無意識の開き直りか!? バーコードの可愛さと哀愁

愛されるハゲの、もうひとつのカタチ!?

前回、「週刊SPA!」で採り上げられたことを書きました。
おかげさまで、「読んだよ」という声をたくさん聞くことができました。
打合せ先でも、「今日はあのメガネじゃないの?」なんて言われたり(笑)

少しはポジティブ・ヘッドを世に広めることができたでしょうか。

さて、同記事中に「バーコードだって愛してほしい」というコラムがありました。
イラストレーターの小野寺奈緒さんが、よくバーコードヘアのおじさんを
イラストに描いているということ。
「おじさんをカワイく見せるため」
「スキや親しみやすさを出しやすい」
という気持ちで描いているということです。

バーコードご本人は、「ハゲ部分を隠している」つもりなのかもしれません。
でも、周囲の誰が見ても「この人禿げてる」と映ります。
バーコード=ハゲ という図式は、ごく自然に成り立っているからです。

それでも健気にバーコードを続けている。
カツラよりも、微笑ましいかもしれません。
そこにスキやら可愛さやらが生まれるのでしょう。

「かわいいかくれんぼ」という童謡があります。
♪ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ
で始まる歌です。

その一番は、「どんなにじょうずにかくれても きいろいあんよが みえてるよ」
で終わります。

バーコードの健気さは、ヒヨコちゃんの可愛さにつながるんですね。
バーコード=可愛いハゲ になっちゃったんです。

ハゲを遊んでいるのか?世界のバーコード写真

こんなサイトを見つけました。
「もはや頭髪の芸術……バーコード頭な外国人の写真」らばQ

サイトをご覧いただくとおわかりの通り、
外国人のバーコードヘアの写真を集めたものです。
かなりインパクトがあります。

英語では「comb-over」と言うそうですね。
「comb」とは「櫛」。
ハゲを櫛の歯のような残り髪で覆う、ということからでしょうか。

もともとは、欧米が発祥の髪型だそうです。

サイトに並ぶ写真を見ていると、隠すのが目的というより
受けを狙ってるんじゃないかという人も多いです。
この髪型は床屋さんの協力なくしてはできませんから、
僕がかつて通っていたような、理解ある床屋さんとお付き合いすることが大切ですね。

ところで、バーコードヘアと言って思い出すのが、とある社長さん。
昔、一世を風靡した有名会社を経営していた方です。
僕がそこを打合せで訪れたとき、玄関前にベントレーが停まりました。
後ろのドアから降りてきたのはその社長さんだったんですが、
はじめ左側から出ようとして急に引っこみ、右のドアから出てきたんです。

「なんだろうな。何かあったのかな」
と思って、はたと気付きました。風向きです。

その社長さんは、見事な九一分け。カバー部分がバーコードになりかかっていました。
降りようとしたら、風向きがバーコードを乱すことを察知したのです。
そこですかさず、反対側のドアから出たというわけです。

分け目と反対側からの風に弱いバーコードヘア

風向きに気を遣わないと、このような妖怪アンテナになってしまいます。

その敏感さが、いじらしい。
でも、そこまでして髪型をキープしたいんでしょうか。
バーコードはハゲを隠す機能はないのですから、悪あがきにしか見えません。

いっそスッキリと刈ってしまえば、苦労しなくていいのに。
まあ、「可愛い」と感じる女性がいる限り、そっち狙いとしての存在意義はあるのかな。
よくわかりませんが。

タグ

「週刊SPA!」に掲載されました!

「週刊SPA!」118ページですよ

SPA!に、モテハゲ代表として登場した前山

 

前回の記事で、「週刊SPA!」の取材を受けたことを書きました。

もう今日2月19日は発売日。

今朝、地元のコンビニで買い、駅のホームでドキドキしながらページを開きました。
あった! 117ページから「ハゲな自分」を克服した男たち という後半特集。
サブタイトルが「LOVELY HAGE」……キュートです!

「ハゲまたは薄毛の男性との恋愛はOK?」というアンケートに、
74%が「OK」または「その人のキャラクター次第でOK」という回答が。
(20~30代女の女性100人が対象)

いや~、元気づけられます(笑)
僕がずっと言ってきた「ハゲキャラというブランディング」ですよ、ええ。

で、次ページ見開きで「俺たちはこうしてハゲをポジティブマインドで受け入れた」と、
何人かのインタビューが掲載されています。
そのうち一人が僕です。

「ハゲ」の千本ノックで変わった

詳しい内容については現物をお読みいただくとして、
僕がたくさんしゃべった中からいくつかキーワードを抜き出し、
うまく原稿にまとめてくださっています。

そのひとつが「ハゲの千本ノック」。
友人と頭髪についてあれこれ話をしていたとき、
その中に「ハゲ」という言葉がこれでもか、と出てきたんです。
遠慮など無しに。

1時間ほどの間に、一生分の「ハゲ」という単語を聞きました。

するとどうでしょう、それ以降は「ハゲ」と聞いても何とも思わなくなったんです。

今思うと、その時間が僕のマインドセットを変えたんです。
千本ノックによって変わったんです。

誰だって、こんなシゴキの場を設けることができます。
僕のように、気のおけない友人と頭髪談義をするのが
もっとも手っ取り早いかもしれません。

その他にも役立つ記事がたくさん

僕の記事の上には、漫画家の新井キヒロさんが登場しています。
「僕は髪の毛が少ない」で有名な方ですね。
その方の下に出られるなんて、光栄です!

他のページにも、ファッショアイテムや頭皮ケアの方法など、
読んでおいて損はない記事がいろいろあります。

メガネ、帽子、ヒゲというアイテムの使い方など、とても参考になります。

どんな傾向のファッションをするにせよ、バランスを考えることが大事ですね。
弱々しくならないように。

それから「ハゲは男性の進化系」という考察も素晴らしい。
僕も常々、「人類は進化する途上で毛を無くしてきた」と思ってきました。

直立して歩き始め、頭蓋骨が大きくなり、それに伴って体毛が落ちてきました。
未来人はツルっぱげになるという予測もあります。

この記事では男性ホルモンが男らしさを形成していることから、
禿げている男性は男性の進化系であるという結論を導き出しています。
男性としての魅力にあふれ、潜在能力が高いと。
これも、先日ブログに書きましたね。

進化しているんですよ、禿げてる人々よ!

記事には、「ソフトモヒカンで薄毛をカバーできる」という項目もあります。
やってみたかったヘアスタイルの一つですが、
今となっては立てる髪がない……。

でもね、ハゲをカバーするのは、それができるだけの髪が残っている段階まで。
カバーしきれなくなったら、思いきりましょう。
無理に隠さない、潔いハゲに。ハゲを魅力のひとつに。

マインドセットを変えさえすれば、思いのほか簡単です。

LOVELY HAGEに、花束を!

タグ

「週刊SPA!」の取材を受けました!

「愛されハゲ」のページに前山が登場予定です

先週、「週刊SPA!(扶桑社)」のライターさんから連絡があり、
今度「愛されハゲ」の記事を作成するのでぜひ取材を、とのことでした。
この「ポジティブヘッドのススメ」が検索でひっかかったようです。

「SPA!」ですよ、「SPA!」。
電車の中吊りもよく掲出している、メジャー週刊誌です!

「ぜひぜひ」って感じで返事をして、事務所まで来ていただきました。

当日、僕はブログに載ってる写真と同じコーディネーションで。
前夜気合い入れてキレイに散髪した頭。同じ長さに揃えたヒゲ。
(ベリーショートのワンレン(笑))

SPA!からはライターのTさんと、カメラマンのYさんがお見えになり、
インタビューは始まりました。

どんな記事になるかは本誌をご覧いただくとして、
僕の髪の毛遍歴、「モテハゲ」になったプロセスや、
マインドセットの重要性なんかをお話ししました。
「ハゲはモテるぜ」ということを、アピールできたでしょうか。

写真もぱちぱち撮ってもらいました。
中吊り広告に使われたらどうしよう、なんてね(笑)

僕が載る予定の「SPA!」は、2月19日(火)発売とのこと。

みなさん、ぜひ書店・コンビニ・キオスクなどでご購入ください!
「モテハゲ」「ポジティブ・ヘッド」、広めましょう!

「日刊SPA!」はこちら

タグ

ハゲは男らしい、は真実なのか

俗信だと思っていた「絶倫ハゲ」には根拠があった

一般的によく言われるんですけど、禿げてる人は「あっち」が強いと。
今まで自分自身を鑑みて(笑)、「そんなことはない」と思っていました。
迷信、俗信、都市伝説。

しかし、どうも男性ホルモンが関係しているのは確からしい。
昔から、禿げるのは男性ホルモンの影響が強いからだとは言われていますね。

ここで、禿げるメカニズムをおさらいしてみましょう。

髪の毛は成長期、退行期、休止期の三つの工程から成り立っています。
これを「ヘアサイクル」と言い、1本1本の髪はこのサイクルを繰り返しています。

「成長期」通常3年~7年程度
「退行期」2~3週間
「休止期」3~6か月
と言われています。

若ハゲはこの「成長期」が極端に短い状態のことです。
生まれたばかりの弱い毛髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうんです。
産毛のまま、命を失っていくわけですね。

これにはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が大きく影響を与えています。
脱毛部には、このDHTが高濃度に見られるそうです。
そして、DHTのもととなっているのが、テストステロンという男性ホルモンです。

こいつが、髪にとって悪さをしているわけですね。

テストステロンは睾丸などから分泌され、思春期以降の男性の性徴を促します。
「男っぽさを作る」ホルモンのわけです。
最近では「モテホルモン」などと言われて、一部から注目されているようですね。

つまり、
ハゲの原因となるのはテストステロン。
テストステロンは一方で、精力や筋肉増大を司るホルモン。
それが強く作用しているハゲ男性は「精力が強い」という図式になります。

「テストステロン」――精力か発毛かの板挟み

ここ最近、AGA治療薬として処方されはじめているプロペシア(ジェネリック薬ではフィンペシア)。
この薬の働きは、テストステロンの分泌を抑制させることです。
男性ホルモンを減らし、脱毛の原因を除くという目的です。

男らしさをなくせば、髪は生えてくる。
しかしEDの可能性も高くなる。

どうですか? 究極の二者択一です。
中高年男性には、別にもうEDになってもいいやという方も多いでしょうが。

ただ、研究によると、この二律背反には「亜鉛」が効果を発揮するとも言われています。
亜鉛は、男性機能を強化する物質としても知られていますよね。

それじゃ、テストステロンを増やすってこと?
ますます禿げてくるじゃんよ~!?

その疑問はわかります。
しかし、亜鉛には薄毛を抑制する効果もあるらしいですよ。
テストステロンを自然に調整してくれるらしいんです。
二律背反の解決です。

しかも亜鉛は、味覚も鋭くしてくれるとか。
亜鉛を配合したサプリメントもありますから、AGA治療薬を服用なさりたい方は、
併用するといいんじゃないでしょうか。
(あ、これはあくまでも僕の個人的な感想なので、実際に飲み合わせて害がないかどうかはご自身で調べてください)

いずれにせよ、薄毛男性にはそれを解消する方法がいろいろ増えてきたということですね。
試すかどうかは個人の判断。

別にこのままでいいじゃん、というみなさん、ぜひ僕と一緒にポジりましょう。
ねっ!

男性ホルモンが強すぎるとこうなるのか!? の想像図です
絶倫なパパさんのイメージ図です。
でも頭が光ってる人ってこういう先入観ありますよね。

少し精力が落ちてきたけど、髪が全体にぽよぽよ生えてきた、てな感じの想像図です
AGA薬による治療中の想像図。
テストステロンを抑制することで、髪は生えてきたけど
ギラギラ感が失せてしまいそうな男性です。
(上の2点とも、あくまでも想像図ですよ~)

kamagra

タグ

夢が現実に? iPS細胞で毛髪を再生!?

すべての髪の悩み、解消されるかもしれません

203年1月、こんな話題が日本を駆けめぐりました。
「iPS細胞で毛包の再生に成功!」

ノーベル賞を受賞した、あの山中教授のiPS細胞です。
実用化に向けての研究が、あっちこっちで進行しているんですね。

今回、毛包の部分再生に成功したのは慶應義塾大学。
こちらにプレスリリースがあります。

ヒトiPS細胞から作った前駆細胞とマウスの細胞を混合して、マウスの皮下に移植。
すると、毛包の再生が確認されたというものです。
まだ実用段階にはないものの、ヒトの細胞で実現する可能性は高いとのこと。

そうなると、薄毛どころではなく、既に髪がかなりなくなっている僕らにも
フサフサとなる可能性が生まれたということですね。

いつ実現するんだろう、治療費はいくらなんだろうと、
気の早い人は前のめりになっているかもしれませんね。

治療方法は、皮下へ細胞を移植するわけですよね。
これが大変かも。
毛根移植の動画を見たことありますが、実に痛そうでした。
麻酔はかけていると思いますけれど……。
まるで手彫りでタトゥーを入れるような感じ。
毛根を一つひとつ皮下に埋め込んでいくのですから。

でも、それに耐えればフサフサの頭が実現するとしたら、
みんな頑張って手術を受けるのかな。

カツラメーカーや増毛・発毛メーカーにとっては、大打撃になるかもしれません。
この、ポジティブ・ヘッドブログだって存在意義がなくなってしまう(笑)

ところで気になった点。
手術をしたとしても抜け毛は進行していくわけで。
そうすると、植毛した部分と抜けていった部分が分かれてしまいますね。
前頭部には毛があって、その後ろに禿げた部分が、なんて具合に。
 抜ける速度が速ければ、こんな境界エリアができてしまうかも

 

ネットでも、「どこまで本気で研究してるか」「金持ちしか恩恵を受けられないのでは」などなど、議論百出です。
ハゲは美容のジャンルだから、iPS細胞関係の研究では後まわしにされかねない、
という意見もありました。
でも、男性型脱毛症ばかりではなく、頭に怪我をしてしまってそこが禿げている人などもいます。
歯と同様、需要は高いんじゃないでしょうか。

ま、iPS細胞の増毛をやるかやらないか、実用化されたら考えることにして、
今までと同じように、ポジティブ・ヘッドで前向きに行きましょ!

viagra

タグ

このページの先頭へ