ハゲが、ハゲを喰らった!

ついにハゲがハゲと対面した

以前、このブログで「ハゲを喰らう!」というエントリを書きました。
ある方が「西日本にはハゲという魚がいる」との情報をくださり、
それはいわゆる「ウマヅラ」というカワハギの仲間であることを知ったのです。

西日本では普通に「ハゲ」と呼ばれているので、
あちらの地方の「人間のハゲ」は普段からハゲ呼ばわりされているゆえに、
実に強い心を持っているのであるなあ、と思ったのでした。
常に「ハゲの千本ノック」を受けている、と結んだわけです。

そのとき、いつか機会があったら西日本でハゲを食ってやる。
と思いました。ブログのいいネタにもなるでしょ。

そして、ついにその機会がやってきました!
先日、出張で広島へ行ったのです。
実は「ハゲという魚」の情報をくれた人が、広島在住。
じゃあ、というんでフリーになった夜、案内してもらいました。

お店は八丁堀という繁華街の一角。
日本料理と地酒が充実しています。
カウンターを取ってもらっていたので、お店の人とも話ができました。

手の込んだお通しやサラダなどをいただき、
「じゃあハゲのお造りです」と出されたのがこれ。
(レンゲに載っているのは大根の鬼おろしです)

ハゲことウマヅラハギのお造りです

そしてハゲと対面するハゲ

思わずコーフンするハゲオヤジ

 

ハゲのキモは、肝である

ウマヅラは白身ですから、
お皿に並んだ様子はとても可憐です。
ひっそりと身を横たえて、恥じらい入らんばかり……。
もったいないので1枚ずつお醤油につけていただきました。
あー、これは上品。
あんまり食べたことないけれど、フグにも似てますかね。

そして、白身部分の薄造り以外の部位もお皿には並びます。
中でも、「肝」は美味。
ウマヅラもカワハギも、肝を食べねばいかん、と言われてますね。
僕も早速口に運んでみました。

濃厚! とろりとした食感で、えも言われぬ風味が鼻腔を通ります。
舌の上で磯の香りが踊っているみたい。
「海のフォアグラ」と言われる訳がわかります。

これは日本酒がはかどりますね。
広島の賀茂鶴を冷やでいただきました。
いやぁ、絶品の組み合わせ。

その後、他の魚の揚げ物や煮付けなどもいただき、
日本酒をさらに重ねて大満足な夜。

同席した広島の地元人は、「子どもの頃、魚の煮付けと言えばハゲだった」と
おっしゃっていました。それくらいポピュラーな魚であり名前なのですね。

前にも書いた通り、頭の薄い人に「ハゲ食わんか」「ハゲあるで」と普通に言う日常であれば、
心はとても強くなりますね。

ウマヅラを検索していたら、こんな記事を見つけました。
「肝育てて「海のフォアグラ」 ウマヅラハギ養殖で新技術」

広島県の呉市で養殖に成功し、「フォアグラハギ」という名前で県内の飲食店に卸しているとか。
お店で出してくれたのはもしかたらこれかも?
肝がとても大きかったですからね。

写真は上記サイトから

写真は上記サイトから

僕の住んでいる地方でも、ウマヅラを魚屋さんで見かけたら買ってみようと思います。
「これ、ハゲって言うんだぜ」、ウンチクを傾けながらさばいて……
あ、日本酒も買わなきゃね。

タグ

ハゲを喰らう!

知ってました? ハゲって食べ物

ある時、友人のFacebookで、
「いいハゲがあったので煮付けてみた」という書き込みを見ました。

ハゲ、煮付け……

ええと、なんだろ、これ。食べるのか?ハゲを?

決して冗談を言っているわけではないようです。
そんなブラックなこと言う人ではないし。

その書き込みへ、
「ハゲいいなーわたしも食べたい」
「しばらくハゲ食べてない」
「おいしいよね、ハゲ」
というコメントが続いているわけです。

ここまで読むと、食べ物のことだなとわかりますよね。
僕もわかりました。

一緒に上げられていた写真は、煮付けた後のもの。
どうやら魚のようです。身と尻尾が写っているけれど、
いったいどんな魚なのかわかりません。

で、ググってみました。わかりました。
「ウマヅラハギ」のことだったんですね。

ウマヅラハギとはカワハギの仲間で、
カワハギ(本ハギ)の顔の部分がぬーっと伸びたような奴。
釣りに行くと、時々外道として釣れるんですよね。

このウマヅラハギが、西日本では「ハゲ」なんです。
「ハギ」が「ハゲ」に変わったということです。

これが「ハゲ」。正式名称マヅラハギ

これが「ハゲ」。正式名称マヅラハギ

(画像出典:長崎県水産部 http://www.pref.nagasaki.jp/suisan/osakana-top.html )

関東で生まれ育った僕にとって、カルチャーショックでした。
ハゲ、ですよ、ハゲ。
頭にトラブルを抱える人たちには、聞きたくない言葉ですよね。

ハゲ_丸ハゲ

しかも「丸ハゲ」という魚も!

(画像出典:「アドベンチャーぱーちゃん」 http://adventurep.blog40.fc2.com/blog-date-20111012.html )

生まれながら「ハゲの千本ノック」!

当たり前ですが、西日本でも頭髪がアレな人々はいるわけですよ。
そんな人に向かって、「お父ちゃん、今夜ハゲでええやろ」
というお母ちゃんもいるんでしょうね。

で、知りたいのは、そう呼ばれてるハゲのお父ちゃんが、
切れないかどうかってことです。

「お前なあ、俺に向かってハゲハゲ言うな!」
と切れるハゲのお父ちゃんっているんでしょうか。

もしかしたら、西日本には「頭髪ハゲ」の代わりになる言葉があるのかも、
なんて思ってしまいました。
でも、ないですよね。ハゲはハゲです。

とすれば、「ハゲ」が普通に魚屋さんやスーパーに並ぶ地方のハゲ男性は、
「ハゲ」という言葉への耐性ができているということになりますよね。

ことあるごとに、「ハゲ入ってるで」「ハゲうまいけん」「よかハゲやろ」
などなど、言われるというか聞くというか、ハゲのシャワーを浴びることになる。
(方言は想像です)

これが、耐性を作るのかもしれません。
「ハゲ」と言われても自分のことではなく魚を言ってるんだなと思うでしょうしね。

実はこのハゲのシャワー、僕が提唱しているポジティブヘッドXの中でも、
「ハゲの千本ノック」という形で出てくるんですよ。

まだハゲている自分を肯定したくない頃には、
「ハゲ」という言葉を聞くと過剰に反応してしまいました。
この状況を変え、いくら「ハゲ」と言われても平常心でいられるような鍛錬を、
「ハゲの千本ノック」と言っています。

千本ノックは、これと決めた親しい友人や彼女、配偶者に協力してもらうのが理想ですが、
「ハゲ」を食べている西日本の皆さんには、もっとハードルが低いんじゃないかと。
日常的にハゲハゲハゲハゲって聞くことになるんですからね。

ということは、きっと皆さんハゲの千本ノックを完了しているに違いない。
あるいは、その途上にある。

東日本に住んでいるハゲの皆さん。
ウマヅラのことを「ハゲ」と呼ぶ地方に行ったら、
ぜひ頭をさらしながら「ハゲください」と言ってみたらいかがでしょう。

お店の人はあなたの頭を見ながら、
「はい、ハゲ一丁! 毎度おおきに!」と言うに違いありません。

あなたは「共食いだよな」とか何とか冗談で返しましょう。
その場がなごみますし、あなたのハゲ耐性もワンランクアップします。

知らず知らずのうちに、ハゲ耐性を獲得している西日本のハゲの皆さん、
あなたたちこそ、ポジティブヘッドと呼ぶに相応しいと思うのです。

タグ

このページの先頭へ