ハゲ頭むき出しがつらい季節、来たる

夏は何とか乗り切ったものの……

やはり2013年の夏もとっても暑かったです。
普通に猛暑日が続き、熱中症のニュースが流れない日はなかったほど。
エアコンをできるだけ使わずに節電を、などと考えていても、
やっぱり使わないと命に関わるから、しかたない。

それでも電力需要のピーク日にも、発電の限界は超えなかったといいますから、
どこかで誰かが節電してくれていたのか、そもそも原発が稼働していなくても
電力は足りていたのか、わかりませんね。

ま、屋内ならエアコンに助けてもらえるのでしょうが、
屋外に出たとき、何が守ってくれるのでしょうか、
とりわけ僕たちポジティブヘッドを。

以前、男性用の日傘が気になると書きました。
今度の夏は試してみようかな、とも。

すみません、今年は試せませんでした。

なぜかというと、「少し頭皮を日焼けさせたい」と思ったからです。
夏場に帽子をかぶっていると、直射日光からは守れるのですが、
蒸れと無縁というわけにはいきません。
ホントなら頭をむき出しにしていた方が、日陰では涼しい。

だけど、何となく青白い頭っていうのが不健康に思えてきたのです。
僕らが青春を送ってきたのは、「小麦色の肌」が一番偉かった時代。
もちろん、今は美白がそれに取って代わってますし、
紫外線の害もみんなの知るところとなりました。

ただ、生ッ白いよりは、少しは濃い色の方がいいかなと、
ある晩鏡を見ながら思ったのです。

ま、そんなわけで、この夏はできる限り帽子をかぶらず、
ちょっとの間だけなら太陽に「素頭」を晒してみました。

うん、いい色になりましたよ。
でも、髪がちょっと伸びてくると、白髪が目立つように
なってしまいましたが(笑)

日ざしガンガンのコーラルリーフ

紫外線がこんなに降り注ぐ海岸では、
さすがにハゲ頭は晒せません。

そして、木枯らしの季節が間もなく

夏の間で小麦色になった頭皮も、
新陳代謝によって色がだんだん元に戻ってきます。
おっと、海での日焼けみたいにペリッとはがれるわけではないですよ(笑)

徐々に、白くなってきます。
これが夏のように気になるかというと、実はそうでもない。

なぜかというと、そろそろ帽子をかぶるからです。
風が、だんだん冷たくなってきますからね。

だから、あまり頭の色が気にならないのです。

それに、夏の暑さには何とか耐えることはできたけれど、
僕には寒い頭が耐えられません。

髪を落として何年も経つのに、頭をむき出しにして
寒い季節を乗り切ることができないのです。

町を見回すと、冬でも無帽で頭をそのまま晒して歩いている人も
ちらほら発見できます。
これはいつも羨ましく思っているわけです。

冬にハゲ頭を晒してこそ、真のポジティブ・ヘッドではないかと。

木枯らし、北風、雪にも負けないハゲ頭。
その境地に行けるのはいつのことでしょうか。
外で無帽のまま過ごす時間を長くして鍛えるしかないのか。

もともと個人的に寒いのが大の苦手でありますので、
夏以上に忍耐力が必要なのかもしれません。
できるか、俺に?

それに、帽子というのはお洒落アイテムとして
特に秋冬には欠かせないもの。
夏用の帽子に比べ、バリエーションも豊富です。

頭を晒して凍えるよりも、お洒落に走った方がいい。

はい、そう決めました。
寒風で頭を鍛える根性はありません(苦笑)

ということで、この秋冬も素頭は晒さずに帽子でお洒落をするぞ、
の宣言をだらだらと遠回しに書いてみた次第です。

葉っぱが落ちてまるでハゲ頭のように寒々しい枝

見るからに寒々しい冬の木立。
やっぱり今考えるだけでも、頭がスースーしてきます。

タグ

2013年10月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ファッション

薄毛を隠す人は自信も薄い

ハゲはあなたのアイコンである

ハゲをあなたのアイコンにしよう。コミュニケーションの力も自ずと追いついてくる。

Photo by Vaibhava

薄毛クヨ男はコミュニケーションが苦手

この間ネットで見たのですが、
薄毛を気にしていると、
コミュニケーションが苦手となってしまうという統計があります。

これ、実によくわかります。
要は、薄毛の殻にこもってしまうわけです。
積極性がなくなり、物事が億劫になる。
人と話すことが少なくなり、表情も暗くなりがち。

マイナスのスパイラルに陥るパターンです。

薄毛をクヨクヨ悩んでいる「薄毛クヨ男」だと、
人付き合いも苦手になり、
つかめるはずのチャンスや縁も、逃がしてしまうかもしれません。

髪の毛を残しているから意識してしまうのです。
残している髪は、未練そのもの。
それらがすっぱりと無くなってしまえば、
意識もへったくれもありません。

禿げてるんだから、いいじゃん。
いいじゃん、こんな頭なんだし。
清々しい気持ちで人と相対することができますよね。

逆に、相手が薄毛だった場合、

頭(髪)に関する話題を出さないようにしている:34.7%

できるだけ頭部を見ないようにしている:31.3%

を見ると、相手がずいぶん気を遣ってくれていることがわかります。

しかし、

気にしない:42.3%

という人たちも意外に多いんですね。
この調査は「薄毛の人」を前にした場合。
「ハゲの人」、ひいては「ポジティブハゲ」ではないことにご注目。

堂々とハゲ頭を晒していれば、
そこまで気を遣ってもらわなくても大丈夫なはずです。

双方向のポジティブなコミュニケーション

あなたは、相手にどんな印象を与えているかが大切です。
薄毛で悩んでいるかわいそうな人なのか、
未練を残り髮とともにさっぱり落としている人なのか。

あなたの外観や態度によって、相手の出方も変わります。

そもそもコミュニケーションというのは、
あなたから一方的に話しかけたり、
なれなれしく肩を叩いたりするものではありません。

「双方向」が大切なのです。
だから、相手にとってあなたがコミュニケーションを取りやすいか否か。

話しかけても返事をしてくれなさそうな雰囲気なら、
向こうだってさしたるアクションは興さないでしょう。

ハゲなんか気にしてない、むしろ自分で笑い飛ばしている。
そうやって、話しかけてもらえる「隙」を作るのです。

同性だって異性だって、話が弾む人と話したいですからね。

「コミュニケーション戦略」という言葉がありますが、
髪の毛を落とすということは、まさにその戦略。
あなたをコミュニケーション上手に見せる、その境地へ持っていく、
そのための手段に他なりません。

薄毛クヨ男から、ポジハゲモテ男へ。

相手に気を遣わせることなく、
前向きに攻めようではありませんか。

タグ

2013年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ザ・ポジティブヘッダーズ 心と体の健康

このページの先頭へ