ハゲにとって残酷な漢字

「毟」という字は恐ろしい

この間、本を読んでいて

「毟る」

という字に出くわしました。

「むしる」という読みだと何となくわかったんですが、
書けと言われたら、たぶん書けません。

なるほど、ワープロの影響なのか漢字が書けなくなったなあ、
どんな構成なんだろうなあと、よくよく見たら……。

けっこう怖い字なんですよね、これ。

少ない+毛

なんですよね。
毛が少なくなる。

毛を毟る、羽を毟る、草を毟る。
スルメを毟って食べる。
金を毟り取られる。

何かこう、残酷な空気すら漂ってくる字です。

調べてみると、中国から渡ってきた字ではなく、
日本で作られた「国字」なんだそうです。

「峠」「鰯」「樫」など、国字ってたくさんあるんですね。
その中のひとつで、日本人には字面から想像しやすいです。

それだけに頭の薄くなってきた人にとっては、
心にグサッと来る漢字でしょう。

それじゃあ、「禿」という漢字はどうなんだろう?
そんな疑問が浮かんだので調べてみました。

物が取れると、禿になる

禿

こちらは、中国で成立した字です。

もともとは、動詞の「剥げる」と同義でした。
「物が取れて離れていく」という意味で「剥げ」が使われるようになり、
同義である「禿」という字が当てられて、今に至ります。

「禿」には、「髪のない頭」の意味もあったので、
非常にすんなりと「剥げ=禿=毛のないさま」とつながったわけです。

では、その「禿」はどんな成り立ちでしょうか。

稲=禾 の実が落ちて、殻(から)になった状態を表しているそうです。
実が無くなった稲の状態を人間の姿に移して、
頭の毛が無くなった人を意味しているとのことです。

ふむ。農業の場で出遭ういろいろな現象が漢字の元になっているのは知っていましたが、
実が無くなった状態の象形文字とは。

なんかもう、落ちぶれ果てた男の姿が浮かんで来るではありませんか。

僕はこの「禿」という漢字があまり好きではなかったのは、
無意識のうちにこの字の原型を受け入れたくなかったからですね。

しょぼくれた、ネガティブな禿を連想させるから、
ポジティブなハゲを志している気持ちと相容れなかったわけです。

僕はもっぱら、「ハゲ」とカタカナで書くように心がけています。
それは故あってのことだったと、今さらながらに気付きました。

ポジティブヘッドの皆さん、ぜひ「ハゲ」はカタカナで!
漢字で書いていると、運気がネガティブになってしまいますよ。

禿に至るまでの象形文字

禿に至るまでの象形文字

出典:漢字物語@47NEWS http://www.47news.jp/
http://www.47news.jp/feature/47school/kanji/post_95.html

タグ

温水洋一さんの毛髪戦略

温水洋一さんといったらこの髪型ですね

温水洋一さんといったらこの髪型ですね

Photo from 「温水洋一と同学年ということに驚いた有名人」番茶速報
http://blog.livedoor.jp/carpdon-bancha/archives/33204503.html

誰が何と言おうと、ハゲ散らかしである。が……

「俳優」よりも「怪優」と言った方が、むしろ近いんじゃないかと、
最近思っているのが温水洋一さん。

さえないおじさん役での出演が多いのはご承知の通り。
愛されるいじられキャラとして、バラエティへの出演も多いです。

人のよさそうな雰囲気なので「癒し系」などと呼ばれますが、どっこい。
実に不気味な表情を見せ、時としてこちらをゾッとさせる方です。

狂気を演じさせたら、実はすごい役者さんなんじゃないでしょうか。

元々は松尾スズキさんの「大人計画」に所属。
もうここは癖のある俳優さんの巣窟って感じの劇団です。

座長の松尾さんはじめ、宮藤官九郎さん、阿部サダヲさん、荒川良々さんほか、
テレビでもお馴染みの個性派の面々ばかりですよ。

そこで鍛えられてきた方ですから、ブラックな演技力も当然ながら身に付けてます。
だから、僕は単なるしょぼいハゲたおじさんではないと見ています。

何というか、「目つき」がちょっと狂気、とは言い過ぎですが、
笑顔を作っていても目だけは笑っていないというか。

ハゲ散らかした頭と相まって、全身から漂う雰囲気は、
内に秘めたナイフのような鋭さをスポイルしているのではないでしょうか。

髪型ではなく自虐ハゲネタに注目したい

役者としての温水分析はさておき(笑)、
彼の髪型について少し書いてみたいと思います。

と言っても、あれをちゃんと九一分けにしろとか剃ってしまえとか、
そういうことではなくて、ご本人が髪の毛の話題を積極的に振ることについてです。

映画やドラマによく出ていらっしゃるので、
プロモーションの一環での初日舞台挨拶やテレビのインタビューにも
高い頻度で登場します。

ある映画の舞台挨拶では、「役作りのために髪を抜いた」と答えました。

——ええと、あの髪は、自分で抜いたんでしょうか?
そんなわけはないとわかっているんですが、思わず「え?」となってしまいます。
これはかなりブラックなネタですよね。

そしてドラマのトークショーに出た時には、
「4倍の速さで生える毛生え薬がほしい」と語ったそうです。

この「4倍」というところに注目したいのですが、
4という数字が当該ドラマとは無関係であるならば、
あまりにも突飛というか中途半端な数字ですよね。

「倍速」、さもなければ「高速」とか「音速」とかって使うと思いませんか。
それを、「4倍速」。
この「4倍速」って、昔ビデオがVHSだった時の言い方にも通じます。

もしかして、古き良き時代を懐かしんでこの数字を持ち出したのかなどと、
深く推測してしまうではありませんか。

かなり変化球ですが、温水的髪型自虐ギャグには
これからも注目していきたいと思います。

タグ

このページの先頭へ