ふりかけ式の髪の素?

これは秘薬か!? 薄い部分にサッとかけると髪が出現!

 

昔「アデランス」の広告を作っていたとここでお話ししました。
当時は、有名タレントを起用して「実は僕も」というカミングアウトによって
驚きとともに親しみ感を醸成するという戦略だったようです。

アクションスターだった藤巻潤さんや、若原一郎・若原瞳親娘なんかが出ていたと
記憶しています。若原一郎さんは、「おーい中村君」という往年のヒット曲のある歌手ですね。
蛇足ですが、この曲は氷川きよし君がカバーしてます。

新聞広告などのコピーを書くにあたり、ご本人の談話などの資料を読み込みました。
その中に、「以前は薄くなってきた部分の頭皮に黒い『チック』を塗って目立たないようにしていた」
という一文がありました。
(チックとは整髪料の一種で、ポマードを棒状に固めたようなシロモノです。今ではあまり見かけませんね)

髪のボリューム感と黒々さ加減がすごいですね。

ステージライトで熱せられて、溶けて垂れてきたなんていうこともあったとか。

唐突にこんなことを思い出したのは、あるTV-CMを見たからです。

「スーパーミリオンヘアー」という商品です。夜中の通販番組でご覧になった方も多いかも。

残っている髪に細かい髪の素を振りかけて、静電気によってしっかりとくっつけるという方式です。
増毛というかかさ上げというか、髪を盛るという感じですね。
お相撲さんの着ぐるみを着て身体を大きく見せる、みたいな。
昔からこの方式の増毛法はあったようで、TV-CMも何度か見かけています。

増毛の秘薬

ふりかけのように髪にかけ、髪を作り上げる増毛の秘薬
(ミリオンヘアーのサイトより)

でもま、これは残っている髪があってこその増毛法。
残り毛に結びつけるアートネイチャー社のマープ増毛法と同じですね。

だから、髪がなくなってしまったら使えない。
これを悲しいことととらえるか、こんな面倒くさいことは髪が残っててもイヤだい、
とポジティブにとらえるか。

僕の場合は、若原一郎さんの「黒いチック」を思い出してしまい、
「ここまでしなくても」という考えであることを確認できました。
チックの話を聞いた時の「涙ぐましさ」も漂ってきましたし。
涙は似合わぬ、ポジティブ・ヘッド。

さっぱりと頭を丸め、前を向いて新しい年を迎えようではありませんか。

ねっ。

タグ

「あなたのハゲ度チェック」はなぜみんな同じ?

やっぱり頭髪チェックのサイトは、発毛ビジネスと紐づいていた

徒然なるままに、「ハゲ 度合い」なんていうキーワードで検索してネットサーフィンしてたんですよ。
ハゲのチェックサイトがあるって聞いたからです。
Googleで表示される結果上位10サイトのうち8つがチェックサイトでした。
いくつかの質問が並んでいて、それに「はい」「いいえ」で答えていくと、
「あなたのハゲ度」が数値として診断されるというわけです。

ちょっと前から「診断メーカー」っていうサイトが流行ってますが、あれほどうざくはありません。
(個人的に、診断メーカーの結果をツイッターやフェイスブックにアップするのはもう勘弁、という感じです)

僕もやってみましたよ、ええ。
ほとんどの設問に、

・父親、祖父にハゲはいるか
・飲酒喫煙の有無
・ストレスはあるか
・フケや頭が痒くなることはあるか
・ヒゲや眉が濃いか
・食生活
・不規則な生活かどうか

といったものが並びます。
そして、すべてのサイトは「危険」という結果でした。思ったとおり。
まあ、とっくのとんまに禿げてますけどね(笑)

総じて髪に心配を抱えている人たちって、チェックの設問に答えながら、
これ「イエス」とするとマイナス要素だよなぁ、でもまだ大丈夫かなぁと
淡い期待(まだ禿げないよ、という結果)を抱きつつ結果を見るわけです。
そこで「危険」と出れば、ショック。
しかしその近くに「不安な人はこちら」なんていうバナーがあると、
ついクリックしちゃいますよね。
そう、みんな育毛・発毛に関連ある商品への入り口だったのです。
ここを経てランディングページ、商品契約ページへ飛んでいく仕組み。
頭髪関係のエントリーがたくさんある、真面目なつくりのサイトももちろん多いですが、
ただ他のサイトの質問をぱくってランディングページに誘導するだけのチェックサイトも見受けられて。

ただねえ、商品カテゴリーがあまりにも競合多すぎませんかね。
レッドオーシャンというか。

ま、その点ポジティブヘッドなら……(笑)

viagra

タグ

どこまでが額で、どこからが頭か?

禿げると額が広がるのか、それとも額の面積は変わらないのか

小さい頃からおでこが広い、と言われていました。
おでこが「秀でている」と言いますが、別に賢いということはなかったです。
でもまあ、おでこ=額が広いんだなと自覚しつつ大人になりました。

で、そのおでこがだんだん広がってきたわけですよ。
もちろん、髪の毛の生え際がだんだん上がってきたということ。

こうなると、「額」とはどこを指すのだろうかという疑問が頭をよぎります。
生え際から下を言うのであれば、我々ポジティブ・ヘッドの額は実に広い。
だいたい、生え際は後頭部のさらに下のほうに移動しています。
ま、ここを「額」とは誰も言わないでしょうから、額と頭の本当の境界はやはり前頭部にある。
ちょっと調べてみると、「額とは、皺のよる部分である」という記述がありました。
鏡に向かっておでこに皺を作ってみると、確かに眉の上から何センチかの部分まではそうなります。
すると、その上が「頭」ですね。

額と頭の境界線はどこにあるのだろうか

こうやってみると、皺のよっている部分は昔から毛がなく、その上の部分が生え際だった。

髪があった頃を思い出してみると、皺との境界線あたりが生え際だったような気がします。
ああ、ここまで髪があったのか……。
高校時代はアイビーカットにして庇をピッと立てていたなぁとか、
ジェフ・ベックに憧れてセンター分けにした前髪を目が隠れるくらいまで伸ばしていたなぁとか、
いろいろと思うわけですよ。
額だの頭だの、思い悩まなければよかった。
「もう悩まない」がこのブログのコンセプトですからね。

あと、素人考えなんですが、「男性ホルモン」の効き方が分かれる部位が、境界線なんじゃないかと。
眉や髭が濃くなるわけでしょう、男性ホルモンがたくさん分泌されると。
でも、髪はそんなわけにはいかない。
毛根が元気になるのが額以下、抜けてしまうのが頭。
でもまあそれだと、皺のよるおでこはどうなるのよ、
ということになりますから、あんまり信憑性はないですね(笑)

我々ポジティブヘッドとしては、額と頭の境界線など無視して、すべてがおでこと割り切りましょう。
「いやぁ、もうすっかりおでこが広がっちゃってさ」と笑い飛ばしましょうぞ。

タグ

ついに、ハゲ頭が広告媒体に!

若ハゲの悩みを前向きに解決した光るアイデア

先日、「ハゲ頭をアートなキャンバスに」という記事を書きました。
そしたら、読んでくれた方から「こんなのもあるよ」と教えてもらったのが、
「自らの頭を広告媒体にしている男」というニュースサイトでした。

「僕のハゲ頭、売ります」広告スペースとして売り出す新ビジネスが話題に

アメリカはテキサス州のブランドン・チコットスキーという男性が、
自分の頭が禿げてきたのを機にハゲスキンにして、そこへ掲出する広告を募集したところ問合せが殺到していると。
掲出料は一日320ドル。頭にブランドロゴを入れたタトゥーシールを貼って、
街中を歩くことがサービスに含まれているらしいです。

高いか安いかはおいといて、ここまでポジティブになれるとはたいしたものです。
しかもこの男性はまだ20代とか。

タトゥーシールをハゲ頭に貼り、街中を歩く
これが「BALDLOGO」社を立ち上げた青年。ハゲスキンが似合ってます

広告屋としての意見だと、広告の面積が狭いことが気になります。
看板やバナーを掲げた女性と2人で目立つようにプロモーションもするということですが、
そっちの方に目が行って、頭のタトゥーが目立たなくなる恐れがあります。
ただ、OOH(屋外広告=Out Of Home)の一種になるのでしょうが、
ビルボードや電飾看板にはない要素が上述の看板やバナー、女性と言えるでしょう。
と書いてきて、日本にも同じような広告媒体があった。
そう、「チンドン屋」、「サンドイッチマン」です。
自らの芸や身体を使って広告している点においては、同質ですね。

そういえば数日前に、脱毛した脚にそのエステ会社のロゴを貼り広告媒体にしている、
という新聞記事も見ました。
日本の、有名なエステ会社です。

どこまでハゲをアピールしながら広告を目立たせるか。
チコットスキーさんのアイデアはまだ発展途上ですが、
人の身体をメディアにするという流れは、確実に復活しているような気がします。

タグ

これは、ハゲ差別になるんじゃないか!?

小学生にハゲ頭を見せたら通報される?――兵庫県の事件

この間、Facebookをウロウロしていたら、こんな記事を見つけました。

兵庫県警防犯ネット
「ハゲ頭を見せつけたおじさん」

兵庫県の防犯ネットに上げられた事案です。

11月28日(水)午後3時10分ごろ、たつの市新宮町栗町付近の路上で、声かけ事案が発生しました。
徒歩で下校中の児童たちに対して、車で近づき、「君らあんまり勉強したらあかんで」と声をかけ、帽子を取り、はげ頭を見せた後、そのまま車で走り去りました。
声をかけたのは、年齢40歳から50歳くらい、青色キャップ型帽子着用、黒色普通乗用車使用の男1名です。

見ず知らずの小学生に声をかける人は、昔から「危ない人」として認識されてきました。
特に、女子小学生に話しかけたりすれば、「変質者」として大いに警戒されるでしょう。
下手すると、その場で警察を呼ばれるかもしれません。
つまり、この防犯ネットに上げられたハゲのおじさんは「変質者」であるということなのです。

しかしこのおじさんは、「自分は勉強しすぎたから禿げてしまったんだよ」と言いたかったのかもしれません。
見せられた小学生は、よほどガリ勉君に見えたのかもしれません。
勉強しすぎて禿げたおじさんは、いい高校からいい大学へ進み、一流企業に入ったのでしょう。
ある午後、取引先へ車で行って帰る途中、参考書を読みながら歩いている眼鏡の小学生を見かけました。
きっと、家に帰ったらすぐ塾へ行かなければならない。
お腹を空かせて帰って、一人で夕飯を食べてからまた寝る時間まで勉強……。
自分が過ごしてきた小学生時代がフラッシュバックします。
思わず車の窓を開け、彼に言いました。
「あんまり勉強したらおじさんみたいに禿げてしまうよ」
小学生には、おじさんの半生など知るよしもありません。
訳がわからない事態に肝をつぶし、走って家に帰り、お母さんに報告。
「ハゲ頭、怖いよ~!」
お母さんはすぐ警察に通報。
そして、防犯ネットにアップされてしまったわけです。

たとえば、下半身をさらけ出すなんてことをしたら、確実に通報されるでしょう。
しかしおじさんは、ハゲ頭をさらけ出しただけ。
小学生をびっくりさせた科ですか?
ハゲは、通報されるに値する、下半身並みの存在なのですか?

ほとんどの人は面白おかしく感じるであろうこの記事を、僕は実に複雑な気持ちで読んだのです。

ま、でもポジティブに考えましょう。
ハゲは頭よさげに見える。

ね。

てやんでぇ。

声をかけて通報されたハゲオヤジ

勉強ちっともしないでこういう落書きばかり書いていたのに、なんで俺は禿げたんだろう。深夜の会社でそう思う……。

タグ

頭が寒い季節になりました

冬場の帽子、それは決してハゲ隠しではない

寒くなりました。
2012年は夏が暑かった反動でしょうか、冬になったとたんにグンと気温が下がりましたね。
コートやマフラーと並び、僕たちポジティブ・ヘッドには不可欠なアイテムがあります。
そう、それは帽子。

中には、頭をむき出しにしていても平気な人もいらっしゃると思いますが、僕にはできません。
髪型を今のようなハゲ坊主にする前から、冬には帽子が手放せませんでした。
まあ、ほっぺたと同じだと思って鍛えれば平気になるのかもしれませんが。

そんなわけで、知らず知らずのうちに帽子は結構たまってきました。
こういったのを毎日とっかえひっかえ、オケージョンに合わせてかぶっているわけです。


まずはハンチング。個人的には登場率が一番高い帽子です


ワッチキャップ。昔、アウトドア用のキャップといえばこれ


BUFF(バフ)は、伸縮性のある生地で作られた筒型のアイテム。ネックウォーマーにもなるし、
こうやって帽子にもなる。変幻自在のスポーツ用


スポーツ用といえばこれも定番。ナイキの他にもいくつか持っています


ウール素材のビーニー。耳まで覆えるので、とにかく暖かい。コットン素材のもあります


ウールのハット。カジュアルにもジャケットスタイルにも合わせちゃいます


Raphaのサイクリングキャップ。これは季節を問いませんね


以前スキー用に買ったニット帽。頭のポンポンが可愛すぎる(笑)

ここでは出さなかったけれど、ジャケットに合わせてウール素材のソフト帽なんかもかぶります。

ただまあ、暖房が行き渡っている室内や電車の中だと、当然ながら汗をかきます。
帽子も汚れるんですよね。
それもあって今年の冬は、我慢できる場所では頭を出してみようかと思っています。
帽子が決してハゲ隠しではないということを証明するためにも。

タグ

2012年12月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ファッション

ハゲ頭をアートなキャンバスに

ハゲとアートは、実は親和性が高かったのだ

昔、新日本プロレスに上がっていた外国人レスラーに「クラッシャー・バンバン・ビガロ」という人がいました。
オールド・プロレスファンならご存じでしょう。
彼のギミックは、「ガキの頃から手の付けられない不良で、誰もできなかった頭への入れ墨もしてしまった。
日本のレスラーを片っ端からあの世に送ってやるぜ」とか何とか。
キワものかと思いきや、側転を見せるなどデブにしては身が軽く、さらに、レスリングがうまいという意外な(?)一面があり、
IWGPタッグチャンプになったり、WWEやECWにも出場などの活躍を見せました。
(惜しくも、2007年にお亡くなりになったようです)
で、ビガロの特徴は何と言っても頭の入れ墨。
単にキャンバスに描かれた絵ではなく、頭の上で炎が揺れるようにも見えたものです。

入れ墨獣・バンバンビガロ

今見てもかっこいいレスラーですね。ご冥福をお祈りします

——なんてことを、このサイトを見て思いだしてしまいました。
「ハゲを逆手に取り、自らの頭をアートの現場にまで高めた男」

イギリス人アーティストの、Philip Levineさんによるもの。
顔が妙に整っているせいか、違和感がとてつもなく大きい。
気持ち悪いと言うよりも、思わず見入ってしまいますね。

この場合は、ハゲスキンにしていないと絵を描いたりスワロフスキーを貼ったりは
しにくいと思いますが。

スキンヘッドアート 墨絵

 

ところで、ハゲ頭がキャンバスになるのなら、メディアとしても利用できないか。
何かのイベントに、商品ロゴを描いたハゲスキンが大量集結、
なんていうとけっこうマスコミ関係の食いつきはいいのでは?
動員されたポジティブ・ヘッドたちには媒体料を支払う、とかね。

ややホンキで考えてしまいました。

タグ

このページの先頭へ