頭皮が日焼けしたらどうケアする?

ダイレクトな頭皮日焼けをしてしまった

2012年の夏も、やっと終わりましたね。
しかし今年は暑かった。
昔、最高気温が32℃などと聞くとウンザリしたものですが、
今は「あ、ちょっと涼しいね」みたいな反応になってしまいます。
34℃なんてざらですから。

でも、このブログを始めたせいか、僕はあまり帽子をかぶらずに外出していました。
ま、直射日光をもろに受けるような無茶はしませんでしたがね。
それでも、紫外線は頭皮に降り注いでいたわけです。
曇りの日も紫外線量は変わらないと言われていますから、ちょっと盲点。

鏡を見ると、いつもより黒光りしていて精悍な感じかな(笑)

しかしながら、日焼けは頭皮に限らず身体へのダメージは大きいものです。
以前、油断していて直射日光で焼いてしまい、日焼けした皮がぽろぽろはがれてきたことがありました。
頭がマダラ。
これはブキミだ。

それ以来、剥き出しが怖くて帽子を多用するようになったのです。
ま、それも「隠す」ことにつながるんじゃないかと、安全と思われるところでは、
極力頭をさらけ出すようにしていたのですよ、今年。

でも、やっぱり紫外線は避けられず、赤くなったり黒くなったりしてしまったわけです。
こうなると、スキンケアを素通りするわけにはいかない。

紫外線のダメージには保湿ケア製品を

頭皮ケアには、前にも書いたように「オード・ムゲ」ってやつを頭にシャバシャバしています。
「余分な皮脂を落とし、必要な水分をあたえお肌を整えます」と、サイトには書いてあります。

オードムゲの160mL版

比較的リーズナブルで、使い勝手もいいので気に入っています。

なかなかいいと思っています。

特に男性用ではなく、赤ちゃんにもお使いいただけるようですよ。
160mLで1050円というリーズナブルな価格も気に入っています。

それ以外にも調べると、当然ながら男性用スキンケア用品はけっこうありますね。
中でも、頭皮にいいと謳う製品も見受けられます。
スカルプケアのシャンプーやコンディショナー、育毛トニックなどが多いのですが。
シャンプーは髪の汚れを落とすもので、われわれポジティブ・ヘッドには無縁と思われがちです。
コンディショナーも髪のキューティクルを保護する役目が主ですから、これも同じ。
育毛トニックは、言うに及ばず。
しかし、それぞれの製品は特徴として「保湿効果」を挙げています。
顔やその他の部位のスキンケアでも、「保湿」はキーワード。
つまり、髪があろうとなかろうと、頭皮(スカルプ)にはいい。
日焼けのケアにもいいということでしょう。

有名どころでは、
スカルプD

スカルプDの代表的商品

広告費投下量が半端ないであろう、スカルプDのシリーズ。「頭皮ケア」というジャンルを拓いたとも言えます。

リガオス

リガオスシリーズの代表商品

スカルプDより後発ですが、やはり大量の広告費を投下して追い上げている商品。有名タレントの起用とスカルプDよりちょっとだけ安い値付けで健闘しています。

 

ちょっと高価ですが、髪を気にしている人(以前のわれわれもそう)にはあまり値段は気にならないでしょう。

大手メーカーでは、
ライオン
「PRO TEC」シリーズのシャンプー

プロテックジェルシャンプー

チューブからしぼり出すタイプのシャンプーです。

 

花王

「サクセス」シリーズのシャンプー

サクセスシリーズのシャンプー

「薬用」というのも手を伸ばすきっかけにはなりますね。

その他、検索してみるとまあ出るわ出るわ。
値段も1000円台から1万円近くまでさまざまです。
コツコツと調べて、よさそうなシャンプーがあったらご報告しますね。

コンディショナーと育毛トニックはとりあえず必要ないけれど、
頭皮ケアシャンプーで頭を洗い、そのあと保湿ケア効果のあるローション的なものを
付けておけばよいのかなと思います。

ただ、クリーム類だと頭がピッカピカになっちゃいますよ。

タグ

2012年9月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

禿げた頭はなぜ光るのか

毛穴か皮脂か頭皮の張りか

ポジティブ・ヘッドに限らず、禿げてる人の自虐的ギャグに、
「写真撮ったらハレーション起こすよ」
「今撮るならストロボ要らないね」
という定番があります。

頭が光ってるということを逆手に取って、自らを笑い飛ばしているわけですね。

余談ですが、宴会などの席で自分から禿げてることをネタにすると、
周囲の気が軽くなります。あ、この話題に触れてもいいんだなと。

さて、ハゲ頭が光るというのは昔から当たり前のように言われてきました。
おでこだって毛がないのですが、頭ほど光りませんよね。
それはなぜなんでしょうか。
ちょっと調べてみました。

・禿げると毛穴がふさがり頭部が滑らかになるから
・頭皮はおでこと違い張りが強い。ゆえにピンと張られた状態なので光りやすい
・毛穴がふさがっているといっても皮脂は分泌される。髪がないから頭皮に広がるのでアブラ光りする

いろいろ説があり、どれも本当のような気がします。

自分の経験からすると、風呂上がりに光るんですよね。
皮脂をちゃんと落としているはずなのに。
すると、毛穴がふさがりフラットになっているから、なのでしょうか。
以前は、この光る頭が大嫌いというか、恥ずかしくて。
だから帽子をよくかぶっていたわけですが、最近このブログを始めてから
何だかどうでもよくなってきました。
光るものは光る。隠したってしかたない。

歳を取ってもっと禿頭部分が拡がり、風呂上がりにタオルでキュッキュと磨いて
「ほーらおじいちゃんの頭ピカピカだろ」
と孫に見せてあげたいなどと夢想しています。

光の強さは、ポジティブさの度合い。
さ、頑張りましょう。

禿げ頭はなぜ光るのだろうか

画像にエフェクトはかけていますが、光り方はいじってません。これがポジティブなアイデンティティ!

タグ

2012年9月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

夏のポジティブ・ヘッド

猛暑の日本だからポジティブな頭皮ケアを

僕の頭髪ヒストリーばかりだと食傷気味になるので、テーマを変えましょう。
この暑い時期、坊主やスキンヘッドの「お手入れ」について。

頭全体に毛根が残っている人たちと違い、僕たちの頭は地肌が剥き出しです。
つまり、帽子などを被らずに外出すると、紫外線が地肌を直撃します。

男性と言えども、長時間屋外にいるときは日焼け止めを塗りますよね、顔や腕などに。
これを、頭にも塗ってしまったらどうなるのか? 毛根が詰まらないだろうか?
しかし、日焼けして頭皮がカサカサになるよりははるかにマシです。
僕は塗っています。

そして、帰ってきたらシャワーやお風呂で洗い流してスキンケアクリームなどを塗っておけばよろしい。

そうそう、今年は頭を洗うときにミント入りのシャンプーを使い始めました。
「サクセス」のシリーズです。

なんせ、頭がスッキリします。涼しくなります。
これが頭皮にいいかどうかはわかりません。
でも石けんで頭を洗うよりはいいかな、と思います。

何はともあれ、外出時は帽子を被りましょう。
帽子を脱いでいなければならないときは、日焼け止めを。
そして、帰宅したらしっかりと頭を洗って、ヘアケアクリーム。
ちょっと手がかかりますが、夏のルーティン・ワークです。

タグ

2012年8月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ