板東英二さんのネガティブぶり

植毛を経費として計上はならず

かつての名投手、引退後はタレントや役者として活躍していた板東英二さん。
好感度も高く、テレビでもよく拝見していた方です。

それがあるとき、「個人事務所による申告漏れ」で
芸能活動を中止という事態に追い込まれてしまいました。

ここまでは、「事務所の税務担当者がポカやったかな」と、
よくある芸能人の所得隠し事件かと思っていました。

それが、「植毛の費用を経費として認められなかった」
という記者会見を開いて、自身の髪が植毛だとカミングアウトしたのです。

(サンケイニュースより)

ニュース記事によると、
「カツラは経費と聞いていたので、植毛もそうだと思っていた」
と釈明したとのこと。

あらら。

あの方の頭は、フサフサとは言えないまでも、
お歳なりに髪の毛は頑張っていると思っていました。
それが、植毛によるものだったとは。

おでこもそれなり広く、ごく自然な感じには見えていましたね。
それを「植毛」とフィルターをかけて見直すと、
うーん、どうも生え際が不自然に見えてきました。

でも、某キャスターと違い、「ヅラ疑惑」が聞こえてこなかったので、
植毛は成功していたんでしょう。

芸能人として、身だしなみに使う費用であるから必要経費に入れる、
というのはごく自然かと思います。

ただ、カツラとは違うと税務署が判断してしまったのは、不幸なことなのでしょう。

いっそ、「医療費」としてみたらどうだったか。
まあ医療費控除は10万円が限度ですから、何の役にも立たなかったでしょうが。

さらに大きな隠し事を、ハゲで逸らそうと

はじめ、板東さんは架空発注を指摘されました。
外部への発注を装って、経費を使ったかのように見せていたんです。
その額、5000万円という報道です。

ニュースネタになったときは、その指摘しかありませんでした。
二度目の会見で、植毛を明らかにしたんです。

植毛費用はどれくらいになるんでしょうか。
年間で数百万円?
詳しくはわかりませんが。

架空発注の額と比べればたいしたことはないでしょうね。
記者会見では、そのことよりも「植毛」に自らスポットを当てることで、
話題を逸らしたと言えるでしょう。

ニュースサイトでも、ほとんどが植毛、
つまりハゲのカミングアウトを報じた割合が多かったと思います。

潔くないよ、元スポーツ選手が。

ハゲはハゲのままでいいじゃん。
山下の大ちゃんのように。
しかもハゲネタでもっと大きな不正の追求を逸らそうとした。

カミングアウトが、ネガティブに利用されている。
禿げてるひとなら、誰もがそう思ったと確信しています。

ここはひとつ、頭を丸めてお詫び会見でもやっていただきたい。
「今日からポジティブに仕事を頑張ります」と言ったなら、
我々ポジティブヘッダーズは喜んで仲間に迎え入れますよ。

金妻で好演したこともある板東さん

一世を風靡した「金曜日の妻たちへ」で好演。小川知子さんと夫婦役でしたね。でも浮気して大騒動に。

タグ

2013年12月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛・増毛・発毛・カツラ 髪をめぐるあれこれ

このページの先頭へ