ポジティブ・ヘッドなラブソング

ポジティブ・ヘッドは、女性に懲りない(のか?)

夏の後ろ姿を見送り、もう秋になっちゃって、アロハもあまり着られなくなっちゃって。
何となくしんみりとした曲を聴きたくなります。
たとえば僕の大好きな「クレイジー・ケン・バンド(CKB)」の
「秋になっちゃった」とか「せぷてんばぁ」とか。
CKBというと、実はポジティブ・ヘッドのイメージリーダーである横山剣さん。
ご本人がポジティブ・ヘッドかどうかは不明ですが(それについては稿を改めて)、
帽子を実にうまく組み合わせるファッションは、見習いたいですね。

ハマの世界大使

横浜在住のオヤジたちにとっては心の支え。アルバム「ITALIAN GARDEN」は発売以来ずっとヘビロテです。

で、CKBでは他にも「ガールフレンド」という曲も、この時期おすすめ。

暑い夏のせいで、若い子に手を出しかけた男。曖昧なデイトで曖昧なキスをしてみたけれど、
あと一歩を踏み出していいかどうか。踏み出せないでいるうちに彼女は他の誰かとできてしまって。
まるで中学生みたいに切ない気持ちを抱えながらも、まだ懲りないぜ、とうそぶいてみる。

大意はそんな感じです(たぶん)。
この中に、
「OYA-Gになって頭薄くなっても あいやいやいやい」
というフレーズが出てきます。
そうそうそう。
ここが大切。
髪が薄くなろうが禿げて来ちゃおうが腹が出ようが、
懲りないでどんどん恋しようじゃないの。
すっごく元気づけられる曲なんです。
(現実的に、恋が成就するとは限らない。いろんな立場もあるでしょうし。
でも憧れるだけなら自由だ)

耳ざわりのいい言葉をラップもどきに滑らせているだけの、
薄っぺらい「元気出そうぜソング」とは、格も深みも違います。

生涯現役、ポジティブ・ヘッド!

CKBでもう一曲、まさにポジティブ・ヘッドなナンバーがあります。
「ミニスカハコスカヨコハマヨコスカ」
ちょいとゴーゴーでも踊り出せそうなアップテンポのファンキーなナンバー。
タイトル通り、ミニスカ履いた横須賀生まれのお姉ちゃんがハコスカ運転してて云々という歌詞。
で、その子にちょっかい出そうとしているエロオヤジ。
そのオヤジを形容する歌詞が、
「太陽頭のエロなおっちゃん」。

ライブでこの曲をやったとき、ステージのバックにアニメが流れて、
この歌詞に合わせてエロなおっちゃんの帽子がぴゅっと飛ぶ、というシーンが。
そのおっちゃんの頭は見事に光っていたのです。

太陽頭=ポジティブ・ヘッド

いや~、自信をもらいました。
その曲はこう続きます。
「生涯現役エロなおっちゃん」と。

「現役」が何を指すかは人それぞれでしょうが、
どこかしらをくすぐられて、やる気になる曲ですね。

よく知らないけれど、エロの追求にもエナジーが必要です。
エナジーがあれば、ポジティブになれる。
剣さんの音楽にハゲまされつつ、頑張ります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ