おデブちゃんを「ぽちゃティブ」と呼ぶと可愛い

ポジティブな言い換えが、ここにも

ちょっと前になりますが、「ぽっちゃり型」をターゲットにした女性誌ができました。
「ラ・ファーファ」ぶんか社刊

キャッチコピーは「花咲け ぽちゃカワ女子!」だそうです。
人気芸人の渡辺直美さんがイメージキャラクター。
体型に似合ったファッションやメイクなどをこれでもか、と掲載しています。

心の準備がないと、かなり強烈な印象。
だけど、登場しているモデルさんたちは、とても楽しそうなんですね。

わたしたちのためのファッション誌が、ついにできた!
そんな思いを全身から発散しています。

ファッション誌が売れなくなったと言われずいぶん経ちます。
休刊する雑誌もかなりの数に上るんじゃないでしょうか。

そんな中、登場したおデブちゃん向け雑誌。
しっかりしたマーケットリサーチに基づいたのか、ノリでつくったのか、
外から見てるだけではよくわかりません。

それでも、おデブちゃんクラスターの心をつかんだような気がします。

中身を見てると、登場するモデルさんたちはいわゆる「読者モデル」が多い。
読者にとって親近感を醸成するのが、読モたちの存在です。
その意味では、この雑誌ほど効果を発揮しているケースは少ないのでは。
(それに、経費も抑えられますしね)

ぽっちゃり女子を応援するという編集姿勢は、「ぽちゃティブ」という言葉に表れています。
もちろん、「ぽっちゃり+ポジティブ」の造語です。
彼女たちをそう呼ぶことで、可愛さというヴェールをまとわせようと。

僕たちがハゲを「ポジティブヘッド」と言い換えたように、
おデブ=ぽちゃティブという、
言い換えによる価値の転換が行われました。

ハゲ向けファッション誌があってもいいじゃん

正直な気持ちを言いましょう。
この雑誌を見たとき「やられた!」と思いました。

体型的なコンプレックスを十分理解した上で、彼女たちを可愛く見せる編集方針。
体型ゆえのお悩み相談にもきっちりと誌面を割いている。
そして、イメージキャラクターとして有名タレントを据えている。
(渡辺直美さんの他、元AKB/SKDの野呂佳代さんも登場)

これ、形は違えどヒソカに考えていたことなんです。
実は、以前から「ハゲ向きファッション誌」がつくりたかったのです。

しかし同ベクトルの雑誌を先に創刊されてしまった。
早く動けばよかったなぁ、と。
その時は頭の艶も曇り気味になってしまいました。

タイトルも仮に考えていたんですよ。
「HUGE」=ヒュージ(大きい、という意味)
「HAGE」と誤読してもらえれば成功、と企んでました。

でも、これは「HugE」という既存の男性ファッション誌があるんで潰えました。

ま、それはともかく。

ハゲに似合うファッション、お肌(頭皮)の手入れ、ハゲや薄毛の悩み相談、
異性とのつきあい方、遊びや趣味の情報……
そんなコンテンツの雑誌があったら面白いと思いませんか。

表紙はかっこいいポジティブヘッドのモデル。
いい女を連れてるカットなんかで決めたいな……
と考えていたら、そんな表紙の雑誌がまたまた登場してしまいました。

「MADURO」という雑誌です。セブン&アイ出版。

編集長は、かの「LEON」で一世を風靡した岸田一郎さん。
ああ、またまたやられてしまった。

でも前向きに進まなければ、ね。
それがポジティブヘッドの心意気なのですから。
いつかはつくるぞ、ハゲファッション誌。

心の中で応援していてください。

タグ

2014年5月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション

ナチュラルなハゲ頭は、ポジティブ・ヘッドか?

敢えて坊主やスキンヘッドにしていないハゲ頭たち

ある人から質問を受けました。
「うちの父は、後頭部まで禿げ上がっています。残っている髪は、
いつも床屋さんで短く刈っていますが、坊主では決してないんです。
この場合も、ポジティブ・ヘッドと呼んでいいですか」
なるほど。
聞くところによるとその方の場合、後頭部のかなり下のほうまで禿げていて、
耳の少し上のラインが生え際になっていると。
残った髪は床屋さんで地肌が見えないくらいの長さに刈ってもらっていると。
で、ふだんはその頭を堂々と出して生活していると。
かぶりものは帽子を、外出のときだけ。
いさぎよいです。御年は60ちょっと。さぞ充実した生活を送ってこられたのではないでしょうか。

ただ、このブログで提唱している「ポジティブ・ヘッド」は、
あくまでも「坊主」もしくは「スキンヘッド」にこだわりたい。
ナチュラルなハゲ頭で、いくら清潔に整えていても、坊主よりも短髪でなければ、そう呼びたくはない。

でも本来「ポジティブ・ヘッド」は気持ちのあり方を前向きに変えようよ、
ということから始まったものですから、そのお父さんを無下に否定はできません。
この場合は「ナチュラル・ヘッド」とでも呼んでみましょうか。
ニア・イコール・ポジティブ・ヘッド。

ナチュラル・ヘッドな人々は、やはり中高年以上の方が多い。
高度経済成長時代を、ポジティブにアクティブに生きてきて、
今は枯れた風でも、若い頃のエナジーってものを垣間見せたりもしてるんじゃないですかね。
そういえば定年退職した知り合いのおじさんが、そば打ち教室に通い始め、
とうとう本当に自宅を改装してそば屋を開くぞというポジティブな方がいます。
その方は、やはりナチュラル・ヘッド。
「開店を機にスパッとやっちゃうか」
とおっしゃってました。明日のポジティブ・ヘッドです。

よし決めた! ナチュラルなハゲ頭の呼び方!

ところで「ポジティブ」「ナチュラル」だの横文字が多いとわかりにくいかも、と思います。
そこで、代わりになる言葉を考えました。

発想の流れとして、
ポジティブ・ヘッドとはハゲ坊主もしくはハゲスキンのスタイルが最上位概念
→スパッと行く前のナチュラルハゲ=ナチュラル・ヘッドはその予備軍
→しかしスパッと行かなくても別にいいやという宥和的な気持ちもある
→だったら親しみを感じられる呼び名がいい
→そのヘアスタイルの形状から「波平さん」を連想
→ならば「ポジ平さん」はどうだろうか

というわけで、このブログではポジティブに生きている
ナチュラル・ヘッド、ナチュラルハゲの皆さんを、
「ポジ平さん」
と呼ぶことにしました。

よろしく!

ナチュラル・ヘッドのおじさん

実はCKBのオリジナルグッズに描かれているハゲオヤジというキャラです。中華街あたりにいそうな感じのおじさんですね。
(C)Double Joy Records

タグ

このページの先頭へ