「ラーメンで育毛」とは!?

一見、髪に悪そうな食べ物なのに?

よく、「ラーメン食べ過ぎは髪によくない」と言われます。
三度の飯よりラーメンが好きな僕は、
「因果応報」「だからそうなった」などと言われてるに違いありません。
(被害妄想か)

でも、脂の取りすぎはハゲには関係ない、という説もあるんですよ。
毛穴が脂で詰まっていても、脱毛にはつながらないと。

これはそのうち採り上げますので、今日はさわりだけ。

そうそう、ラーメンが髪によくないという話。
これを真っ向から否定するサイトを見つけました。
「ラーメンバンク」というラーメン情報サイトに掲載されていた広告。
ですので、ダイレクトリンクではなく、ラーメンバンクのURLを載せます。
http://www.ramenbank.com
もし、出稿がもう終わってたらごめんなさい。

広告商品は、髪によいシャンプーです。
その広告サイトのヘッドラインは、「ラーメンで髪を食育」。
「ラーメンから『シスチン』を摂取すれば髪によい」という理論です。

ところがサイトを見ると、「パンテトン酸」が多く含まれているネギを
ラーメンにトッピングすべしというコラムが一番上に来ています。
「シスチン」はどこ行った?

ネギを大盛りにしたラーメンで育毛?

しかし、ネギはどれくらいの量を乗せればいいんでしょうねぇ。
この写真のように山盛り? こんなトッピングをやってる店は
そう多くはないでしょうに。

だけどその下には、髪を構成する「ケラチン」というタンパク質を
形作るアミノ酸がずらっと並んでいるけれど、パンテトン酸は入ってない。
タンパク質の合成に不可欠なビタミンCの働きを助けるという役割だとか。
なんだ、脇役もいいところ。

で、肝心のシスチンは「麺類にも含まれている」としか書いてない。
麺をどれだけ食べればいいのか、これまたわからない。

とにかく広告メッセージの運び方が下手くそ

その下には、シスチンと並び、グルタミン酸も髪を
構成するアミノ酸として重要と書いてあります。
「サラダに塩昆布を加えればグルタミン酸の摂取に役立つ」だって。
だけど、ラーメンとの関係には触れてません。

おいおい、「ラーメンで育毛」という導入をしておきながら、それはないでしょうよ。
ラーメンづくりには無くてはならないアイテムですよ。
今でこそ無化調を謳う店も多くなりましたが、完璧に無化調にするには難しい。
どこかしらでグルタミン酸は使われてると思います。

脱線するからそのへんには突っ込みませんが。

サイトをこのへんまで読むと、「これ、何が言いたいの?」と疑問が湧きます。

髪を構成するのに役立つアミノ酸を、食べ物から摂ろう——ということが
ダラダラと表組みで書かれていて、「だから何だよ」といらいらしつつ、
最後までくると「シャンプーも使おう」というフレーズと商品写真。

せっかく「ラーメンで育毛」というヘッドラインで引っかけて
そのサイトに誘導してきたのだから、
ネギラーメンを食べようというだけじゃダメでしょう。

もっと、「ラーメンが髪にいい」と深掘りしないと、
ラーメンバンクに来るようなラーメン好きは離れちゃいますよ。
僕がそうですから。あ、そもそも育毛なんてどうでもいいんですが(笑)

構成が中途半端というか、手抜きというか。

あと、アミノ酸のことをあれこれ解説して、数字もいっぱい出してるんだけど、
どこにも出典が書いてない。信頼感が皆無です。

なんかこう、バラバラの素材を並べて、「さあ買え」と言っているみたい。

ポジティブ・ヘッドな僕たちは、育毛よりも頭皮ケアに興味があります。
だからここのサイトで得るものはないと思います。
だけど、一消費者として広告サイト批評をしたとき、この仕上がりは残念の一言。

シャンプーの解説サイトは、けっこう頑張っているんですがね。
広告制作の依頼、こないかな(笑)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年11月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛・増毛・発毛・カツラ


トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ