目からウロコ! リンスの効果的使い方

なぜ、独身ポジハゲ宅のお風呂場に……

僕の知人に、ハゲスキンにしている男がいます。
40代、独身。気ままな一人暮らし。

ずっと髪が薄かったので、
いつバサッとやっちゃうのかなと気にかけていました。

ある時会うと、彼は見事なハゲスキンになっていて、
しかも帽子はかぶらず素のままで日常生活を送っている様子。

よし、漢(おとこ)だ!
いいぞいいぞ。ポジティブ・ヘッドの仲間が増えた。
そう喜んだものです。

先日、久しぶりに再会して酒を飲みました。
僕と共通の話題といえば、やはり頭のこと。

頭頂部が特に薄くなっているけれど、
それだとハゲ散らかしになるから、全部剃ってる方が気楽。
今朝もシャワー浴びるときに気合い入れて剃ってきたよ。
これからの季節、直射日光はつらいよね。

などなど、心がつながっていることを確認した次第です。

そのうち、「こないだ、あらぬ誤解を受けちゃったよ」
と言い始めました。

彼の部屋へ友だち(男ども)が来て宴会をして、
そのまま雑魚寝していったときのこと。

朝になってシャワーを使わせてもらった友だちの一人が、
「おい、彼女ちゃんといるじゃないか」
と、なぜか怒ったように文句を付けてきたのだそうです。

全員40代の独身男性。
独身貴族を決め込んで、おいしいものを食べ歩いたり、
いい感じに古びた酒場を巡ったり、
けっこうエンゲル係数の高い飲み食い生活をしています。

結婚なんて、彼女なんて、別に必要ないやという
境地に達しているから、女っ気はなし。

そう思って付き合った来たのに、お前は抜けがけしやがったな。

彼はポカンとして、「なんでいきなりそんなこと言うんだよ」と、逆に訊き返しました。

するとその友人いわく
「風呂場にリンスがあるじゃないか!」

ヘアリンスの意外な効用

彼は吹き出しました。
「ああ、それか」
「なにがおかしいんだよ。スキンヘッドのお前にリンスなんか要らないだろう」
まだ憤っている友人。

人の家にあるさまざまな物から、なにをやっているか推理する。
そんな探偵のような連想力で、彼女がいる、と考えたのでしょう。

「あのなあ、あのリンスは俺が使ってるんだよ。
頭を剃るときにね」

ハゲスキンを保つために、いろいろ試行錯誤した結果が、
「リンスをつけて頭を剃る」ことだったのです。

かれは、電気シェーバーより安全カミソリ派。
その方がきちんと早く剃れる、という持論です。

はじめのうちは石けんやボディシャンプーをつけて
剃っていたのですが、どうも髪が引っかかる気がする。
皮脂を石けん成分が落としすぎているのではないか。

そこで目をつけたのが、ヘアリンスでした。

これなら皮脂を落としすぎずに、カミソリの刃も滑らかに動く。
しかも、頭皮ケア成分が含まれているので、剃った後も肌に優しい。

なーるほど!
これは盲点でした。

ひげ剃りの常識からすると、やはり石けん類を塗りつけて
ぞりぞりとカミソリを動かすのが当たり前。

僕も安全カミソリで頭を剃ったことがありますが、
どうしても滑らかさに欠ける気がしていたのです。
だから、電気シェーバー派になった。

そうか、リンスか。
目からウロコがボロボロと落ちた気分でした。

その日、さっそく家に帰って
妻のリンスで試してみたのは言うまでもありません。

おっしゃるとおり、よく剃れる。
剃りあげた頭皮も、心なしかすべすべになりました。

今、僕はなんとなくスキンヘッドにしていますが、
リンスシェービングを知ったからには、
しばらくこのままのハゲスキンでいるでしょう。

ただ、問題がひとつ。
妻が「わたしのリンス、最近減りが早いんだけど」と
疑問を持つかもしれないということ。

男性用のリンス、ひとつ買っておこうかな。

でもレジで「なんでこのハゲスキンがリンスを?」と
その友人と同じ疑問を抱かれるかもしれませんがね。

リンスシェービングでお肌もすべすべ(イメージカットです)

タグ

2013年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア 頭の刈り方

ハゲスキンに剃り上げる場合の注意点

やっぱり頭は凸凹している

では、電気シェーバーでハゲスキンに仕上げる動画、その2です。


ま、ムラなく粛々とシェーバーを動かして剃り上げていけばよいのですが、
ハゲ坊主と同じく注意点は、頭蓋骨の凹凸部分を把握しておくこと。
僕の場合は、左右両側に鉢が張った部分です。
ここが残ると、なんだかロード・ウォリアーズのホークみたいになってしまい、
キャラが変わってきちゃいますね。

あと、後頭部を剃り上げている箇所でもおわかりの通り、
スキンヘッドにしたからといって禿げている事実を隠すことはできません。
毛根が残っている範囲と禿げている範囲の色調は、どうしても違いますからね。

前回書いた通り、剃り残しがちな箇所はやはり耳の上と後ろですから、こちらも重点的に。

次回は、ヒゲを残すときの注意点を書いてみますね。

 

タグ

2012年10月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:頭の刈り方

仕上げにいくつかやっておきたいこと

ヒゲを揃える&ハゲ残った部分のチェック

さて、電気バリカンを使っての頭の刈り方、第3部です。

一通り頭を刈ったら、ついでにヒゲも揃えてみましょう。
前述の通り、職場や立場によってヒゲは御法度という方もいるでしょうから、
これは参考までに見ておいてくださいね。
定年後など、自由なスタイルが許される環境になったら、ハゲ坊主&ヒゲ坊主にチャレンジを。

ここでは、頭と同じ長さで揃えます。これ、実はとても楽なんですよ。
無精髭っぽく仕上がりますしね。

ヒゲを剃らなければいけない場合も、このくらいの長さにしておいてから
電気シェーバーで仕上げると、とてもやりやすいですね。

注意点として、ヒゲは髪質が硬いので、短い状態で刈ると勢いがついて回りじゅうに飛び散ることです。
このバリカンのように集髪機能が付いていても、かなり回りに散ってしまいます。
洗面台を散らかして奥様などに叱られませぬよう。

最後に、シェーバーを使って頭の禿げている部分をキレイに剃ります。
たとえツルッと禿げていても、まだしがみついている毛根が何本かあるものです。
そいつらがまばらに伸びているのはかっこ悪い。
せっかく頑張っているのですが、ちょっとの間隠れていてもらいましょう。

これで、波平さんになるのは避けられます。

頭を刈る頻度について、動画の中で触れています。
僕は週2回を目安にしていますが、もう少し間隔を開けてもいいとおもいます。
ただ、10日開けてしまうとヤマアラシのようになってきて、とてもダンディとは言えないかも。

週2回って面倒くさいような気がしますが、髭を毎日剃ったり、
毎朝髪型をビシッと決めたりするよりは楽ですよ。

もちろん、育毛増毛植毛カツラの手間に比べたら、ほとんど手がかからないのと同じ。

そっちにかけていた時間を、もっと別の方面に使いましょう。
それこそ、ポジティブな生き方だと思います。

タグ

2012年10月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:頭の刈り方

ポジティブ・ヘッドまでの長い道~8

職場での反応はどうだったのか

さてさて、頭を丸める、髪を落とすまでのクロニクルをダラダラと書いてきました。
やっと現在と同じ髪型にたどり着いたところです。

頭を丸めた場所は自宅のお風呂場でしたので、まだ家族の目にしか触れてない。
溜息をついた妻は、まあそんな反応を予測していたのでいいとして、
2人の息子はどうか。
こちらは、自然に受け入れてくれました。
野球少年ということは前に書きましたが、自分たちと同じ髪になったことを認めてくれたようです。
「おお、坊主じゃん」
けっこうシンプルです。

家庭内での頭さらしは済んだ。
あとは、職場だ。

翌日は月曜日。
いつものベースボールキャップをかぶり、出勤しました。
同僚にとっては見慣れた姿ですが、かぶりっぱなしというわけにはいかないので、
頃合いを見はからって、脱ぐ。
1mmにも満たない頭髪と、毛根のない広い頭蓋が、会社の一角に披露されました。
刈りたてで、まだ青々としています。

「おお」
と、男性の声が聞こえた。
「え?」
と、女性の声も聞こえた。

近寄ってきて、まじまじと見る人はあまりいませんでした。
何が前山に起こったのか。
こうやって頭を丸めるという行為は、人にとって重大なことというのはみんな認識しているようです。
漂う緊張感。

「どうしちゃったの?」
同僚男性がついに話しかけてきました。
「いやぁ、心境の変化で」
僕は努めて明るく答えました。

それがきっかけとなったのか、周囲からは「なぜ?」「いつ?」「自分でやったの?」という質問が集まり始めたのです。

英語でこういうのを、
Break the ice.
といいます。
誰かが氷を砕かなければならない。
深刻な空気を割らなければならない。
本人がしかつめらしい顔をしていたらダメなんです。
笑いながらポジティブにさらけ出さねば。

他の部署に行っても、最初は同じような反応でした。
だから頭を撫でながら、
「スースーしちゃってさ~」と触れ回る。
ま、触れ回らなくてもよかったんですが、ちょっとハイになっていたんでしょう。

その日、CM制作の打合せがありました。
来社した制作会社のプロデューサーM氏は、スキンヘッド。
僕より年下ですが、すでにかなり髪が失われていたようです。
僕の頭に目をとめると、
「頭の形がいいですね」と褒めてくれました。
目のつけどころがやはり先輩だ。
「前山さん、もしシェーバーで剃るなら、丸い刃のやつより溝になってる方がいいですよ」
なんてアドバイスもしてくれました。
剃ってスキンヘッドにすることまでは考えていませんでしたが、
「それもいいかもね〜」なんて答えた次第。
お調子者ですね。

そんなこんなで、ポジティブ・ヘッドの先輩M氏とともに、
打合せはうまく盛り上がったというわけでした。

 

ひとまず、ポジティブ・ヘッドへの道のりはここまで。

その後、M氏のアドバイスに従ってスキンヘッドにしてしまうのですが、
また稿を改めて書いてみたいと思います。

ちゃんちゃん♪

タグ

2012年8月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:頭髪ヒストリー

このページの先頭へ