メガネオヤジで行こう!

薄毛頭から視線を逸らす働きはあるが

頭が薄くなり始めると、まずそれを隠そうとする行為に走ります。
分け目を変えたり帽子をかぶったり。
前者は、僕が床屋さんで親切心からやってもらっていた対処法です。
ポジティブヘッドにしてしまえば分け目なんて無くなるから、あまり考えなくてもよろしい。

後者は、ファッションの見地からうまく利用したいアイテムです。
帽子については、このブログでも何度か述べました。
隠すのではなく、ファッションアイテムとして捉えること。

ポジティブになる前なら、人の視線を自分の頭からそらすためにメガネや髭を加える方も多いでしょう。

その効果は無下に否定はしません。
とてもよくわかる。

でもね、どっちみちあなたの頭は相手の視界に入っているわけですよ。
あ、メガネのせいで禿げてるの気づかなかった。ははは!
なんて具合になるわけないじゃないですか。
そんなこと言われたら、そこまで気をつかわなくても……と悲しくなりますよね。

有髪の人たちと同じく、メガネは重要なファッション・アイテム。
髪がないからこそ、メガネが引き立ち、
あなたの顔をトータルに創ってくれるんです。
視線そらすため、などというケチな役割で終わらせてはいけません。
メガネは顔の一部、というのは本当なんですから。

禿頭込みで、メガネを活用しよう

若い頃からメガネをかけていた方は、既に何本も持っているでしょう。
もちろん、目が悪くなくても「伊達メガネ」でいいんです。

髪を落とし、さっぱりすっきりの顔と頭がカンヴァス。
そこへ、どのようなメガネで自分自身を描くか。

メガネのデザインも価格もピンキリ。
安くてデザインの選択肢もたっぷりあるメガネか。
職人が造った「この一本」という高価なメガネか。

どちらもアリだと思います。
前者はほんとうにたくさんのバリエーションが揃っているし、
フレームデザインも先端を行っている。
後者は、吟味を重ねて選び抜いたお気に入りのフレームで、
何年もずっと愛用していきたいもの。

要は、似合っていればいいのです。
ただ、以前のエントリーでも述べた「インヴェストメント・クロージング」
という考え方に則れば、長く付き合える「この一本」が気分なんですね。

ま、両方を使い分けつつメガネのお洒落を楽しみましょう。

これぞメガネという黒縁フレーム

確かに視線は下りてきますが、メガネでハゲ頭に気づかなかったなんてことはないですよね。飽きのこないフレームです。

フレームが見えないから自然な感じの表情に

これはリーディンググラス(要は老眼鏡ね)。ちょっと繊細な感じ?

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ