方、いるんじゃないでしょうか。

自然な抜け毛ならいいのですが、
そうではなく恒常的に抜けている方は、
薄毛・ハゲへの道を一歩ずつ歩いていることになります。

このブログではそんな方に対して、
「心配しなくてもいいよ」
「ハゲは人類の進化形」
「ハゲはカッコいいんだよ」

と、勇気を与えるアドバイスを贈ってきました。

でも薄くなってきたからと言って、
いきなり「ハゲ坊主」「ハゲスキン」にしなさい
と勧めるつもりはありません。

「まだ行ける」うちに、髪型でのお洒落を楽しんでおきましょう。
どうせあと何年かしたら、確実に「ハゲ」となるのです。
ヘアケアや育毛によって多少延命したとしても。

残酷なようですが、これは事実です。

考えてみれば、人間たるものすべてが
「生まれた時から80何年後には死ぬ病気にかかっている」
わけですからね。

その中に区切られた「小さな死」でしかないんですよ、
髪の毛が抜けてハゲになるということは。

このことをしかと受け止めておけば、
いざ終末を迎える時でも安らかな気持ちになれると思っています。

さて、そんな限られた髪の毛との日々を過ごすために
僕がお勧めしたいのは、「伸ばしてみる」ことです。

事実僕も、近い将来のハゲを確信した時ロン毛にしました。
「最後の髪道楽さ」とうそぶいて床屋通いを止め、
ポニーテールができるくらいに伸ばしていたのです。

職場などの環境がありますから、そこまで長くしなくてもいいでしょう。
でも、伸ばすことで髪の毛の大切さを実感できる効果はあります。
「この愛おしい髪の毛が、あと少しでなくなる」という想いが、
最後に残された髪の毛との日々を美しいメモリーに変えてくれます。

ただし、注意していただきたいのは、
あくまでも「隠す目的」はNGということです。

髪の毛を伸ばしてハゲた部分をカバーしている、というイメージを
周囲に与えないことが肝要。

髪の毛をしっかりとまとめる、撫でつける。
ぼさぼさに伸びているさまは、ハゲ散らかしの重大要素となりますから。

だから、それほど進行していない薄毛に限ってのススメとなります。

え、あなたはどう撫でつけてもハゲ隠しに見えてしまいますか?
それなら、もう諦めて短髪にしてしまいましょう。

でも待って!
まだ坊主にしなくてもいいんですよ。

ハゲを見せることに慣れておく

薄毛の方がやるべき髪型は、「スポーツ刈り風短髪」です。

スポーツ刈りというと角刈りの角を丸めたようなイメージですが、
もうちょっと長目にして、セットができる程度にします。

こうやって、薄い部分をカバーしようとせず、
すっきり感やさっぱり感、潔さを演出するのです。

こんな感じ。
角度によっては薄い部分がしっかりと見えます。

短髪にして立たせることで頭頂部の髪の薄さがマイルドになる

短髪にして立たせることで頭頂部の薄さがマイルドに

http://www.finemakeyuri.com/img/usuge_arrange037.jpg

しかし、敢えて薄毛であることを見せておくことで、
来るべき「ハゲ坊主、ハゲスキンの日々」に備えることができます。

周囲は、「この人は薄毛であり、ハゲが進行している」と関知しているから、
ある日すっぱりと髪を落としてきた時も「なるほど」と納得するからです。

さらに、オシャレ感を出すには「ソフトモヒカン」が最適と、
プロのヘアスタイリストは語ります。

ソフトモヒカンの側面 ソフトモヒカンの正面

http://nikkan-spa.jp/391135
(ちなみに、このサイトの下にある「3」には前山も登場しています!)

サイドの髪を短くし、トップを立たせる。
薄毛になるとボリュームが無くなって髪の毛が横に広がるので、
老けた印象になってしまいます。

逆に、頭頂部に髪を寄せて高さを出し、
サイドのボリュームをダウンさせると若返った印象になるわけです。

以前こちらで紹介した、サッカー元日本代表秋田氏の髪型です。

秋田豊氏の薄毛を逆手に取ったソフトモヒカン

そして、何年か経つといよいよ頭頂部の髪も少なくなってきます。
「禿げ上がる」という状態ですね。

ついに坊主・スキンにするタイミングです。

このブログでも詳細に記述していますし、
僕が自らモデルになったバリカンでの坊主・スキンの実演映像もあります。

このように、「Xデー」に備えて今から髪型を考えておく。
実にポジティブです。

まだ髪の毛が頑張っている薄毛の皆さん、
あと数年間、髪道楽を思う存分楽しんでみてくださいね。

タグ

ハゲはプレゼンの達人になれる

プレゼンとはアピール力である

仕事をしていく上で、自分の企画を誰かに説明・説得する場は 必ず訪れると言っていいでしょう。

いわゆる「プレゼンテーション」です。

あなたはプレゼンのうまい人ですか? 結構いける? そうでもない?
プレゼンは、話術よりも、そのテクニックが大事です。

もちろん、人に伝えることができる最低限の話し方は必要ですが。

プレゼンの場では自分の考えを、全身で相手に伝えなければなりません。
そのためには、あなたの持っている魅力や雰囲気をアピールする必要があります。

かつて外資系の会社に勤めていた時、 プレゼン技術を講義したビデオを見たことがあります。
エグゼクティブ風のスーツを着た男性が喋りながら歩き、
ジェスチャーを交えて主旨を解説しています。
(「TED」なんかを見ると、よくわかりますね)

時にはデスクに腰を載せ、時には前のめりになり、
時には天を仰ぎ……
まるで演劇を見ているようでしたが、決して臭くはない。

あれは欧米人だからだよ、という声も周りからは聞かれましたが、
日本人が真似すべき点はいくつも見つけられました。

やはり、「その人らしい特徴が信頼感を醸成する」ことです。

パワポのプロジェクターに映し出し、それを淡々となぞる。
そして用意した原稿を読むだけ、というプレゼンテーションは日常よくありがち。

プレゼンを受ける方も、目をつぶって聞いている。
中には船を漕ぐ人も見受けられる。
部屋が暗いうえに内容がつまらないと、どうしてもそうなります。

目をつぶって話を聞く、というのを欧米人が見ると、
「シンジラレナーイ」となるそうです。

人の話は、相手の顔を見て合いの手を入れながら聞くのが
ちゃんとしたマナーなんですからね。

まあ、それはともかく。
相手に目をつぶらせない、
そして居眠りをさせない。
言いたいことを100%伝える。

そんなプレゼンテーションは、
実は割りと簡単に実現できてしまうんです。

何と言ってもハゲにはインパクトがある

先ほど、「その人らしい特徴」が大事だと言いました。

もうおわかりですね。

我々ポジティブヘッドには、既にその特徴は備わっています。

きれいでお洒落なハゲ頭です。

ただでさえ目立つポジティブヘッドの外見に加え、
それを最大限に活かしたパフォーマンスでのプレゼン。
もうこれは「その人らしい特徴」そのものです。

地味でもっさりした普通のフサフサ頭の日本人が
ぼそぼそとプレゼン内容を語るより、
頭を光らせてスーツをバリッと着こなしたあなたの方が、
はるかに説得力を持っています。

そう、全身で説得をしているのです。

ところで、鈴木正文さんをご存知ですか?
2014年現在「GQ JAPAN」の編集長をなさっている方です。
その前は自動車雑誌「ENGINE」「NAVI」の編集長。

ああ、あの、と膝を打つ方も多いでしょう。

鈴木編集長は、ずばり禿げています。
ただし、すっぱりと坊主にしているのではなく、
残った部分を無造作に伸ばしている。

このヘアスタイルで普通の服を着ていたとしたら、
単なるハゲ散らかしたオヤジです。

しかし見てください。

これは電通PRのサイトからの写真ですが、お洒落でしょう?

この洒落っぷりがいい。メガネも重要なポイントです

この洒落っぷりがいい。メガネも重要なポイントです

白いジャケットに赤と黒のパイピング、そして蝶ネクタイですよ。
残念ながら下半身は写っていないのですが、
どんなパンツとシューズなんでしょうか、とても興味があります。

とにかく伊達男。
矢作俊彦さんの「スズキさんの休息と遍歴?またはかくも誇らかなるドーシーボーの騎行」
というちょっと長い(タイトルも本文も)作品の主人公は、
きっとこの鈴木さんに違いないと思っています。

作中では、スズキさんは全共闘の闘士。
実際の鈴木さんも、学生運動で投獄された経験があります。
作中でハゲをからかわれるくだりもありますから。

で、鈴木正文さんが「プレゼン力」について、
くだんの電通PRのサイトで語っています。

「本質にこだわれ」と。

そして、内容や中身だけが重要ではなく、
人間的魅力を伝えねばともおっしゃっています。

「スーツをオーダーすべき」という、アメリカのスーパープレゼンテーターの言葉も引用しています。

いいですねぇ。

あなたに向けてプレゼンしているんですよ、とポジティブヘッドが語る。
コミュニケーション力を存分に発揮して。

あなたのために、こんなにお洒落をしてきました。
あなたのために、頭に汗をかいて説明しています。
あなたのことを、心から大切に思っています。

外観や雰囲気が醸し出すその人の魅力がイコール、
プレゼン力というわけです。

これは、もちろん恋愛にだって使えます。

モテハゲ=デキハゲ

真実の等号なのです。

タグ

このページの先頭へ