おデブちゃんを「ぽちゃティブ」と呼ぶと可愛い

ポジティブな言い換えが、ここにも

ちょっと前になりますが、「ぽっちゃり型」をターゲットにした女性誌ができました。
「ラ・ファーファ」ぶんか社刊

キャッチコピーは「花咲け ぽちゃカワ女子!」だそうです。
人気芸人の渡辺直美さんがイメージキャラクター。
体型に似合ったファッションやメイクなどをこれでもか、と掲載しています。

心の準備がないと、かなり強烈な印象。
だけど、登場しているモデルさんたちは、とても楽しそうなんですね。

わたしたちのためのファッション誌が、ついにできた!
そんな思いを全身から発散しています。

ファッション誌が売れなくなったと言われずいぶん経ちます。
休刊する雑誌もかなりの数に上るんじゃないでしょうか。

そんな中、登場したおデブちゃん向け雑誌。
しっかりしたマーケットリサーチに基づいたのか、ノリでつくったのか、
外から見てるだけではよくわかりません。

それでも、おデブちゃんクラスターの心をつかんだような気がします。

中身を見てると、登場するモデルさんたちはいわゆる「読者モデル」が多い。
読者にとって親近感を醸成するのが、読モたちの存在です。
その意味では、この雑誌ほど効果を発揮しているケースは少ないのでは。
(それに、経費も抑えられますしね)

ぽっちゃり女子を応援するという編集姿勢は、「ぽちゃティブ」という言葉に表れています。
もちろん、「ぽっちゃり+ポジティブ」の造語です。
彼女たちをそう呼ぶことで、可愛さというヴェールをまとわせようと。

僕たちがハゲを「ポジティブヘッド」と言い換えたように、
おデブ=ぽちゃティブという、
言い換えによる価値の転換が行われました。

ハゲ向けファッション誌があってもいいじゃん

正直な気持ちを言いましょう。
この雑誌を見たとき「やられた!」と思いました。

体型的なコンプレックスを十分理解した上で、彼女たちを可愛く見せる編集方針。
体型ゆえのお悩み相談にもきっちりと誌面を割いている。
そして、イメージキャラクターとして有名タレントを据えている。
(渡辺直美さんの他、元AKB/SKDの野呂佳代さんも登場)

これ、形は違えどヒソカに考えていたことなんです。
実は、以前から「ハゲ向きファッション誌」がつくりたかったのです。

しかし同ベクトルの雑誌を先に創刊されてしまった。
早く動けばよかったなぁ、と。
その時は頭の艶も曇り気味になってしまいました。

タイトルも仮に考えていたんですよ。
「HUGE」=ヒュージ(大きい、という意味)
「HAGE」と誤読してもらえれば成功、と企んでました。

でも、これは「HugE」という既存の男性ファッション誌があるんで潰えました。

ま、それはともかく。

ハゲに似合うファッション、お肌(頭皮)の手入れ、ハゲや薄毛の悩み相談、
異性とのつきあい方、遊びや趣味の情報……
そんなコンテンツの雑誌があったら面白いと思いませんか。

表紙はかっこいいポジティブヘッドのモデル。
いい女を連れてるカットなんかで決めたいな……
と考えていたら、そんな表紙の雑誌がまたまた登場してしまいました。

「MADURO」という雑誌です。セブン&アイ出版。

編集長は、かの「LEON」で一世を風靡した岸田一郎さん。
ああ、またまたやられてしまった。

でも前向きに進まなければ、ね。
それがポジティブヘッドの心意気なのですから。
いつかはつくるぞ、ハゲファッション誌。

心の中で応援していてください。

タグ

2014年5月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション

ラーメンの食べ過ぎは薄毛やハゲの原因、ではない

脂や塩分、不規則な食事は髪に悪さをするのか?

男性にはかなりの割合で、「ラーメン好き」が存在します。
僕もそうです。

ネットが普及し始めた頃、ラーメン情報を発信するサイトがたくさんできました。
だれでもラーメン評論家になれる時代がやってきたのです。
そんなサイトをめぐって情報を集め、食べ歩いていました。

ちょうど時を同じくして、僕の髪は薄くなっていきました。
誰もが「ラーメン食べ過ぎ」と思っていたに違いありません。
僕もそうでした。

理屈はわかります。
動物性脂肪を過剰摂取するから毛穴が詰まりやすくなり、
それが髪にダメージを与えるのだと。

とても納得できてしまう理屈です。

それは今でも変わらず言われていて、
常にこんな内容の記事がネットに上がっています。

カレがラーメン好きなら要注意!「ハゲる男の好む食べ物」5つ

ラーメン以外に、「頭皮や毛髪に栄養が行かなくなる」食物も原因だと書かれています。

栄養士さんがおっしゃているのですから、事実かもしれません。

彼女や奥さんから、こんな食べ物はやめてね、なんて言われた方も多いでしょうね。

でも、薄毛やハゲの原因は、食べ物だけではありません。

ハゲは男性ホルモンの作用による

一方、こんな記事もありました。
なぜハゲるのか?? 原因の物質を特定!!

これによると、男性ホルモンを過剰にさせる物質が悪さをしていると。

「5αリダクターゼ」というものがテストステロン(男性ホルモン)と結びつき、
ジヒドロテストロン(DHT)に変換する酵素だそうなんです。
こいつが脱毛を引き起こすことが、研究によりわかってきたとのこと。

1型と2型があり云々と書かれていますが、
そいつを抑制するビタミンや食材、サプリメントもあるらしいです。

薄くなり始めた方にとっては、飛びつきたくなる情報ですね。

何度も書いていますが、僕のように生え際が後頭部の下の方にまで下りてしまった
(おでこが上がる、なんてもんじゃない)
男にとっては、今さら薄毛を食い止めたり髪を増やしたりの情報は不要です。

ただ、「ラーメンは髪に悪い」という誤解というか盲信を解いておきたい。

ラーメン好きにとって、気をつけなければいけないのは
やはり食べ過ぎによる生活習慣病ですね。

これはここで書かなくても、十分ご承知のことでしょう。

ポジティブヘッドにとって戦わなければいけない相手は、
メタボリックシンドロームそのものです。

敵は大きい。そして手強い。

でも、髪への不安や心配、そして虚しい抵抗やハゲ隠しなどの
小細工をする手間が不必要な分、もっと健康を気遣うことができるようになります。

もう若くはない。
禿げていてもフサフサでも、健康は平等。
病気は誰の上にも降ってきます。
(まあ、若ハゲ=AGAも病気ではあるのですが)

好きなものをほどほどに楽しみながら、毎日を前向きに過ごしたい。
髪の悩みを捨て去ることができれば、それはとても簡単なことなんですね。

Keep on shining!

タグ

元日本代表・秋田豊氏のポジティブモヒカン

広いおでこのモヒカンスタイル・秋田豊氏

ワイルドな風貌で男性からの人気も高いんじゃないでしょうか

禿げる前、「最後の髪道楽」かもしれない

このあいだ、TVのスポーツ番組に、秋田豊氏が出演していました。
もちろん、サッカーの解説です。
彼と一緒に、松木安太郎さんも出ていました。

ワールドカップを前にした国際試合だったか
日本代表チームの紹介だったか忘れました。

秋田豊氏と言えば、元日本代表ディフェンダーです。
サッカーにあまり明るくない僕も、知っているくらいの有名選手。
現役時代は鹿島アントラーズなどに所属していましたっけ。
調べてみると、2007年に現役を引退しています。

ま、ともかくガッツあふれるその風貌には
とても好感を持っていました。

で、久しぶりにお顔をテレビで拝見したわけです。

お、なかなかおでこが広がっているぞ。
まずそこに眼が行きました。

全体的に短髪なんですが、上の方まで後退した生え際のその先は
頭頂部を少し長くしたモヒカンスタイル。

口の悪い人なら「ハゲ」と呼んでもおかしくない状況なんですが、
その髪型が実に似合っています。

おそらく、ご本人はこのまま上がっていく可能性がある、と
悟っていらっしゃるような気がします。

ずっと上まで生え際が後退する前に、この髪型にしておきたい。
そう思ったのかもしれません。

最後の髪型遊び。最後の髪道楽。

実は僕もそんな心境になったことがあるからです。

今ある髪で、できることを

僕の場合の「最後の髪道楽」は、長髪でした。
もうかなり両端が切れ込み、頭頂部も薄毛になり、
養毛剤も効かないという状況。

どうせ禿げるなら、自分がやりたかった髪型を体験してから禿げたい。

そう思って、髪を伸ばし始めました。
実は当時、「バイカー」に憧れていたんです。

70年代の映画「イージー・ライダー」みたいなスタイルで、
かっこよくハーレーに乗りたい……
今思うと笑っちゃいますが、かなり真剣。

エンジニア・ブーツやブーツカットのリーバイスなんかを買い、
大型二輪免許を取ろうと決意したのでした。
(結局免許もバイクも手に入りませんでしたが)

その一環で、長髪にヒゲというスタイルを目指したのです。
比較的自由な服装が許される職場だったのも幸いしました。

まあ、秋田氏のようにかっこよくは決められませんでしたが、
それなりにワイルドな雰囲気は出せたんじゃないでしょうかね。

その後にばっさりと髪を落としたときも、
「やり残したことはない」という心境になれましたもの。

あなたがまだ「ハゲ」ではなく「薄毛」と呼べる状態で、
だけどこのままでは確実に髪が無くなると悟っているなら、
やりたかった髪型を思い切り楽しんでみてはいかがでしょうか。

もちろん、髪の毛の残り具合にもよります。
リーゼントにしたくても「庇」を作る部分が禿げていたらできない。
モヒカンにしたくても立てられる髪が無かったらアウト。

そこらへんは、無情のようですが諦めるしかないのです……。

でも、できる範囲でできることをする。
このポジティブな精神を持っていれば、
髪を落としてから立派なポジティブヘッドになることができます。

鏡を見ることを恐れずに、研究してみましょう。
「プレ・ハゲ」な今しかできない楽しみです。

ところで、秋田氏の隣に座っていた松木さん。
彼はたしか増毛だったような気がします。

秋田氏のように堂々とおでこを晒さず、
スマートなイメージを大切にする道を選んだわけですね。
それはそれで、立派なことだと思います。

とにかく頑張れ、日本代表!

ところで、秋田豊氏の著書です。
センターバック専門講座
センターバック専門講座

 

タグ

ハゲを応援する気骨の居酒屋さん

(写真はイメージですよ)

「ハゲ割」を導入した赤坂の居酒屋

ネットにこんな見出しの記事が流れてきました。

「ハゲ割」で薄毛のサラリーマン応援、赤坂の居酒屋が話題に

ロイターが伝え、Huffinton Postでも紹介されていたものです。

かいつまんで説明すると、
薄毛を隠すのではなく堂々としてほしいとの思いから「ハゲ割」を提供している。
料金から1人500円を割り引くという。
人数によって割引料金も増え、5人集まれば1人分が無料になる……
のだそうです。

店長の豊田美子さんは、街で薄毛のサラリーマンを多く見かけたことから
このサービスを思いつくきっかけになったとか。
日本では薄毛はデリケートな問題だが、
ハリウッドではまったく気にせず、誇りを持って仕事をこなすスターがたくさんいる。
その精神をここで培うことができれば、とも話しています。

ハゲの心を強くするあと一工夫

これによって勇気づけられ、
薄毛やハゲを気にしなくなる人が増えれば、それは万々歳。

ここへ行けば禿げてることを気にせず楽しく飲める、と
お店のお客のハゲ率は高まり、ハゲが集う居酒屋として名を馳せる。
そんな結果にも繋がることでしょう。

ハゲ同士で自分の毛髪歴、薄毛歴を披露し合い、
あの時はつらかったねえと、笑い合う。

フサフサの人が同席していたら、体験談を話してあげて、
こんな症状になったら覚悟を決めなさいとレクチャーする。

ここに来るのは、まだポジティブヘッドへのマインドセットが
できていない段階の薄毛・ハゲも多いでしょう。

僕たちポジティブヘッドは何をしてあげるべきか。

僕がかつて受けた「ハゲの千本ノック」を、
和やかな雰囲気の中で行えばいいんです。

その人に向かって何回も何回も「ハゲハゲ」という言葉を
浴びせかけてあげる。

例えばメニュー。
飲み物なら、ハゲサワー、ハゲホッピー、ハゲボール。
おつまみはハゲ焼き(何の食べ物だ?)、ハゲ豆腐(ドーム型の豆腐?)、ハゲチヂミ(韓流ハゲ?)、
とにかく「ハゲ」という名前を付けたメニュー開発をしたいですね。

ハゲノック、ハゲシャワー、ハゲスプラッシュ。
薄毛・ハゲの皆さんから「ハゲ」という言葉への抵抗を消してあげればいいんです。

この店を、ハゲのマインドセットチェンジのきっかけにすればいい。

もう一歩突っ込んだ、あと一工夫が必要だなと思いました。

いや、機会があったら足を運んでみますよ。
その時はまたここでレポートしますね。

タグ

頭に肥料で、発毛とは!? HB-101の多角っぷり

HB-101

園芸ファンにはお馴染みのあの肥料

最近庭のある家に引っ越して、ちょっと庭いじりでもするかと、
ホームセンターの園芸コーナーに顔を出したりしています。

庭いじりと言っても初心者ですから、ハーブがあれば料理に使えるかなとか、
ゴーヤーで緑のカーテンを作ってみたらチャンプルーも作れるしとか、
食欲に直結した動機が最初にあったわけです。
(考えてみたらマンションのベランダでもできますね)

大きいホームセンターの売り場に行くと、
それはそれは目移りするくらいいろんな用品が並んでいました。

中でも、肥料。
よく目にするグリーンのアンプルだとか、
顆粒状の元肥・追肥、
油かすや腐葉土とかの有機肥料。

そして、ぱっと目立つ棚に置いてあるのが「HB-101」というシリーズ。

これは、(株)フローラの販売しているベストセラー肥料です。
このゴシック体のロゴは見たことがあるのではないでしょうか。
「プロ御用達」を謳っているので、農家にも浸透しているんでしょうね。

まあここまで本格的なものを使うのは、
もうちょっとステップアップしてからかな、ということにして、
その時は「マグアンプK」なんかを買って帰ってるわけです。
(ハイポネックス社から発売されている肥料です。これもベストセラーですね)

さて、そんなこんなで「HB-101」という商品名が頭に刻まれていたある日、
新聞の広告に「HG-101」という文字列を見かけました。

あれ、これってHB-101に似てるな、と思って広告主を見ると
同じくフローラから発売されている養毛剤でした。

植物も髪もニョキニョキ?

まず思ったのが、植物の肥料を頭に付けるの?ということ。
そもそも庭とか鉢植えに撒くものですよ。
それを頭にどうやって撒くの?
農薬散布器の先っちょを頭に向けてプシューっとやっている映像が浮かびました。

で、いくら何でもそれはないだろうとサイトに行くと、
ちゃんと説得力のある作りをしてるんですよね。

http://www.hg-101.com/

説明によると、
植物を超元気にする植物活力液として有名な「HB-101」。
HB-101に含まれる混合植物抽出液「FHB」のチカラを育毛にも利用できないかと考え、
開発されたのが薬用育毛剤「HG-101(エッチジー・イチマルイチ)」です。
とあります。

植物成分をメインとした育毛剤なんですね。
しかも薬用。
混合植物エキスを薬用として発売するにはずいぶん高いハードルがあった、と
開発ストーリーに書かれています。

ともあれ、そんな障壁を乗り越えて発売にこぎ着け、

いまやベストセラー育毛剤として認知されているとのこと。

もし、今の僕がまだまだ発毛育毛に未練があるのなら、
たぶん試していたもののひとつだと思います。

肥料の世界で実績のある成分ですから、なんだか効きそうな気がする。

だけどあれですよ、もうそのへんの煩悩からは解脱しているポジティブヘッドです。
「すごいな〜」「フローラさん、やるな〜」と感心するくらいですね。

とは言え、髪以外にも頭皮のケアもできるようで。
これはこれで、きれいなハゲスキンやハゲ坊主のためには
あってもいいかなとも思いました。

つやつやの頭皮で爽やかに街を往くハゲ、というのも絵になるでしょう?
(え、ならない?)

よし、今度肥料のHB-101を買ってきて、
余ったら頭に振りかけてみるか、などと考えてます。
(そんな使い方では頭皮にダメージがあるかもしれませんので、
あくまでも単なる思い付きですよ)

髪が生えてくるかな、という希望は1000分の一ほどあるかもしれません……
うーん、まだ煩悩が残ってるのかな。

ところで、「HG」は何の略か?という疑問が。
どうもこれは「ハゲ」なんじゃないかと密かに思っています。

それにしても、「育毛剤」ってのはたくさんありますね。
アマゾンで検索すると山ほど見つかりました。

ぴくりとも食指が動かない。
それよりも食べられる作物を育てた方が心の健康にもいいや。

タグ

このページの先頭へ