能あるハゲは頭をさらせ

 

爪を隠すか頭隠すか

誰もが知っている「能ある鷹は爪を隠す」という諺があります。
意味は言うまでもないでしょう。

でも、なぜこのブログの冒頭でいきなり採り上げるのか……。

前山さん、どうしちゃったんですか。
国語の先生でもやってたんですか。

いやいや、そんなことはありません。

これはポジティブヘッドに関する大事な前振りです。

子供の頃、「小学○○年生」という学年誌にユーモアのコーナーがあり、
諺をもじったギャグが並んでたわけですよ。
その一つに、

「能あるハゲは頭隠す」

というフレーズがありました。

「床屋泣かせ」と言われた、剛毛がぼーぼー生えていた僕は、
「げへへへ、馬鹿だなー」と笑い、その場で忘れていたのですが、
ある時まるで記憶のベールを剥がすように浮上してきたのです。

そう、それは頭が薄くなり悩み始めた頃です。

そう言えば「能あるハゲは頭隠す」ってギャグがあったな〜と。
その時の挿絵まで思い出されてきました。

ハゲチャビンの親爺が、帽子をかぶって恥ずかしそうにしている絵でした。
もしかしたらカツラだったかもしれない。

でもそんなビジュアルとともに「頭隠すハゲ」のフレーズが、
頭から離れなくなりました。

能あるハゲになりたかったら、やはり帽子をかぶり続けたり、
あるいはヅラにしなければならないのだろうか。
そんなことができない僕は、無能なハゲなのだろうか。

毎日、この言葉をリピートしながら暗い日々を送っていました。

「頭をさらす」で行こうじゃないか

能あるハゲになろうとしてなれず、鬱々とした日々。
そこである出来事を経てポジティブヘッドへの道を歩み始めたことは、
もうずいぶん前から繰り返し書いてきました。

それは、「あなたのハゲ頭なんて誰も気にしてないですよ」という、あの一言。
カメラマンのアシスタントをやっていた女性に言われたんです。
それ以来、僕の中でハゲコンプレックスは完全に吹っ切れ、今に至っています。

「能あるハゲは、頭をさらす」

ハゲ頭をさらしている人は、自信を持ったハゲです。
自分の頭と姿に自信を持ち、堂々と、毅然としているハゲです。
ファッションにもエチケットにもその人らしさを行き渡らせ、
知性が端端にのぞいている。

吹っ切れていないハゲからすると、どうして頭をさらせるんだと、
不思議な存在に思えることでしょう。

僕らポジティブヘッドからすれば、ごく自然に振る舞っているだけなんです。

「人のハゲなんか全然気にされない」というのが出発点だとしたら、
「あの人はなぜあんなに魅力的なのか……あ、ハゲだからだ」と、
一周回ってハゲ頭に注目されるくらいにならねばいけません。

「気にしないハゲ」から「気になる存在のハゲ」へ。
どうしても放っておけないハゲへの、ポジションチェンジ。

これこそが、ポジティブヘッドの到達点です。

もう一度言います。
「能あるハゲは、頭をさらす」

心に刻んでおいてください。

タグ

発毛剤の広告に、Kinki Kidsが!

光一くんと剛くん2人の顔を合成したミスタープログレ

光一くんと剛くん2人の顔を合成したミスタープログレ

出典:www.daiichisankyo-hc.co.jp

 

薄毛ネタが下地を作っていたんだって

6月末、第一三共ヘルスケアの「カロヤン プログレ」という発毛剤の、
TVコマーシャルが記者発表されました。

そのキャラクターはなんと、「Kinki Kids」の2人。
もちろんジャニーズ事務所です。
薄毛、ハゲに通じるイメージの発毛剤CMに出すとは、
ずいぶん思い切ったものですね。

もっともその前にはSMAPの中居正広さんと草なぎ剛さんが、
育毛シャンプー「スカルプD」のTV-CMに出演していますね。
このお2人は以前から薄毛、ハゲ、頭髪が危ないなどと言われていて、
出演が決まった時は「遂に認めたか」などと評判になったものです。

中居さんはCM発表会で「父親がツルッぱげ。ハゲ遺伝に勝つため育毛に励む」
ということをおっしゃったそうです。
まあ、父親がハゲだから息子も、というのは遺伝学的にちょい違ってますが……。

それから4年、もう30代半ばを過ぎたKinkiの2人もついに、という感じです。
前々から堂本光一さんは「ヅラ疑惑」があったそうです。
あまりにサラサラヘアでスタイルがいつも一緒だから、だと。
これは自分でもたびたびネタにしていて、ライブのMCでは爆笑ネタとのこと。

さらに、「髪型が変わらないねと言われたらどうする?」という質問に、
「もう被るだけだからね、と答えるよ」と平然と返したそうです。

こんな下地があって、Kinkiのお2人にカロヤンから白羽の矢が立ったというわけです。

第一三共ヘルスケア株式会社「カロヤン プログレ」登場篇

女性ファンの攻略というカロヤンの戦略

ジャニーズは永遠のアイドルを送り出している、夢の事務所。
だから、年を取ったからと言って、ハゲさせるわけにはいきません。
並み居るジャニーズタレントを見渡してみてください。
ひとりもハゲてませんよね。

ハゲ・薄毛の確率がどれくらいか正確にはわかりませんが、
そうなるジャニーズメンバーがひとりもいないことは考えられません。

ていうことは、やってますかね……
いや、ヅラってことじゃなく(そうかもしれないけれど)、
発毛や育毛ですよ、ええ。

たぶんね、みんな気付いている。
特に女性は、生え際や頭髪の密度に敏感ですから。

こないだまでちょっとハラハラしてた子が、
昨日見たらずいぶん濃くなってた。あれ、何か怪しいかも。

とか何とか。僕の妻もそんなこと言ってますから。

今回のカロヤンで、なぜKinki Kidsを起用したのか。
ジャニーズが育毛関係に出る、という単純なインパクトの他に、
女性を訴求ターゲットにしているのではないかと思うのです。

女性向けの商品じゃないですから、直接ターゲットではない。
間接的に女性を攻めて、旦那さんなり彼氏なりに勧めてもらう。
そんな広告効果を期待しているのではと推測します。

ほら、光一くんも危ないからこれ使ってるのよ。
あなたはもっと危ないんだから、なおさら使わなきゃ。

なんて会話を期待しつつCMを送り出しているのでしょうね。

僕が薄くなってきた時、男性アイドルも使ってるんだから、
と彼女とか妻に言われたらどう思ったかな。

そういったものを使っていなかったら、使うきっかけにはなったかもしれません。

しかし、ポジティブヘッドになった今はどうか……
少なくとも、発毛や育毛、カツラ関係などにはまったく心が動かないでしょうね。
セレブリティを起用したモテハゲ関係のプロモーション、何かないのかな。

なければ僕がやっちゃおうかな。
そんなことも考えていますよ。へへへ。

タグ

ハゲのメタルユニット!?

あーついに出たか、大物ハゲ

ちょっと前、SNSで盛んにRTされたりシェアされたりしていた、
芸能関係のニュースがあります。

「坊坊主」というユニットです。

http://www.teichiku.co.jp/artist/boubouz/

頭の形も似てますね。

坊坊主公式ウェブサイト

見ておわかりの通り、
「爆風スランプ」のサンプラザ中野くんと、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さん。

お馴染み、サンプラザ中野くん。スキンヘッドとサングラスって、当時はとても新鮮でした

お馴染み、サンプラザ中野くん。スキンヘッドとサングラスって、当時はとても新鮮でした

某タレントさんとの破局でも話題を提供してましたね

某タレントさんとの破局でも話題を提供してましたね

このユニット結成を知った時、
あれ、サンプラザ中野くんてハゲてたのか?!

そう思いました。
だって、デビューした頃(20代前半?)からスキンヘッドにしてましたから。

調べてみたら、バンドを始めたばかりの時、ボーカルのビジュアルを際立たせるため
メンバーみんなからスキンヘッドを提案され、それ以来続けているのだそうです。
写真を見ると、生え際はまだまだ前の方にありますよね。

対して、小峠さん。
バイきんぐでブレイクしてお茶の間に顔が売れました。
最初から「ハゲ」をネタにしていたような記憶があります。
動画を見ていても、生え際はかなり後ろの方というか、ぼやっとしてます。

で、坊坊主のリリースした曲が、「励メタル」。

ハイスピードなメタル調の楽曲です。
あのお馴染みのサンプラザ中野さんの声(いい声だと思います)で、

共に励もう 励メタル〜♪

と歌ってます。

YouTubeのMVでは、二人の頭を道行く人に触らせてます。
御利益があるのかな〜とつい撫でてしまうんでしょうね。
いやぁ、僕も撫でてほしいな。1回50円くらいで。

何が狙いなのだろうか

先ほど、サンプラザ中野くんは「特にハゲではないかも」と書きました。
ハゲたからスキンヘッドにしたわけではなく、
後頭部を見ても毛根の青さは確認できるんです。

ではなぜ「励メタル」というハゲの歌を作ったのか?
小峠さんを励ましたかったのか、人気者にしたかったのか。

小峠さんはご自身かなりのロック好き。特にパンクロックが好きなんだそうです。
爆風スランプのファンでもあったと言っています。
パートナーにするには充分な素養があったのでしょう。
(サンプラザさんは『ほうれい線が自分と同じだ』とよくわからない理由を挙げています(笑))

ここで注目したいのが、やはり「ハゲ」ということ。
ハゲって、やっぱり波が来てるんじゃないかなと思うんです。

先日紹介したトレンディエンジェルの斎藤さんも、
ハゲをネタにしてダンスユニットに参加しています。

テレビにはスキンヘッドの人たちが当たり前のように出演しています。
「ハゲ」という言葉にも、以前のようなタブー感が薄れてきた気がします。

少しずつ、ハゲは日常生活に刷り込まれてきています。
ハゲた男性はかつてのようにコンプレックスに押しつぶされて
暗黒の中に生きるのではなく、
もっと堂々と主張すべきである、と。

もっと言うと、ハゲはビジネスになる。

株取引の世界に浸っていたサンプラザさんのことですから、
「ハゲ」を扱うことによってビジネスができると察知したのではないでしょうか。

ハゲビジネスは、確実に来ています。
しかも、育毛や発毛、増毛ではなく、「ハゲ」そのものへの賛歌、
ハゲ・ライフを謳歌する生き方を、全面的に押し出している。

事実、僕だって「ハゲのためのテキスト」を作っているのですから。
「ポジティブヘッドのススメ」

サンプラザ中野くんデビュー30周年記念でもあるこのユニット。
どんな進化の仕方をしていくのは見守っていきたいと思います。

参考:NAVERまとめ「恋よりロック!?破局の小峠、サンプラザとハゲしいユニット!「坊坊主」

画像参照
サンプラザ中野くん http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=99090046
小峠英二 http://news.livedoor.com/article/detail/9329895/
坊坊主 http://www.teichiku.co.jp/artist/boubouz/

タグ

このページの先頭へ