流行の「透け感」は、ハゲに酷!

後ろ姿

http://www.pal-blog.jp/ciaopanic-harajuku/643276

Ciaopanic

首下

http://item.rakuten.co.jp/curicolle/stf-too-1239/

キュリアス・コレクタブルズ

トレンディなシースルー

最近、女性ファッション誌なんかの見出しで「透け感」という言葉を目にします。

・夏は透け感のあるブラウスで
・透け感ガールの作り方
・ポイントはふんわり透け感
などなど。

ちなみに「すけかん」と読みます。
下が透けて見えるような薄い生地で作られた、女性のお洋服ですね。

透け感なブラウス

キュリアス・コレクタブルズ」より

透け感な後ろ姿

Ciaopanic」より

これ、昭和40年代の記憶がある我々世代では「スケスケルック」を思い出します。
いや〜、名前が昭和ですよね。スケスケ、ですよ。

まあそんなイヤらしい語感をぬぐい去った透け感の服。
(スケカンというのもちょっとイヤらしいとおじさんは感じてしまうけれど)
とても流行しているみたいです。

で、透けてしまう生地のわけですから、その下が実に気になる。
ブラウスの下に、何を着ているんだろうか。
まさか、何も着てないってことはないよね。
下着? それともキャミソールみたいなの?
ああ、こんな服の女の人が電車の前に立ったら、気になって居眠りもできない。
(これ、イヤらしい目つきで見てるわけではないですよ、たぶん……)

とまあ、おじさんたちの懊悩をよそに、彼女たちはお洒落を楽しんでいます。
中に着ているのは、外の生地と色をコーディネートさせたインナー。
見せ下着、とまでは行きませんが、お肌の面積も広いものを着てらっしゃる。

こうやって、ある程度見られることを意識したなりであれば、
見る方も(積極的じゃないですよ、たぶん……)、ここちよいドキドキを感じながら
チラチラと視線を送ることもできるんですね。

さて一方で、「透け感」を負の要素へ持って行ってしまう存在があります。
そう、それは「薄毛」です。

地肌をチラチラ見せても、ねえ……

 

薄くなってきてしまった男性は、髪の毛と地肌の割合がだんだん逆転していきます。
そうなると、髪の毛の隙間から地肌がどんどん見えだしてきます。

密度の薄くなった髪の毛が、薄い生地。
面積の広くなった地肌が、生地から透ける素肌。

うーん、なんだかあんまりいい絵ではありませんねえ。
直視できないというか、別の意味で。
(あまりじろじろ見る人もいないでしょうがね)

「あの課長、最近透け感入ってきてね?」
などと、若い部下たちが噂してるんじゃないかと、
疑心暗鬼に駆られてるんではないでしょうか。

薄くなってきたということを実感している人は、
とても背後が気になるものです。
後ろから、俺の薄くなった髪と頭皮が見られている、と。
後ろに立たれると、殺意さえ覚える。
まるで国際的なスナイパーのあの人みたいです。

僕が薄くなってきたのを気にし始めた頃、
まさにこんな心理状態でした。
今で言う透け感を恥ずかしく思い、いつも後ろをうかがい、
そのうち帽子をかぶり始めたのでした。

当時の僕はきっとおどおどした、小動物のような目をしていたのでしょう。
自信が持てず、人生の楽しみを無くしていた。
そんな心まで透け感で見通されるような状態でしたから、
モテるはずもありませんよね。

要らない薄物など、きれいさっぱり無くしてしまえ。
透け感の頭にさよならして、ヌードを晒そう。
頭皮を爽やかな風に当ててあげよう。

この夏、透け感ファッションを見るたびに、
僕はそうやって声を上げたくなります。

頭髪の透け感コンプレックスは、見せることで解消できるんです。
インナーを見せてオシャレ感を上げている透け感ファッションと、
「見せる」という共通点があるんですよね。

タグ

このページの先頭へ