ハゲ男性差別か?! 使っているとハゲてくるメモパッド

使えば使うほど禿げてくるなんて……

とあるブログで、こんな記事を発見しました。

使っていくと髪がなくなるメモパッドに全俺が泣いた

トップページはこちらです。
「ハゲルヤ」という、ハゲをテーマにしたサイトで、「ポジティブヘッドのススメ」とちょっと似ています。

さて、問題のメモパッドです。
ちょっとうつむき加減の顔イラストが側面に。
一番上になっているのは茶色い紙。
(濃い色の筆記具だと読めませんね)
それを一枚一枚破り取っていくと、
いつからか茶色い中に肌色の部分が出てきます。

だんだんハゲになってくるハゲメモパッド

剥がしていくうちに禿げてくる

この肌色は、おでこだったり頭皮だったりするんですね。
つまり、ハゲ部分。

やがて、3の写真のように立派なハゲ頭になるというわけです。

実は女性用育毛剤プロモーション

このメモパッド、実は女性用育毛剤のプロモーショングッズなんです。
製品名は「パントガール」。
パンテトン酸カルシウムが主成分だそうです。
アマゾンでは並行輸入品を売っています。

パンテトン酸を使った女性用育毛剤パントガール

女性用の育毛剤です

パンテトン酸って、どっかで聞いたことがあります。
ちょっと調べてみたら、
ビタミンB群のひとつで、お肌によろしいとされている物質だとか。
そして、スキンケア製品やシャンプーにも使われてるんです。

あ、そうそうシャンプーのパッケージで見かけた名前だったんですね。
髪にもよいんだそうですよ。

パントガールの商品説明をしているサイトによると、
女性の育毛には「プロペシア」は厳禁だそうで。
妊娠中の女性はこれに触るだけでお腹の赤ちゃん(特に男児)に
悪影響を与えてしまうらしいです。

男性ホルモンを摂るっていうのは、
女性にはいろいろ悪影響があるんですねぇ。

そうそう、メモパッドのこと。
女性用育毛剤なら、なんでモチーフが男性なんでしょう。

男性のハゲ頭をからかってつくったのなら、ハゲ差別じゃないですかね。
まあ、女性のハゲ頭、というのだと洒落になりませんから、これでいいのかな。
進んで笑われてやろうじゃないですか、これぞポジティブヘッド。

タグ

ハゲ頭のテカリをやわらげるには




シャンプー後の鏡に映る発光体

先日、「ポジティブヘッドX」をご購入いただいた方から質問が来ました。

「思い切って髪を落としたいのですが、ハゲている部分のテカリが気になります。
それをやわらげる方法はないでしょうか」

以前、このブログでも「ハゲた頭はなぜ光るのか」というエントリを書きました。

バックナンバーはこちら。

そこでは、原因として──

・禿げると毛穴がふさがり頭部が滑らかになるから
・頭皮はおでこと違い張りが強い。ゆえにピンと張られた状態なので光りやすい
・毛穴がふさがっているといっても皮脂は分泌される。
髪がないから頭皮に広がるのでアブラ光りする

という理由を挙げています。

その後、自分なりに頭皮を研究した結果、
「頭皮の張りが強いから」
「皮脂を落とすから」

という要因が正解なのではと思うようになりました。

僕だけかもしれませんが、頭蓋骨の左右が張っていて、
頭皮が引っぱられている結果、張りが強くなっているようです。

そして、シャンプーで皮脂を落とした後は、
頭皮の方で「あ、油が切れた。補充しなきゃ」と、
皮脂の分泌を盛んにしてしまう。

だから、シャンプー後は特に光りやすいんです。
お風呂上がりに鏡を見てみてください。

そこには、もはや少数派となった白熱灯のような光る物体が。
かなりの高ルーメンです。

頭皮の張りを緩めてやればよろしい

僕は、光る頭はポジティブな証であるという信念を持っています。

光るものは光る。
だから隠さない。
これぞ、ポジティブヘッドの生き方。

でも、質問をくださった方のように、
光る頭を気にする男性は少なからずいらっしゃいます。

光るものは光るが、少しでもそれを弱めることはできないだろうか。
要は、張りをやわらげて皮脂を少なめに保ってやればいいわけです。

張りをやわらげるには、マッサージが一番。
問題は、いつやるか、です。
僕の経験から言うと、シャンプー中とお風呂上がりの2回が効果的。

シャンプー中の頭皮マッサージ、懐かしいです。
髪が薄くなり始めた頃、髪によろしいとされる(高価な)シャンプーを使い、
指の腹で丁寧に、力を込めて、下から頭頂部へ向けて……。

よくやってましたよ、こういうマッサージ。
結果が出なかったから止めてしまい、もう10数年経ちます。

ハゲた頭皮は力を込めにくく指が滑るのでご注意を。

そして、お風呂から出た後のマッサージもやっておきましょう。
上でも言ったように、シャンプーして皮脂を落とすと、
頭皮はそれを補うために皮脂を分泌します。

シャンプーしなければ皮脂は少なく保てるかというと、
それも疑問ですし何しろ頭が汚れたままになる。
(シャンプーしない方がいい、というケア方法もありますが)

低温ドライヤーのマッサージ機能もオススメ

皮脂が出てきたら、光らせないために頭皮をさらに緩めてあげましょう。
それには、お風呂上がりのマッサージが効果的なんです。

指で行ってもいいのですが、ここではテクノロジーに活躍してもらいましょう。
実は先日、「低温ドライヤー」というのを買いました。
僕はドライヤーなど使いませんので(笑)、妻用です。

「ヤーマン スカルプドライヤー」

ヤーマンドライヤー

こちらがAmazonの商品リンクです。

最高60℃の温風で(通常は90℃)優しく髪を乾かしてくれるうえに、
遠赤外線で頭皮を健康にしてくれるという優れモノ。

さらに、アタッチメントを交換して「スカルプモード」にすると、
振動も加わって頭皮を刺激し、張りをやわらげてくれます。
これ、本当に気持ちいいですよ。

振動にうっとり(3分くらいかな)して、鏡を見てください。
さっきまでの発光体に磨りガラスをかぶせたような表面に変わっているはず。

まあ、頭皮からの皮脂分泌は止めることができませんので、
あくまでも一時の対症療法かもしれません。
でも、頭皮の健康に役立ちますし、やっておいて損はない。

今のところ、僕はそう思ってます。

タグ

ハゲ頭は毛髪アートのキャンバス

気になって番組に集中できない……

昔、クライアントにハゲた方がいらっしゃいました。
両サイドと後頭部にしか髪がありませんでした。

ハゲであることは、当然のことながら一目瞭然。
しかしご本人はハゲを隠そうと、残った後頭部の髪を長く伸ばし、
前に持ってきていました。
それが頭の上に「渦」を書いたように乗っかっている。

初対面の時、目が離せなくなったことを覚えています。
そして僕の視線に気づいた上司は、その後、
「あの人の前で『渦』という言葉を出すなよ」とニヤニヤしながら忠告しました。

そんなことを思い出したのは、
ネットを見ている時、目を離せなくなったページがあったからです。
こちらです。

ハゲは何故独特な髪型でハゲを隠そうとするのかwwwwwwwwwwwwwwwwww
(ハムスター速報)

以前にもこのブログで、芸術的な九一分けをご紹介したことがあります。
その時にも、独創性にシャッポを脱いだのですが、
こうやってまとめたものを見てみると、すごい。

68f3ce19 a9306667 dc294c65 f1aa9832 4c57c5a0

なにを考えてこんな髪型にしているんだろう。

──やっぱり、隠しおおせてると信じてるんでしょうね。

ハゲていると、みんなが自分のことを見ている、
ハゲを笑っている、そんな妄想を抱きがちです。

だから残り少ない髪の毛に活躍してもらい、
ハゲを隠す努力を始めてしまいます。

後頭部の髪の毛を前に持ってくる。
サイドの髪の毛を頭頂部に持ってくる(これが九一分けになります)。

それで隠れているうちは、まだいい。
もっとハゲ部分が広がってくると、残りの髪の量では足りなくなります。
だから、残った髪(しかし減りつつある)を伸ばしてカバーしようとする。

その努力の結果が、これらのヘアスタイル集というわけです。
(中にはヅラの方々もいらっしゃいますが)

そうそうたる絵図です。
まるで後から画像処理したようにも見えてしまいます。

こんな髪型の人たちが、見ているテレビ番組に出てきたら
たぶん気になって気になって番組にとても集中できないでしょう。

裸の王様の目を覚まさせるには

僕が常々言っているのは、
「自分がハゲていることなんて、他人はほとんど気にしていない」
ということです。

ハゲアートの人たちは、そのことが全くわかっていない。
だからあんなに独創的な結果になってしまうんです。

自分では、普通の髪型にしていると思っているのです。
最初に登場させた「渦」のクライアント氏もそうなんでしょう。

どこで意識を変えてもらえばいいんでしょうか。

自分の客観的な姿を、見ればいいと思うのです。
しかし、ここに登場する人々はテレビに出演している。
つまり、テレビカメラを通した自分の姿は見ているはず。

それでもあの髪型を続けているのはなぜなんだろう。
もしかすると、自分の髪が見えてないんじゃないだろうか。
自分が他の人々と同じ髪をしているように見えているのでは。

もう完全に視覚神経が自己調整をしているようです。
人間には、見たくないものを見ないようにする機能が備わっています。

嫌なものは、なかったことにしてしまう。
たぶん、ご自分の頭の様子は「なかったもの」なのです。

僕がある女性に「誰もあなたの頭のことなんか気にしてない」と言われ、
その後で「ハゲの千本ノック」を受けてハゲという言葉に耐性が生まれたように、
彼らも何かのきっかけで心を丸裸にされればいいのです。

しかし、肩書きを見てみると皆さんそれなりの地位についていらっしゃる。
つまり、だれも彼らに意見を言うことができない。

裸の王様になってしまっている。

裸の王様は、町の子どもたちに「王様は裸だ」と言われて気付きました。

現代の裸の王様は、誰の声によって目を覚ますんでしょう。
その役割を果たすのが、この「ポジティブヘッド」だといいのですが。
いや、そうなってほしいなと思います。

例えば、こちらで。
「ポジティブヘッドX」

タグ

ハゲでカッコよくて強い、グラディオラ監督を目指せ

サッカー音痴が目に留めた人物

日本で初めてのプロサッカーリーグ「Jリーグ」が誕生したのは1993年。
あの頃、どこへ行っても「オーレーオレオレオレー」という歌を耳にしました。
サッカーという昔から親しみのあるスポーツにショーアップとか異文化とかの味付けをして、
カネの取れるスポーツへうまいこと変身させたものです。

静岡県生まれの僕ですが、実はサッカーはあまり知りません。
小学校の時、サッカー少年団みたいなのに入って何度か練習には行ったものの、
あんまりスポーツが得意じゃなかったせいもあり、辞めてしまいました。

静岡県出身と言うと「サッカーうまいでしょ」なんて返ってきますが、
ブラジル人がみんなサンバやサッカーが得意とか、
徳島県人がみんな阿波踊りがうまいとか、ということではないのと同じです。

まあそんな感じでJリーグの始まりは流行に乗ってウキウキしてましたが、
ブームも定着し、日本代表チームも徐々に強くなり、海外で活躍する選手も増えてきて、
プロ野球のように身近で日常的な存在になったなあと、改めて思います。

で、海外からのサッカー情報もタイムラグなく入ってくるんですが、
ある時サッカーニュースを眺めていたら、かっこいいポジティブヘッドを発見しました。

この人です。
ジョゼップ・グラディオラさん。

ピンクのベストが洒落てます!

ピンクのベストが洒落てます!

スペイン出身で、現在はバイエルン・ミュンヘンの監督をしています。
現役時代はFCバルセロナの黄金時代を築いた人。
全盛期がJリーグ創設時期と重なるので、僕も何となく聞いたことはありました。

で、それから20年。2013年からバイエルン・ミュンヘンを率いているそうです。
このチームも、僕でも知ってます。調べてみると、今でも強いんですよね。
グラディオラ監督のもと、ブンデスリーガで2回優勝。
UEFAで1回、FIFAクラブワールドカップでも1回優勝していますね。

その監督の姿をテレビで認識したのは、2014年のこと。
とある海外サッカー情報番組の報道でした。
「へー」と僕が注目したグラディオラさん、頭、ハゲてる。ひげが濃い。
ネクタイとジャケットの着こなしがかっこいい。
まさにポジティブヘッドの理想型とも言える人でした。

ハゲが喧嘩を売られた

さて、なぜその情報番組にグラディオラ監督が映っていたのか、
それには大きなワケがあります。

「ライバルが『ハゲ!』と喧嘩を売ってきた」という大きなニュースだったからです。

そのライバルとは、プレミアムリーグのチェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督。

彼もかっこいいです

彼もかっこいいです

こともあろうに、

「人は自分のやることを楽しんでいるなら髪は抜けないが、
 グラディオラはハゲている。
 彼はサッカーを楽しんでいない」

と言ったと、スペインの新聞が報じました。

もともと2人は不仲ということですが、
今回の「ハゲ発言」のきっかけは些細なことだったようです。

何でも、UEFAの会議で、芝を短くしろ・しないで対立し、
それぞれのプレイスタイルを尊重しろとか、サッカーの美しさは監督次第だとか、
いろいろと言い合って、グラディオラ監督が、
「モウリーニョは結果がすべてだと言っている」と言うと、
「グラディオラはサッカーを楽しんでいないからハゲる」と、
論点をずらした上で先ほどの「暴言」を吐いたとのことです。
NAVERまとめより 記事元のYahooニュース記事は削除されています)

ここに記事がありました。
海外サッカー移籍速報

この発言に対して、ネット界は騒然としました。

・「おまえのかーちゃんデベソ」と同じレベル。
・あんまりだ。
・すべてのハゲにケンカを売った。

なんでしょうねぇ。
確かにモウリーニョ監督っていい男です。
古いけどアラン・ドロンみたいな感じ。
対するグラディオラ監督だって、彫りが深くて濃いハンサムですよね。
若い頃はこんな感じ。かっこいいです。

髪を失っても、実に堂々と頭をさらし、お洒落を楽しんでいるようです。
ネクタイ率が高いというのもいいですね。
これだけ顔が濃いと、胸元はきちんと飾った方がバランスを取ることができます。

サッカーを楽しんでないとかかんとか、フサフサのひがみ発言ですよ。
2人の監督を比べると、グラディオラさんの方が人生を楽しんでいるように見える。

ハゲとフサの2ショット

ハゲとフサの2ショット

ポジティブなハゲが持つ、活気とか元気とか色気とかフェロモンとか、
そんなものを視覚から感じてしまうんですね。

ポジティブヘッドが目指す姿がここにあると思います。

ところで、モウリーニョ監督の暴言に、どんな対応をしたのか?
探したのですが、出てきませんでした。
あまりに低レベルな内容に、冷笑を浴びせて無視したのかな。

そんなことを思ってしまいます。
だって、それに反応したら自分も低レベルに堕ちてしまいますからね。

能あるハゲはケンカせず。
これですよ。

タグ

能あるハゲは頭をさらせ

 

爪を隠すか頭隠すか

誰もが知っている「能ある鷹は爪を隠す」という諺があります。
意味は言うまでもないでしょう。

でも、なぜこのブログの冒頭でいきなり採り上げるのか……。

前山さん、どうしちゃったんですか。
国語の先生でもやってたんですか。

いやいや、そんなことはありません。

これはポジティブヘッドに関する大事な前振りです。

子供の頃、「小学○○年生」という学年誌にユーモアのコーナーがあり、
諺をもじったギャグが並んでたわけですよ。
その一つに、

「能あるハゲは頭隠す」

というフレーズがありました。

「床屋泣かせ」と言われた、剛毛がぼーぼー生えていた僕は、
「げへへへ、馬鹿だなー」と笑い、その場で忘れていたのですが、
ある時まるで記憶のベールを剥がすように浮上してきたのです。

そう、それは頭が薄くなり悩み始めた頃です。

そう言えば「能あるハゲは頭隠す」ってギャグがあったな〜と。
その時の挿絵まで思い出されてきました。

ハゲチャビンの親爺が、帽子をかぶって恥ずかしそうにしている絵でした。
もしかしたらカツラだったかもしれない。

でもそんなビジュアルとともに「頭隠すハゲ」のフレーズが、
頭から離れなくなりました。

能あるハゲになりたかったら、やはり帽子をかぶり続けたり、
あるいはヅラにしなければならないのだろうか。
そんなことができない僕は、無能なハゲなのだろうか。

毎日、この言葉をリピートしながら暗い日々を送っていました。

「頭をさらす」で行こうじゃないか

能あるハゲになろうとしてなれず、鬱々とした日々。
そこである出来事を経てポジティブヘッドへの道を歩み始めたことは、
もうずいぶん前から繰り返し書いてきました。

それは、「あなたのハゲ頭なんて誰も気にしてないですよ」という、あの一言。
カメラマンのアシスタントをやっていた女性に言われたんです。
それ以来、僕の中でハゲコンプレックスは完全に吹っ切れ、今に至っています。

「能あるハゲは、頭をさらす」

ハゲ頭をさらしている人は、自信を持ったハゲです。
自分の頭と姿に自信を持ち、堂々と、毅然としているハゲです。
ファッションにもエチケットにもその人らしさを行き渡らせ、
知性が端端にのぞいている。

吹っ切れていないハゲからすると、どうして頭をさらせるんだと、
不思議な存在に思えることでしょう。

僕らポジティブヘッドからすれば、ごく自然に振る舞っているだけなんです。

「人のハゲなんか全然気にされない」というのが出発点だとしたら、
「あの人はなぜあんなに魅力的なのか……あ、ハゲだからだ」と、
一周回ってハゲ頭に注目されるくらいにならねばいけません。

「気にしないハゲ」から「気になる存在のハゲ」へ。
どうしても放っておけないハゲへの、ポジションチェンジ。

これこそが、ポジティブヘッドの到達点です。

もう一度言います。
「能あるハゲは、頭をさらす」

心に刻んでおいてください。

タグ

ハゲのメタルユニット!?

あーついに出たか、大物ハゲ

ちょっと前、SNSで盛んにRTされたりシェアされたりしていた、
芸能関係のニュースがあります。

「坊坊主」というユニットです。

http://www.teichiku.co.jp/artist/boubouz/

頭の形も似てますね。

坊坊主公式ウェブサイト

見ておわかりの通り、
「爆風スランプ」のサンプラザ中野くんと、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さん。

お馴染み、サンプラザ中野くん。スキンヘッドとサングラスって、当時はとても新鮮でした

お馴染み、サンプラザ中野くん。スキンヘッドとサングラスって、当時はとても新鮮でした

某タレントさんとの破局でも話題を提供してましたね

某タレントさんとの破局でも話題を提供してましたね

このユニット結成を知った時、
あれ、サンプラザ中野くんてハゲてたのか?!

そう思いました。
だって、デビューした頃(20代前半?)からスキンヘッドにしてましたから。

調べてみたら、バンドを始めたばかりの時、ボーカルのビジュアルを際立たせるため
メンバーみんなからスキンヘッドを提案され、それ以来続けているのだそうです。
写真を見ると、生え際はまだまだ前の方にありますよね。

対して、小峠さん。
バイきんぐでブレイクしてお茶の間に顔が売れました。
最初から「ハゲ」をネタにしていたような記憶があります。
動画を見ていても、生え際はかなり後ろの方というか、ぼやっとしてます。

で、坊坊主のリリースした曲が、「励メタル」。

ハイスピードなメタル調の楽曲です。
あのお馴染みのサンプラザ中野さんの声(いい声だと思います)で、

共に励もう 励メタル〜♪

と歌ってます。

YouTubeのMVでは、二人の頭を道行く人に触らせてます。
御利益があるのかな〜とつい撫でてしまうんでしょうね。
いやぁ、僕も撫でてほしいな。1回50円くらいで。

何が狙いなのだろうか

先ほど、サンプラザ中野くんは「特にハゲではないかも」と書きました。
ハゲたからスキンヘッドにしたわけではなく、
後頭部を見ても毛根の青さは確認できるんです。

ではなぜ「励メタル」というハゲの歌を作ったのか?
小峠さんを励ましたかったのか、人気者にしたかったのか。

小峠さんはご自身かなりのロック好き。特にパンクロックが好きなんだそうです。
爆風スランプのファンでもあったと言っています。
パートナーにするには充分な素養があったのでしょう。
(サンプラザさんは『ほうれい線が自分と同じだ』とよくわからない理由を挙げています(笑))

ここで注目したいのが、やはり「ハゲ」ということ。
ハゲって、やっぱり波が来てるんじゃないかなと思うんです。

先日紹介したトレンディエンジェルの斎藤さんも、
ハゲをネタにしてダンスユニットに参加しています。

テレビにはスキンヘッドの人たちが当たり前のように出演しています。
「ハゲ」という言葉にも、以前のようなタブー感が薄れてきた気がします。

少しずつ、ハゲは日常生活に刷り込まれてきています。
ハゲた男性はかつてのようにコンプレックスに押しつぶされて
暗黒の中に生きるのではなく、
もっと堂々と主張すべきである、と。

もっと言うと、ハゲはビジネスになる。

株取引の世界に浸っていたサンプラザさんのことですから、
「ハゲ」を扱うことによってビジネスができると察知したのではないでしょうか。

ハゲビジネスは、確実に来ています。
しかも、育毛や発毛、増毛ではなく、「ハゲ」そのものへの賛歌、
ハゲ・ライフを謳歌する生き方を、全面的に押し出している。

事実、僕だって「ハゲのためのテキスト」を作っているのですから。
「ポジティブヘッドのススメ」

サンプラザ中野くんデビュー30周年記念でもあるこのユニット。
どんな進化の仕方をしていくのは見守っていきたいと思います。

参考:NAVERまとめ「恋よりロック!?破局の小峠、サンプラザとハゲしいユニット!「坊坊主」

画像参照
サンプラザ中野くん http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=99090046
小峠英二 http://news.livedoor.com/article/detail/9329895/
坊坊主 http://www.teichiku.co.jp/artist/boubouz/

タグ

ハゲがいじられるダンスが流行っているらしい

あの人のハゲ嗤いで、歴史が動いた

ちょっと前、ネットの情報サイトで、
お笑い芸人が踊るダンスが面白い、というのを見つけました。

なんでもキレキレのダンスと覚えやすい曲のおかげで、
「自分も踊ってみた」という動画もずいぶんたくさん投稿されているとか。

もうご存じかもしれませんが、「エグスプロージョン」という人たちによる、
「踊る授業シリーズ」というやつです。

いやもう、これ、思わず見入っちゃう。

元プロのダンサー(?)で、現・吉本所属の二人です。
歴史上の出来事を採り上げ、それをわかりやすく解説しつつ、
繰り返しのリズムに乗って踊ってみせる。

何本も作品が上がっていますが、中でも「本能寺の変」が、
強く胸を打ちました。

これは言うまでもなく、明智光秀が織田信長を奇襲によって
死に至らしめたクーデターです。

天下統一を成し遂げようとしていた信長は、
それを目前にして無念の最期を迎えました。

なぜ光秀はあのような挙に出たのか。
いろいろ言われていますが、この二人は「ハゲをからかわれていたから」
という説に則っています。

ことあるごとに光秀を「キンカ頭=ハゲ」と呼んでいました。
ある時などは森蘭丸に鉄の扇でハゲ頭を叩かせて、
出血させたこともありました。
信長の嗜虐性が光秀を標的にしてしまったのですね。

そして1582年の6月1日、中国地方で毛利軍勢と戦っていた
豊臣秀吉に加勢するため、光秀は13000の兵を連れて京都を出発。
しかし、桂川を渡ったところできびすを返し、
「的は本能寺にあり」と叫んだのです。

あとはもう、ご存じの通りです。

信長の「ハゲいびり」が本能寺の変の原因となった、という説が強いんですね。

本当のハゲが一緒に踊ると……

で、このエグスプロージョンさんたち、吉本所属ですから、
同僚の芸人さんはたくさんいます。
その中から、「薄毛」を持ちネタにしているハゲ芸人がジョインしました。

トレンディエンジェルの斎藤司さんです。
ラップ調のフレーズで「ハゲラッチョ」とか歌っているネタ、
僕も見たことあります。

トレンディエンジェル

右が斎藤さん、左は須藤敬志さん

ダンサブルなネタをやっているだけあって、
踊りはうまいんでしょうかね。
こちらが、斎藤さんが入って踊っている本能寺の変。

なんというか、この斎藤さん自身を僕があまり知らないこともあり、
いまいち乗れないんです。

斎藤さんはハゲキャラではありますが、
あくまでも「かっこ悪いハゲがかっこつけて嗤われてる」
というスタンスの芸風のようです。

つまり、ハゲなんかいくらかっこつけても、
しょせん笑いものでしかないんだよ。

こんな声が基底を貫いているのではないでしょうか。

まあ、嗤ってもらうのがお仕事ですから、
それを否定するものではありません。

ただ、他のネタでモノマネをよくやりますが、
ハゲがやるとかえってかっこ悪くなる、
かっこいい男たちのモノマネというかコスプレはねえ。

かっこ悪いハゲにしか軸足を置いていないのが、
とてももったいないと思うのです。

かっこ悪い分歌がめちゃくちゃうまかったり、
髪があった頃は相当なイケメンだったり、
ギャップはうまく利用していると思います。

でも、嗤われるためのかっこ悪いハゲを見るにつけ、
とても痛々しいものを感じてしまうのです。

そんなわけで、斎藤さんをフューチャーしたバージョンの
「本能寺の変」には、どうにも乗り切れないのでした。

タグ

ハゲを喰らう!

知ってました? ハゲって食べ物

ある時、友人のFacebookで、
「いいハゲがあったので煮付けてみた」という書き込みを見ました。

ハゲ、煮付け……

ええと、なんだろ、これ。食べるのか?ハゲを?

決して冗談を言っているわけではないようです。
そんなブラックなこと言う人ではないし。

その書き込みへ、
「ハゲいいなーわたしも食べたい」
「しばらくハゲ食べてない」
「おいしいよね、ハゲ」
というコメントが続いているわけです。

ここまで読むと、食べ物のことだなとわかりますよね。
僕もわかりました。

一緒に上げられていた写真は、煮付けた後のもの。
どうやら魚のようです。身と尻尾が写っているけれど、
いったいどんな魚なのかわかりません。

で、ググってみました。わかりました。
「ウマヅラハギ」のことだったんですね。

ウマヅラハギとはカワハギの仲間で、
カワハギ(本ハギ)の顔の部分がぬーっと伸びたような奴。
釣りに行くと、時々外道として釣れるんですよね。

このウマヅラハギが、西日本では「ハゲ」なんです。
「ハギ」が「ハゲ」に変わったということです。

これが「ハゲ」。正式名称マヅラハギ

これが「ハゲ」。正式名称マヅラハギ

(画像出典:長崎県水産部 http://www.pref.nagasaki.jp/suisan/osakana-top.html )

関東で生まれ育った僕にとって、カルチャーショックでした。
ハゲ、ですよ、ハゲ。
頭にトラブルを抱える人たちには、聞きたくない言葉ですよね。

ハゲ_丸ハゲ

しかも「丸ハゲ」という魚も!

(画像出典:「アドベンチャーぱーちゃん」 http://adventurep.blog40.fc2.com/blog-date-20111012.html )

生まれながら「ハゲの千本ノック」!

当たり前ですが、西日本でも頭髪がアレな人々はいるわけですよ。
そんな人に向かって、「お父ちゃん、今夜ハゲでええやろ」
というお母ちゃんもいるんでしょうね。

で、知りたいのは、そう呼ばれてるハゲのお父ちゃんが、
切れないかどうかってことです。

「お前なあ、俺に向かってハゲハゲ言うな!」
と切れるハゲのお父ちゃんっているんでしょうか。

もしかしたら、西日本には「頭髪ハゲ」の代わりになる言葉があるのかも、
なんて思ってしまいました。
でも、ないですよね。ハゲはハゲです。

とすれば、「ハゲ」が普通に魚屋さんやスーパーに並ぶ地方のハゲ男性は、
「ハゲ」という言葉への耐性ができているということになりますよね。

ことあるごとに、「ハゲ入ってるで」「ハゲうまいけん」「よかハゲやろ」
などなど、言われるというか聞くというか、ハゲのシャワーを浴びることになる。
(方言は想像です)

これが、耐性を作るのかもしれません。
「ハゲ」と言われても自分のことではなく魚を言ってるんだなと思うでしょうしね。

実はこのハゲのシャワー、僕が提唱しているポジティブヘッドXの中でも、
「ハゲの千本ノック」という形で出てくるんですよ。

まだハゲている自分を肯定したくない頃には、
「ハゲ」という言葉を聞くと過剰に反応してしまいました。
この状況を変え、いくら「ハゲ」と言われても平常心でいられるような鍛錬を、
「ハゲの千本ノック」と言っています。

千本ノックは、これと決めた親しい友人や彼女、配偶者に協力してもらうのが理想ですが、
「ハゲ」を食べている西日本の皆さんには、もっとハードルが低いんじゃないかと。
日常的にハゲハゲハゲハゲって聞くことになるんですからね。

ということは、きっと皆さんハゲの千本ノックを完了しているに違いない。
あるいは、その途上にある。

東日本に住んでいるハゲの皆さん。
ウマヅラのことを「ハゲ」と呼ぶ地方に行ったら、
ぜひ頭をさらしながら「ハゲください」と言ってみたらいかがでしょう。

お店の人はあなたの頭を見ながら、
「はい、ハゲ一丁! 毎度おおきに!」と言うに違いありません。

あなたは「共食いだよな」とか何とか冗談で返しましょう。
その場がなごみますし、あなたのハゲ耐性もワンランクアップします。

知らず知らずのうちに、ハゲ耐性を獲得している西日本のハゲの皆さん、
あなたたちこそ、ポジティブヘッドと呼ぶに相応しいと思うのです。

タグ

【書評】なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか

ハゲはクールさのアイコン

ポジティブヘッドのことを書いたり語ったりしていると、
「こんな情報があるんだけど」と、教えてくれる人が増えてきました。

ハゲでもカッコいい俳優ランキングがあるよ。
こんな増毛法が人気らしいけど、知ってた?
面白い地名があるんだって、増毛とかって。

中には、
俳優の●●と△△はヅラだってさ。
などという暴露情報も集まってきます。

玉石混淆とは言えますが、ハゲ情報を面白く楽しんでます。

この本も、その情報の中から見つけたものです。
「なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか」福本容子・著 講談社刊
著者の福本さんは、TBSのニュース番組にもコメンテーターとして出演してますね。
(知的で美しい方です)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%9C%AC%E5%AE%B9%E5%AD%90

タイトルからおわかりの通り、イケてる人たちにはハゲが多い、という内容です。
福本容子さんは毎日新聞の論説委員。世界のリーダーたちとも交流があり、
彼らの中にハゲの割合が多いことに気付きました。

気になったらとことん調べるというジャーナリストの本能で、
各界を動かしている何人かの「ハゲ」について書いています。

パスカル・ラミー:世界貿易機関(WTO事務局長)
ウィンストン・チャーチル:イギリス首相
ウィリアム・ヘイグ:イギリスの政治家
リック・スコット:アメリカ・フロリダ州知事
ジャック・ウェルチ:GEのCEO
ロイド・ブランクファイン:ゴールドマンサックスCEO
日本人では、渡辺謙さんにも触れています。

それから興味深いことに、以前このブログでも採り上げた、
「ハゲている男性ほど自信にあふれ、リーダー的で、男らしさを感じる」
という大学の調査も紹介しています。

要は、自信。それが最大の要素

彼ら、世界の一線で活躍しているハゲたちは、
ハゲていることに対するコンプレックスなど
まったく感じていない(あるいは、そう見せていない)。

むしろ、ハゲをネタにしたジョークや警句で、
人心をギュッと掴むすべをものにしている。

ハゲはハゲ。自分のことだから仕方ないし、
隠す努力など無駄でしかないことをよくわかっているんです。
もちろん、弱点などではないし、
薄毛やハゲが男性の力強さを物語っていることをじゅうぶん理解しています。

「ハゲたら終わり」という、日本を支配している悲観的な風潮など、
微塵も感じられないではありませんか。

そう、彼らに共通しているのは「自信」です。
自らの世界で一流、一線の立場にいることへの、強い自負心が放射されています。

でも……前山さん……あの人たちは既にそのポジションにいるわけですよね。
だから自信を持っていて当たり前です。
私たち何の取り柄もないただの男は、自信なんて持ちようがありません。

なるほど、確かにそうですね。
あなたも、もちろん僕も普通の男です。政治やビジネスのリーダーでもありません。

じゃあ、彼らはそのポジションを得るまでの間、ずっと自信なさげにしてたんでしょうか。

そんなことはないはずです。
とにかく自信を持って振る舞い、行動し、周囲に影響を与え続けてきたことでしょう。
つまり、発展途上においても自信を持ったハゲとして存在感を露わにしてきたはず。

まずは、外観を整え、行動に移し、「デキハゲ」であることをアピールする。

カタチから入るんです。ね、好きでしょ。

あなたのことを知らない初対面の人にも、
「お、何だかこの人できそう。ハゲてるけど、それも魅力」
というイメージを植え付けることが大切です。

何度も言っていますが、「人は見た目」なんです。
外観が内面を創造していく──これは真実です。

人は願い事を十回口にすると叶う、と言います。
口と十を足すと、「叶」ですからね。

モテハゲの心得で外観を整えることは、これと同じです。
あなたも僕も、常日頃からデキハゲアピールをしているんですよ。

自信を持っていいんです。
あなたのハゲはクール。

それは真実なんですから。

タグ

岡村隆史さん、ハゲ治療中?

けっこう有名らしいですね、ハゲ治療

ご存じ、お笑いコンビ「ナインティナイン」。
そのかたわれである岡村隆史さんが、
実は「ハゲ治療中」ということ、知ってましたか。

先日、例によってブログネタを探すためにネットサーフしていた時、
引っかかってきた情報です。

僕はあまり芸能界の情報に詳しくないので、
岡村さんが「ハゲ」「薄毛」というネタにされ、
実生活でもけっこう気に病んでいたことは知りませんでした。

そういえば、何となくうなずけますよね。
こんな画像がありました。

岡村隆史_1

ちと、頭頂部が来てますね。

で、「岡村隆史ハゲ治療」の記事が紹介されていたブログ
「髪の毛にいい食べ物で若ハゲ克服対策」
(図らずも、僕の主張「ポジティブヘッド」とは真逆のブログ。ハゲ・薄毛治療法の紹介サイトのようです)
によると、「オールナイトニッポン」の番組中、出川哲朗さんに
「お前ハゲ薬飲んでるんだろ」と突っ込まれ、「毎日飲んでる」と告白したそうです。
これには相方の矢部さんも「え、ハゲ薬?」と驚いたとか。

岡村さんは以前、薄毛を気にして帽子をかぶっている放送作家に、
「ハゲは恥ずかしくない」「帽子を取れ」などと言っていたそうなんです。

出川さんからそれを指摘されると、「モテるには、毛が必要なんだよ」と謝ったとか。

番組では、「薄毛治療に月3万円払っている」とも告白したらしいですね。
当該ブログによると、病院はだいたい特定できるし飲み薬もわかるようです。
さすが、その道の専門家です。

で、飲んでいるハゲ薬は「プロペシア」「ミノキシジルタブレット」という予想。
プロペシアは、AGA治療でお馴染みの、テストステロンを抑制する薬。
ミノキシジルは「リアップ」の成分ですが、それを経口剤として使っていると。
(これはまだ国内では承認されていないとブログには書いてあります)

本人はハゲ治療の効果を認めていて、
「全身のあらゆる毛がボーボー」と言っているそうです。
(この発言からミノキシジルタブレットという推理が働いたらしいです)

やっぱり、「うつ」を克服してのハゲ治療?

ちょっとシリアスな話になりますが、
岡村さんと言えば「うつ」になってしばらく休業していました。
たまたま見たTVで、相方の矢部っちの献身的な友情ドキュメントをやっていたので、
これくらいは知っています。

うちの原因が「ハゲ」「薄毛」ではないと思います。
他に原因があって、それを見事に克服した。
その上で、「ハゲ」「薄毛」をネタにしようと考えたのではないでしょうか。
でなければ、なかなかこのネタは取り上げにくいでしょう。

それはそれとして、岡村さんの仕事のことですから、外野は黙っていましょう。

ただ、髪のない岡村さんは、そんなにモテないんでしょうかね。
そんな疑問が生まれてしまいました。

岡村隆史_2

この画像を見ると、坊主でもかっこいいですよね。
(隣が坂田師匠だから、ということは別として)

彫りが深いし、つぶらな瞳だし、知的なイメージもあります。
やさしそうな表情もいいですね。

だから、無理して発毛治療をしなくても、
たとえハゲてしまっても、
そのままでも充分かっこいいと思うんです。

今の治療が功を奏して、フサフサの岡村隆史としてのイメージを固めていけば万歳。
そうではなくやっぱり効果がなかった、となったとしたら、
ヅラに走るのではなく、ぜひ頭を丸めてポジティブヘッド岡村として人気を博してほしい。

お笑い的に、そこへ至るまでの過程もネタになりますからね。
どうやってかっこいいハゲになったかとか、モテハゲへの道、とか。
ぜひお願いします。

お声がけいただければ全力でお手伝いします!

 

タグ

このページの先頭へ