虚乳と虚毛

アフロヘアーのヅラ、カツラ

これくらいの洒落が利いてれば虚毛もOK

またも言葉遊びをしてみました

前回、「貧乳」に対する「貧毛」などという言葉を出してみました。
「貧乳」を「微乳」「ちっぱい」という言葉に置き換えられるなら、
「貧毛」はどんな言葉になるんだろう、などと言ってみたわけです。

うまい言い換えは浮かびませんね、まだ。

そうこうするうちに、「虚乳」という言葉を目にしました。

なるほど、「かさ上げのバスト」ですね。
パッドやら寄せて上げるやらで、
実際以上の見た目を作っているんだ。
(もしかしたら、シリコンを入れることも虚乳なのかもしれません)

それなら「虚毛」という言葉もあるよね、と
自分で考えて自分で納得してしまったのです。

「虚毛」――
これはもう、「カツラ」以外の何物でもありません。
あ、「振りかける黒髪」も入るかな。

実際、カツラは人毛で作られているので、
「虚」という字は当てはまらないかもしれませんが、
本当は毛がないのにあるように見せている段階で「虚」です。

「擬毛」という言葉もあるかるかもですね。

人工物をあてがい、実物以上に見せている。
虚乳も虚毛も擬毛も。

でも貧乳という言葉から来る健気さが、
虚乳には感じられません。

男女ともに虚勢を張るためのもの?

貧乳の女性が「あたし、おっぱいちっちゃいの……」と
何となくうつむき加減で恥ずかしそうに呟く様子を想像すると、
萌え~となる男性、けっこう多いのでは?

まあ、想像ですが……。

でも、かさ上げのバストを誇示する「虚乳女」には、
そんな健気さはありません。

「ほらほらどうよ、大きいでしょ。(偽物だけどさ)」
とやられると、なんかアバズレ(死語か?)度が高い気がします。

そんな女性って、いざかさ上げを外す段階に来たら、
どういう態度を取るんでしょうね。
お相手が「あれ?」と疑問を持つのが、
きっと怖くてしかたがないのかもしれない。

こういった場面に遭遇したことないからわかりませんが……

偽物は、いずればれる。
これは、「虚毛」も同じこと。

フサフサを装っているけれど、本当はハゲ。
「いざというとき」にヅラがずれないか、外れないか、
そして見破られないかが心配でならないのでは?

ニセの黒髪。
ニセの豊毛。

虚乳も虚毛も、「虚勢」という言葉に集約されます。
虚しい、実体がない、空虚。

虚勢を張った時点で、虚しさがついて回る運命にあります。
そんなの、イヤですよね。

やっぱり、あるがまま。
ポジティブにさらけ出す。

虚勢や虚飾は排除しましょう。
ポジティブ・ヘッドで行こうではありませんか!

タグ

「貧乳」があるなら「貧毛」もあるのか

心まで貧する前に

微乳でスレンダーな女性のイメージフォト

ちょっと色っぽいサイトなどを、
たまに(ホント、たまーにですよ)眺めていると、
「貧乳」という言葉にお目にかかります。

つまり、バストのサイズが心許ない様子を指す言葉です。

言われた方はムッと来るでしょう。
やっぱり、「貧」という字がいけません。
この文字のせいで、バストだけではなく性格や存在まで
「貧しい」と拡大解釈されてしまう――
そう思っていると、推測しています。

だからなのか、この言葉の言い換えもいくつかあります。

微乳
ちっぱい
マイクロバスト
……などなど
女性の気持ちを傷つけまいとする、男性の優しさです。

実際、貧乳の女性はコンプレックスの持ち主が多いと言います。
僕自身は、胸の大きさにはあまり興味がありません。
そのとき好きになった人がたまたま大きかった、小さかった。
それだけです。

好きになるのはその人の全体であって、パーツに関する嗜好は
ほとんどないと思っています。

さて、バストの話はさておき。

「貧乳」という言葉から「貧毛」なる言葉を思いつきました。
「毛髪が貧しい」から、貧毛。

禿げているあなた、この言葉を見てどうですか。
僕はやっぱり嫌ですね。

現在、この言葉は「まつげ貧毛症」という疾患くらいにしか
使われていないようです。
だからといって、流行らすつもりは毛頭ありません。
(『毛頭』という言葉も毛に関係あるのですかね。検証課題とします)

※無毛症・乏毛症といった、先天性に毛髪が生えない疾患もあります。
それらの疾患をお持ちの皆さんを傷つけるつもりもありませんので、
「貧毛」に関する話題をこのブログで展開するのをお許しください。

「俺、貧毛だからさ」と、自虐的に呟いてみる。
温度の低い笑い声が起こるかもしれませんが、
何となくいたたまれない空気が流れるでしょう。

それも「貧」という文字のせいです。
「貧毛」という言葉をもっと影響力の大きい人が言い始める前に、
別の言葉に言い換えておきたいなと思いました。

「貧乳⇒微乳」というように。
だって、貧しい貧しいと言われていると、
心まで貧しく、ネガティブになってしまいますからね。

ポジティブな言い換えはないだろうか

色っぽいネットを見ていると、
(あ、ホントたまにですよ。しつこいようですけど)
貧乳好きの男性はけっこういるようです。

貧乳の女性はたいていスレンダーですから、
そちらに魅力を感じる男性は貧乳好きでもあると。
その他にも貧乳の魅力を語っているサイトも
見つけましたが、ここのテーマではないので割愛。

さて、僕たち禿げている男は、
自ら前向きに生きていくことを宿命づけられています。

だから、「貧毛」なんて言ってはいけない。
もっと別の言葉で、この状況を言い表してみましょう。

・微毛
うーん、微妙な感じですね。
髪の毛が少ないというのはわかりますが、
心の前向きさがあまり伝わりません。

・進毛
進んで毛のことを話題にする、毛のことよりも一歩前へ進む。
心の前向きさは若干出るかな。
でも、イメージが伝わりにくいです。

・心毛
心に毛が生えている⇒心臓に毛が生えていると言う意味に
捉えられてしまいそうな気もします。

・溌毛
「溌剌」の「溌」です。
髪の毛が生えてくる「発毛」に、音だけ聞くと重なります。
でも、字面を見ると何となく元気な感じにはなります。
「俺たち、溌毛族」なんて名乗ると面白いかも。

・ポジ毛
「ポジティブな髪の毛」からの造語ですが、
「ぽじげ」と読まれると何のこっちゃですね。

うーん、なかなか難しい。
それに、言葉遊びになってきました。
髪の毛で遊ぶのはいいのですが、「だから何」ですね。

貧乳⇒微乳
貧毛⇒●毛

うまくあてはまる言葉はないですかねえ。

タグ

2014年2月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:心と体の健康

このページの先頭へ