「意識の高いハゲ」になれ

「意識の高いデブ」がバズッた

この間Twitterを眺めていたら、
「意識の高いデブ」という人のツイートを見つけました。
@e_debu #意識の高いデブ

意識の高いデブ

ボットでツイートをしているような感じですが、
その内容が実に秀逸です。

まとめページもありました。

1〜10位の発言が並んでいて、
その中からチョイスしてみましょう。

食い過ぎたって、せいぜい太るだけだよ?
何を恐れているんだ。

ううむ、「せいぜい太るだけ」とは達観の域。

LからXLへ。それはワンランク上の男になった証。

たしかに、サイズのランクはひとつ上がりました。

痩せたらモテすぎるから敢えてデブでいる。

モテすぎ、ということは今でもモテているのです。

その他、同じハッシュタグで探したツイートには……

俺くらいになると健康診断の一時結果なんて全然気にならない。
あんなもんは精密検査への招待状でしかないだろ。

たしかに、さらなるおもてなしをしてくれるのが、精密検査です。

デブだから好き!なんていう奴とは付き合うな。
「デブなのに……デブなのに好き!」そう言わせてこそ意識の高いデブだろ?

デブという要素以外のところでじゅうぶん勝負できているデブです。

もうね、笑ったり感心したり涙ぐんだりと、
大変なエンターテインメントです。
ここまで言い換えができるとは、頭の回転が速いし
文章能力もずば抜けています。

中でも次の二つが僕の心に刺さりました。

「デブ」を「ぽっちゃり」、「お前食べ過ぎだろ」を「食べっぷりが素敵だね」
そう言い換えるだけ。それだけで傷つかなくなる人だっているんじゃないかな。

この優しさ。こんな気持ちをモテる男になりたい。

デブがモテないんじゃなくて、
デブであることをネガティブに考えるからモテないんだよ。
自信を持て。デブであることを誇れ。

ポジティブです、ポジティブ。
僕たちと意識が同調しています。

なんだか、勇気が湧いてきますよね。
どこかで何度も聞いたような、元気づける歌詞を並べた
ポップソングなんかより、数万倍元気になります。

ところでこれを読んでいるあなた、
「デブ」を「ハゲ」に置き換えていませんでしたか。

僕もそうでした。
この気持ち、ハゲにだって通じるんです。

ならば「意識の高いハゲ」とは何か?

実は、Twitterには「#意識の高いハゲ」というハッシュタグもあります。
のぞいてみたのですが、デブに比べるとどうも元気がないんです。
(すいません、中の人)

デブが完璧なアフォリズムになっているのに、
こちらは単なるつぶやきでしかない。

日常の出来事や不満などをぼそっと言い続けているだけ。

何ともったいないことでしょう。
デブよりもハゲの方が後ろ向きに思われるではないですか。

じゃあ前山、お前が意識高くつぶやけよ。

——うーん、そうなんですよね。
気の利いたことや心が動くフレーズをつぶやきたい。

そのために、思いついたフレーズをメモしてます。
先日ここにアップした、ハゲへの嘲笑に対する反撃フレーズ例。
あれも、意識の高いハゲになるために書きました。

ハゲが後ろ向きになったら、もう輝く人生はない。
そのことはもう何度も言っていますよね。

頭が輝くということは、気持ちを輝かせること。
頭が光るということは、僕らの人生も光らせること。

ポジティブヘッドのアフォリズムを創成するのなら、
禿げていることそのものを笑い飛ばすことから始めます。

ハゲをユーモアとウィットで洒落のめす。
ハゲや薄毛に悩む人たちが読んだら、
多少なりとも明るくなっていただける。

日常会話にそんなフレーズを混ぜ込むことで、
場の雰囲気は一気になごみます。

これ、モテハゲの重要なポイントなんじゃないかな。

そんなポジティブヘッドのフレーズ、
メモの中から紹介してみましょうかね。
例えばこんなのはどうでしょう。

ハゲとは髪の毛の状態ではない、生き方だ。

この髪型? ベリーショートのワンレンだが、何か?

ハゲ頭は、あなたの名刺代わりでもある。

ハゲに興味があるんじゃない、僕に興味があるんでしょ。

人の第一印象は見た目が9割で決まる。ならばハゲは無敵だ。

なるほど、見直してみるとなかなかいいこと言ってる(笑)

これを眠らしておくのはもったいないので、
近いうちにTwitterで定期的に呟くことにしましょう。

意識の高いデブさんみたいにバズらないかな。
ちょっと期待してます。

タグ

このページの先頭へ