ハゲがいじられるダンスが流行っているらしい

あの人のハゲ嗤いで、歴史が動いた

ちょっと前、ネットの情報サイトで、
お笑い芸人が踊るダンスが面白い、というのを見つけました。

なんでもキレキレのダンスと覚えやすい曲のおかげで、
「自分も踊ってみた」という動画もずいぶんたくさん投稿されているとか。

もうご存じかもしれませんが、「エグスプロージョン」という人たちによる、
「踊る授業シリーズ」というやつです。

いやもう、これ、思わず見入っちゃう。

元プロのダンサー(?)で、現・吉本所属の二人です。
歴史上の出来事を採り上げ、それをわかりやすく解説しつつ、
繰り返しのリズムに乗って踊ってみせる。

何本も作品が上がっていますが、中でも「本能寺の変」が、
強く胸を打ちました。

これは言うまでもなく、明智光秀が織田信長を奇襲によって
死に至らしめたクーデターです。

天下統一を成し遂げようとしていた信長は、
それを目前にして無念の最期を迎えました。

なぜ光秀はあのような挙に出たのか。
いろいろ言われていますが、この二人は「ハゲをからかわれていたから」
という説に則っています。

ことあるごとに光秀を「キンカ頭=ハゲ」と呼んでいました。
ある時などは森蘭丸に鉄の扇でハゲ頭を叩かせて、
出血させたこともありました。
信長の嗜虐性が光秀を標的にしてしまったのですね。

そして1582年の6月1日、中国地方で毛利軍勢と戦っていた
豊臣秀吉に加勢するため、光秀は13000の兵を連れて京都を出発。
しかし、桂川を渡ったところできびすを返し、
「的は本能寺にあり」と叫んだのです。

あとはもう、ご存じの通りです。

信長の「ハゲいびり」が本能寺の変の原因となった、という説が強いんですね。

本当のハゲが一緒に踊ると……

で、このエグスプロージョンさんたち、吉本所属ですから、
同僚の芸人さんはたくさんいます。
その中から、「薄毛」を持ちネタにしているハゲ芸人がジョインしました。

トレンディエンジェルの斎藤司さんです。
ラップ調のフレーズで「ハゲラッチョ」とか歌っているネタ、
僕も見たことあります。

トレンディエンジェル

右が斎藤さん、左は須藤敬志さん

ダンサブルなネタをやっているだけあって、
踊りはうまいんでしょうかね。
こちらが、斎藤さんが入って踊っている本能寺の変。

なんというか、この斎藤さん自身を僕があまり知らないこともあり、
いまいち乗れないんです。

斎藤さんはハゲキャラではありますが、
あくまでも「かっこ悪いハゲがかっこつけて嗤われてる」
というスタンスの芸風のようです。

つまり、ハゲなんかいくらかっこつけても、
しょせん笑いものでしかないんだよ。

こんな声が基底を貫いているのではないでしょうか。

まあ、嗤ってもらうのがお仕事ですから、
それを否定するものではありません。

ただ、他のネタでモノマネをよくやりますが、
ハゲがやるとかえってかっこ悪くなる、
かっこいい男たちのモノマネというかコスプレはねえ。

かっこ悪いハゲにしか軸足を置いていないのが、
とてももったいないと思うのです。

かっこ悪い分歌がめちゃくちゃうまかったり、
髪があった頃は相当なイケメンだったり、
ギャップはうまく利用していると思います。

でも、嗤われるためのかっこ悪いハゲを見るにつけ、
とても痛々しいものを感じてしまうのです。

そんなわけで、斎藤さんをフューチャーしたバージョンの
「本能寺の変」には、どうにも乗り切れないのでした。

タグ

ハゲを喰らう!

知ってました? ハゲって食べ物

ある時、友人のFacebookで、
「いいハゲがあったので煮付けてみた」という書き込みを見ました。

ハゲ、煮付け……

ええと、なんだろ、これ。食べるのか?ハゲを?

決して冗談を言っているわけではないようです。
そんなブラックなこと言う人ではないし。

その書き込みへ、
「ハゲいいなーわたしも食べたい」
「しばらくハゲ食べてない」
「おいしいよね、ハゲ」
というコメントが続いているわけです。

ここまで読むと、食べ物のことだなとわかりますよね。
僕もわかりました。

一緒に上げられていた写真は、煮付けた後のもの。
どうやら魚のようです。身と尻尾が写っているけれど、
いったいどんな魚なのかわかりません。

で、ググってみました。わかりました。
「ウマヅラハギ」のことだったんですね。

ウマヅラハギとはカワハギの仲間で、
カワハギ(本ハギ)の顔の部分がぬーっと伸びたような奴。
釣りに行くと、時々外道として釣れるんですよね。

このウマヅラハギが、西日本では「ハゲ」なんです。
「ハギ」が「ハゲ」に変わったということです。

これが「ハゲ」。正式名称マヅラハギ

これが「ハゲ」。正式名称マヅラハギ

(画像出典:長崎県水産部 http://www.pref.nagasaki.jp/suisan/osakana-top.html )

関東で生まれ育った僕にとって、カルチャーショックでした。
ハゲ、ですよ、ハゲ。
頭にトラブルを抱える人たちには、聞きたくない言葉ですよね。

ハゲ_丸ハゲ

しかも「丸ハゲ」という魚も!

(画像出典:「アドベンチャーぱーちゃん」 http://adventurep.blog40.fc2.com/blog-date-20111012.html )

生まれながら「ハゲの千本ノック」!

当たり前ですが、西日本でも頭髪がアレな人々はいるわけですよ。
そんな人に向かって、「お父ちゃん、今夜ハゲでええやろ」
というお母ちゃんもいるんでしょうね。

で、知りたいのは、そう呼ばれてるハゲのお父ちゃんが、
切れないかどうかってことです。

「お前なあ、俺に向かってハゲハゲ言うな!」
と切れるハゲのお父ちゃんっているんでしょうか。

もしかしたら、西日本には「頭髪ハゲ」の代わりになる言葉があるのかも、
なんて思ってしまいました。
でも、ないですよね。ハゲはハゲです。

とすれば、「ハゲ」が普通に魚屋さんやスーパーに並ぶ地方のハゲ男性は、
「ハゲ」という言葉への耐性ができているということになりますよね。

ことあるごとに、「ハゲ入ってるで」「ハゲうまいけん」「よかハゲやろ」
などなど、言われるというか聞くというか、ハゲのシャワーを浴びることになる。
(方言は想像です)

これが、耐性を作るのかもしれません。
「ハゲ」と言われても自分のことではなく魚を言ってるんだなと思うでしょうしね。

実はこのハゲのシャワー、僕が提唱しているポジティブヘッドXの中でも、
「ハゲの千本ノック」という形で出てくるんですよ。

まだハゲている自分を肯定したくない頃には、
「ハゲ」という言葉を聞くと過剰に反応してしまいました。
この状況を変え、いくら「ハゲ」と言われても平常心でいられるような鍛錬を、
「ハゲの千本ノック」と言っています。

千本ノックは、これと決めた親しい友人や彼女、配偶者に協力してもらうのが理想ですが、
「ハゲ」を食べている西日本の皆さんには、もっとハードルが低いんじゃないかと。
日常的にハゲハゲハゲハゲって聞くことになるんですからね。

ということは、きっと皆さんハゲの千本ノックを完了しているに違いない。
あるいは、その途上にある。

東日本に住んでいるハゲの皆さん。
ウマヅラのことを「ハゲ」と呼ぶ地方に行ったら、
ぜひ頭をさらしながら「ハゲください」と言ってみたらいかがでしょう。

お店の人はあなたの頭を見ながら、
「はい、ハゲ一丁! 毎度おおきに!」と言うに違いありません。

あなたは「共食いだよな」とか何とか冗談で返しましょう。
その場がなごみますし、あなたのハゲ耐性もワンランクアップします。

知らず知らずのうちに、ハゲ耐性を獲得している西日本のハゲの皆さん、
あなたたちこそ、ポジティブヘッドと呼ぶに相応しいと思うのです。

タグ

【書評】なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか

ハゲはクールさのアイコン

ポジティブヘッドのことを書いたり語ったりしていると、
「こんな情報があるんだけど」と、教えてくれる人が増えてきました。

ハゲでもカッコいい俳優ランキングがあるよ。
こんな増毛法が人気らしいけど、知ってた?
面白い地名があるんだって、増毛とかって。

中には、
俳優の●●と△△はヅラだってさ。
などという暴露情報も集まってきます。

玉石混淆とは言えますが、ハゲ情報を面白く楽しんでます。

この本も、その情報の中から見つけたものです。
「なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか」福本容子・著 講談社刊
著者の福本さんは、TBSのニュース番組にもコメンテーターとして出演してますね。
(知的で美しい方です)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%9C%AC%E5%AE%B9%E5%AD%90

タイトルからおわかりの通り、イケてる人たちにはハゲが多い、という内容です。
福本容子さんは毎日新聞の論説委員。世界のリーダーたちとも交流があり、
彼らの中にハゲの割合が多いことに気付きました。

気になったらとことん調べるというジャーナリストの本能で、
各界を動かしている何人かの「ハゲ」について書いています。

パスカル・ラミー:世界貿易機関(WTO事務局長)
ウィンストン・チャーチル:イギリス首相
ウィリアム・ヘイグ:イギリスの政治家
リック・スコット:アメリカ・フロリダ州知事
ジャック・ウェルチ:GEのCEO
ロイド・ブランクファイン:ゴールドマンサックスCEO
日本人では、渡辺謙さんにも触れています。

それから興味深いことに、以前このブログでも採り上げた、
「ハゲている男性ほど自信にあふれ、リーダー的で、男らしさを感じる」
という大学の調査も紹介しています。

要は、自信。それが最大の要素

彼ら、世界の一線で活躍しているハゲたちは、
ハゲていることに対するコンプレックスなど
まったく感じていない(あるいは、そう見せていない)。

むしろ、ハゲをネタにしたジョークや警句で、
人心をギュッと掴むすべをものにしている。

ハゲはハゲ。自分のことだから仕方ないし、
隠す努力など無駄でしかないことをよくわかっているんです。
もちろん、弱点などではないし、
薄毛やハゲが男性の力強さを物語っていることをじゅうぶん理解しています。

「ハゲたら終わり」という、日本を支配している悲観的な風潮など、
微塵も感じられないではありませんか。

そう、彼らに共通しているのは「自信」です。
自らの世界で一流、一線の立場にいることへの、強い自負心が放射されています。

でも……前山さん……あの人たちは既にそのポジションにいるわけですよね。
だから自信を持っていて当たり前です。
私たち何の取り柄もないただの男は、自信なんて持ちようがありません。

なるほど、確かにそうですね。
あなたも、もちろん僕も普通の男です。政治やビジネスのリーダーでもありません。

じゃあ、彼らはそのポジションを得るまでの間、ずっと自信なさげにしてたんでしょうか。

そんなことはないはずです。
とにかく自信を持って振る舞い、行動し、周囲に影響を与え続けてきたことでしょう。
つまり、発展途上においても自信を持ったハゲとして存在感を露わにしてきたはず。

まずは、外観を整え、行動に移し、「デキハゲ」であることをアピールする。

カタチから入るんです。ね、好きでしょ。

あなたのことを知らない初対面の人にも、
「お、何だかこの人できそう。ハゲてるけど、それも魅力」
というイメージを植え付けることが大切です。

何度も言っていますが、「人は見た目」なんです。
外観が内面を創造していく──これは真実です。

人は願い事を十回口にすると叶う、と言います。
口と十を足すと、「叶」ですからね。

モテハゲの心得で外観を整えることは、これと同じです。
あなたも僕も、常日頃からデキハゲアピールをしているんですよ。

自信を持っていいんです。
あなたのハゲはクール。

それは真実なんですから。

タグ

このページの先頭へ