「中国」をネタにしたハゲ恐怖訴求

PM2.5と頭皮ケアとの関係とは?

2013年に入るあたりから、「PM2.5」という言葉が
世間を騒がせ始めましたね。

言わずと知れた、中国から飛来する汚染物質です。
黄砂に付着して飛来するので、吸いこんでしまうと喘息や
脳梗塞のリスクが高まる。
しかも杉花粉と結びついたりすると、花粉症がさらに悪化。

こういった警告というか脅しというか、
そんなニュース記事やTV報道が相次ぎました。
「PM2.5測定値」なんてのも発表されていました。

1日平均値が70μg/m3(1μg=1/1,000mg)を超えると
健康被害が起こると言われています。

こりゃ大変だよ、とマスクをした人が街に増えましたよね。

ただ、僕の周りにはこの微細粒子のせいで
健康被害をこうむったという人はまだ現れていません。
あくまでも、僕の周りですよ。

どこ行っちゃったんでしょうね。
さっきしたクシャミがそのせいかも。

そんな中、黄砂+PM2.5をネタとしたヘアケアの記事がありました。
一見、記事の体裁を取っていますが、「広告」のニオイがします。

恐怖訴求のヘアケア広告

このページによると、汚染された黄砂が頭皮に残留すると
頭皮のコンディションが悪化し、
フケやかゆみ、血行不良の原因になり、

それらが抜け毛を引き起こすことになる。
のだそうです。

そうならないためにも、銀座にあるクリニックへ行きましょう。
そう結んでいます。
コースや料金などもちゃんと載っています。

ええと、やっぱどう見ても広告ですね(笑)

たしかに、頭髪のある人は黄砂が毛髪にくっつくと
シャンプーだけでは流しきれない、
ということも起こりうるでしょうね。

当該ページでは、黄砂飛来が予測される日には外出を控え、
外出する際は帽子などをかぶって頭皮を保護しよう、
といった注意書きも載っています。

帽子をかぶっていれば、大丈夫のような気もしますが。

ま、いずれにせよ、髪があると大変だなぁと、
僕は思ってしまいました。

ハゲ坊主やハゲスキンならば、
ふだん通りのシャンプーで洗い流せますから。

1時間半の「トータルヘッドセラピー」で
40000円払うこともないでしょう(笑)

悩んでいる薄らハゲのあなた、
黄砂やPM2.5で禿げてしまう!と恐れるより、
さっぱりと髪を落としてしまいましょう。

しかし恐怖訴求広告といっても、
それほど効果がないように思えるのはなぜだろう。

たぶん、「こじつけ」が多いからかな。
(独り言)

黄砂といえばこんな曲もありましたね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア


トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ