ハゲ男性差別か?! 使っているとハゲてくるメモパッド

使えば使うほど禿げてくるなんて……

とあるブログで、こんな記事を発見しました。

使っていくと髪がなくなるメモパッドに全俺が泣いた

トップページはこちらです。
「ハゲルヤ」という、ハゲをテーマにしたサイトで、「ポジティブヘッドのススメ」とちょっと似ています。

さて、問題のメモパッドです。
ちょっとうつむき加減の顔イラストが側面に。
一番上になっているのは茶色い紙。
(濃い色の筆記具だと読めませんね)
それを一枚一枚破り取っていくと、
いつからか茶色い中に肌色の部分が出てきます。

だんだんハゲになってくるハゲメモパッド

剥がしていくうちに禿げてくる

この肌色は、おでこだったり頭皮だったりするんですね。
つまり、ハゲ部分。

やがて、3の写真のように立派なハゲ頭になるというわけです。

実は女性用育毛剤プロモーション

このメモパッド、実は女性用育毛剤のプロモーショングッズなんです。
製品名は「パントガール」。
パンテトン酸カルシウムが主成分だそうです。
アマゾンでは並行輸入品を売っています。

パンテトン酸を使った女性用育毛剤パントガール

女性用の育毛剤です

パンテトン酸って、どっかで聞いたことがあります。
ちょっと調べてみたら、
ビタミンB群のひとつで、お肌によろしいとされている物質だとか。
そして、スキンケア製品やシャンプーにも使われてるんです。

あ、そうそうシャンプーのパッケージで見かけた名前だったんですね。
髪にもよいんだそうですよ。

パントガールの商品説明をしているサイトによると、
女性の育毛には「プロペシア」は厳禁だそうで。
妊娠中の女性はこれに触るだけでお腹の赤ちゃん(特に男児)に
悪影響を与えてしまうらしいです。

男性ホルモンを摂るっていうのは、
女性にはいろいろ悪影響があるんですねぇ。

そうそう、メモパッドのこと。
女性用育毛剤なら、なんでモチーフが男性なんでしょう。

男性のハゲ頭をからかってつくったのなら、ハゲ差別じゃないですかね。
まあ、女性のハゲ頭、というのだと洒落になりませんから、これでいいのかな。
進んで笑われてやろうじゃないですか、これぞポジティブヘッド。

タグ

ハゲ頭のテカリをやわらげるには




シャンプー後の鏡に映る発光体

先日、「ポジティブヘッドX」をご購入いただいた方から質問が来ました。

「思い切って髪を落としたいのですが、ハゲている部分のテカリが気になります。
それをやわらげる方法はないでしょうか」

以前、このブログでも「ハゲた頭はなぜ光るのか」というエントリを書きました。

バックナンバーはこちら。

そこでは、原因として──

・禿げると毛穴がふさがり頭部が滑らかになるから
・頭皮はおでこと違い張りが強い。ゆえにピンと張られた状態なので光りやすい
・毛穴がふさがっているといっても皮脂は分泌される。
髪がないから頭皮に広がるのでアブラ光りする

という理由を挙げています。

その後、自分なりに頭皮を研究した結果、
「頭皮の張りが強いから」
「皮脂を落とすから」

という要因が正解なのではと思うようになりました。

僕だけかもしれませんが、頭蓋骨の左右が張っていて、
頭皮が引っぱられている結果、張りが強くなっているようです。

そして、シャンプーで皮脂を落とした後は、
頭皮の方で「あ、油が切れた。補充しなきゃ」と、
皮脂の分泌を盛んにしてしまう。

だから、シャンプー後は特に光りやすいんです。
お風呂上がりに鏡を見てみてください。

そこには、もはや少数派となった白熱灯のような光る物体が。
かなりの高ルーメンです。

頭皮の張りを緩めてやればよろしい

僕は、光る頭はポジティブな証であるという信念を持っています。

光るものは光る。
だから隠さない。
これぞ、ポジティブヘッドの生き方。

でも、質問をくださった方のように、
光る頭を気にする男性は少なからずいらっしゃいます。

光るものは光るが、少しでもそれを弱めることはできないだろうか。
要は、張りをやわらげて皮脂を少なめに保ってやればいいわけです。

張りをやわらげるには、マッサージが一番。
問題は、いつやるか、です。
僕の経験から言うと、シャンプー中とお風呂上がりの2回が効果的。

シャンプー中の頭皮マッサージ、懐かしいです。
髪が薄くなり始めた頃、髪によろしいとされる(高価な)シャンプーを使い、
指の腹で丁寧に、力を込めて、下から頭頂部へ向けて……。

よくやってましたよ、こういうマッサージ。
結果が出なかったから止めてしまい、もう10数年経ちます。

ハゲた頭皮は力を込めにくく指が滑るのでご注意を。

そして、お風呂から出た後のマッサージもやっておきましょう。
上でも言ったように、シャンプーして皮脂を落とすと、
頭皮はそれを補うために皮脂を分泌します。

シャンプーしなければ皮脂は少なく保てるかというと、
それも疑問ですし何しろ頭が汚れたままになる。
(シャンプーしない方がいい、というケア方法もありますが)

低温ドライヤーのマッサージ機能もオススメ

皮脂が出てきたら、光らせないために頭皮をさらに緩めてあげましょう。
それには、お風呂上がりのマッサージが効果的なんです。

指で行ってもいいのですが、ここではテクノロジーに活躍してもらいましょう。
実は先日、「低温ドライヤー」というのを買いました。
僕はドライヤーなど使いませんので(笑)、妻用です。

「ヤーマン スカルプドライヤー」

ヤーマンドライヤー

こちらがAmazonの商品リンクです。

最高60℃の温風で(通常は90℃)優しく髪を乾かしてくれるうえに、
遠赤外線で頭皮を健康にしてくれるという優れモノ。

さらに、アタッチメントを交換して「スカルプモード」にすると、
振動も加わって頭皮を刺激し、張りをやわらげてくれます。
これ、本当に気持ちいいですよ。

振動にうっとり(3分くらいかな)して、鏡を見てください。
さっきまでの発光体に磨りガラスをかぶせたような表面に変わっているはず。

まあ、頭皮からの皮脂分泌は止めることができませんので、
あくまでも一時の対症療法かもしれません。
でも、頭皮の健康に役立ちますし、やっておいて損はない。

今のところ、僕はそう思ってます。

タグ

発毛剤の広告に、Kinki Kidsが!

光一くんと剛くん2人の顔を合成したミスタープログレ

光一くんと剛くん2人の顔を合成したミスタープログレ

出典:www.daiichisankyo-hc.co.jp

 

薄毛ネタが下地を作っていたんだって

6月末、第一三共ヘルスケアの「カロヤン プログレ」という発毛剤の、
TVコマーシャルが記者発表されました。

そのキャラクターはなんと、「Kinki Kids」の2人。
もちろんジャニーズ事務所です。
薄毛、ハゲに通じるイメージの発毛剤CMに出すとは、
ずいぶん思い切ったものですね。

もっともその前にはSMAPの中居正広さんと草なぎ剛さんが、
育毛シャンプー「スカルプD」のTV-CMに出演していますね。
このお2人は以前から薄毛、ハゲ、頭髪が危ないなどと言われていて、
出演が決まった時は「遂に認めたか」などと評判になったものです。

中居さんはCM発表会で「父親がツルッぱげ。ハゲ遺伝に勝つため育毛に励む」
ということをおっしゃったそうです。
まあ、父親がハゲだから息子も、というのは遺伝学的にちょい違ってますが……。

それから4年、もう30代半ばを過ぎたKinkiの2人もついに、という感じです。
前々から堂本光一さんは「ヅラ疑惑」があったそうです。
あまりにサラサラヘアでスタイルがいつも一緒だから、だと。
これは自分でもたびたびネタにしていて、ライブのMCでは爆笑ネタとのこと。

さらに、「髪型が変わらないねと言われたらどうする?」という質問に、
「もう被るだけだからね、と答えるよ」と平然と返したそうです。

こんな下地があって、Kinkiのお2人にカロヤンから白羽の矢が立ったというわけです。

第一三共ヘルスケア株式会社「カロヤン プログレ」登場篇

女性ファンの攻略というカロヤンの戦略

ジャニーズは永遠のアイドルを送り出している、夢の事務所。
だから、年を取ったからと言って、ハゲさせるわけにはいきません。
並み居るジャニーズタレントを見渡してみてください。
ひとりもハゲてませんよね。

ハゲ・薄毛の確率がどれくらいか正確にはわかりませんが、
そうなるジャニーズメンバーがひとりもいないことは考えられません。

ていうことは、やってますかね……
いや、ヅラってことじゃなく(そうかもしれないけれど)、
発毛や育毛ですよ、ええ。

たぶんね、みんな気付いている。
特に女性は、生え際や頭髪の密度に敏感ですから。

こないだまでちょっとハラハラしてた子が、
昨日見たらずいぶん濃くなってた。あれ、何か怪しいかも。

とか何とか。僕の妻もそんなこと言ってますから。

今回のカロヤンで、なぜKinki Kidsを起用したのか。
ジャニーズが育毛関係に出る、という単純なインパクトの他に、
女性を訴求ターゲットにしているのではないかと思うのです。

女性向けの商品じゃないですから、直接ターゲットではない。
間接的に女性を攻めて、旦那さんなり彼氏なりに勧めてもらう。
そんな広告効果を期待しているのではと推測します。

ほら、光一くんも危ないからこれ使ってるのよ。
あなたはもっと危ないんだから、なおさら使わなきゃ。

なんて会話を期待しつつCMを送り出しているのでしょうね。

僕が薄くなってきた時、男性アイドルも使ってるんだから、
と彼女とか妻に言われたらどう思ったかな。

そういったものを使っていなかったら、使うきっかけにはなったかもしれません。

しかし、ポジティブヘッドになった今はどうか……
少なくとも、発毛や育毛、カツラ関係などにはまったく心が動かないでしょうね。
セレブリティを起用したモテハゲ関係のプロモーション、何かないのかな。

なければ僕がやっちゃおうかな。
そんなことも考えていますよ。へへへ。

タグ

本当か!? シャンプーするとハゲるという説

そういえばホームレスにハゲは少ない……

誰もが、ごく自然にしているシャンプー。
ハゲスキンの僕の場合、毎日頭を洗っています。
だって、タオルで拭き取るだけで頭が乾かせますからね。

特に汗をたくさんかく季節は、洗わないと臭いそうで心配。

ハゲる前だって、「皮脂が毛穴を詰まらせるとヤバイ」と
ほぼ毎日シャンプーは欠かしませんでした。

しかしある時、「人類の歴史でシャンプーの習慣が生まれたのは45年前」
という驚くべき記事を見かけました。

髪のトリビア」という、美容室が運営しているサイトです。

そこに、「シャンプーするとハゲちゃうゾ」というエントリがあります。

要約すると

昭和12年頃までは洗髪は石けんが主流で、方法や回数など現在とはかなり異なっていた。
昭和35年頃から界面洗剤として石油系のシャンプー剤が使われるようになった。
髪は本来、皮膚常在菌が分泌する酵素によって作られる脂肪酸に守られている。
脂肪酸が保護膜となっているのだが、シャンプーはそれを剥がし常在菌も死滅させる。
それが原因で髪の毛や頭皮にさまざまなトラブルが起こるようになった。

というもの。

そうならないためにも、シャンプー剤を長時間かけてしっかりと洗い流し、
成分が残留しないようにすること。

と結びます。

年代の設定が日本なので、どういうソースなのかよくわかりませんが、
ノンシリコンシャンプーなどへのアフィリエイトリンクもないようなので、
この美容師さんが日々感じたことを綴ったのだと思います。

ほかのところで、「ホームレスにハゲが少ないのは、頭を洗わないから」
という意見も見たことがあります。

言われてみれば、確かにハゲたホームレスの方は少ないかもしれません。
まあ、ストレス(これがハゲの原因の一つとするなら)がない生活だから、
ハゲないのだということも言えるでしょう。

でも、シャンプーの習慣が付く前の時代から、
ハゲは男性の悩みの一つだったはずです。
ことさらシャンプーが悪とは決め付けられないと思うんですよ。

五木寛之さんの豊かな髪の秘密

シャンプー=ハゲの原因説を裏付ける一つの事実がありました。
作家の五木寛之さん、いらっしゃいますよね。
もう80歳を過ぎていますが、あのフサフサな毛髪が印象深い人です。

その五木さんは、年に4回しか頭を洗わないのだそうです。
春夏秋冬1回ずつですよ!?
その前は半年に1回程度で、ブラッシングもせず指でとかすくらい、
と公言しているそうです。

出典:ライブドアニュース 年4回洗髪の五木寛之氏 「毛穴洗浄でハゲ予防」の常識覆す

フケは頭皮から出る脂で固まりほとんど出ないし、出たとしても半透明なので

目立たないということです。
「ハゲ予防は毛穴の洗浄から」という常識を覆しています。

調べてみると、「ノー・プー」という、シャンプーをしない運動、
なんかもあるようですね。

b.gresish! 「ジェシカ・シンプソンの美髪法!「ノー・プー」をご存じですか

これは女性のヘアケアを中心とした記事なので、
男性のハゲや薄毛につながるかどうかには触れていません。
ただ、イギリスのヘンリー王子もノー・プーの実践者、ということは書いてあります。

シャンプーしないとなると、気になるのはやはり汚れや臭いですね。
この記事によれば、頭をまったく洗わないのではなく、
コンディショナー、水、重曹とレモン汁などでの洗髪は行われているそうです。

どうしてもシャンプーをするなら、ノンシリコン系のシャンプー剤を選びなさい
ということも記されています。やはり、ノンシリコンですね。

さて、ポジティブヘッドになるまでの僕は、まさにシリコンが含まれるシャンプーで、
毎日のように洗髪をしてきました。
そのせいでハゲた、とは言えないものの、
当時こういった情報やノンシリコン系のシャンプーが出回っていれば、
また別の未来が待っていたのではないのかな、と感じています。

 

ハゲの原因が一つではないということが、
こんな未練を生むんでしょうねえ……。
髪があるままだったら、ポジティブヘッドなんかを唱えていないし、
もしかしたらモテないままだったかもしれないし。

さて、「if」に惑わされることなく、
さっぱりと頭を洗って気分を入れ替えるとしますか!

タグ

2015年8月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

岡村隆史さん、ハゲ治療中?

けっこう有名らしいですね、ハゲ治療

ご存じ、お笑いコンビ「ナインティナイン」。
そのかたわれである岡村隆史さんが、
実は「ハゲ治療中」ということ、知ってましたか。

先日、例によってブログネタを探すためにネットサーフしていた時、
引っかかってきた情報です。

僕はあまり芸能界の情報に詳しくないので、
岡村さんが「ハゲ」「薄毛」というネタにされ、
実生活でもけっこう気に病んでいたことは知りませんでした。

そういえば、何となくうなずけますよね。
こんな画像がありました。

岡村隆史_1

ちと、頭頂部が来てますね。

で、「岡村隆史ハゲ治療」の記事が紹介されていたブログ
「髪の毛にいい食べ物で若ハゲ克服対策」
(図らずも、僕の主張「ポジティブヘッド」とは真逆のブログ。ハゲ・薄毛治療法の紹介サイトのようです)
によると、「オールナイトニッポン」の番組中、出川哲朗さんに
「お前ハゲ薬飲んでるんだろ」と突っ込まれ、「毎日飲んでる」と告白したそうです。
これには相方の矢部さんも「え、ハゲ薬?」と驚いたとか。

岡村さんは以前、薄毛を気にして帽子をかぶっている放送作家に、
「ハゲは恥ずかしくない」「帽子を取れ」などと言っていたそうなんです。

出川さんからそれを指摘されると、「モテるには、毛が必要なんだよ」と謝ったとか。

番組では、「薄毛治療に月3万円払っている」とも告白したらしいですね。
当該ブログによると、病院はだいたい特定できるし飲み薬もわかるようです。
さすが、その道の専門家です。

で、飲んでいるハゲ薬は「プロペシア」「ミノキシジルタブレット」という予想。
プロペシアは、AGA治療でお馴染みの、テストステロンを抑制する薬。
ミノキシジルは「リアップ」の成分ですが、それを経口剤として使っていると。
(これはまだ国内では承認されていないとブログには書いてあります)

本人はハゲ治療の効果を認めていて、
「全身のあらゆる毛がボーボー」と言っているそうです。
(この発言からミノキシジルタブレットという推理が働いたらしいです)

やっぱり、「うつ」を克服してのハゲ治療?

ちょっとシリアスな話になりますが、
岡村さんと言えば「うつ」になってしばらく休業していました。
たまたま見たTVで、相方の矢部っちの献身的な友情ドキュメントをやっていたので、
これくらいは知っています。

うちの原因が「ハゲ」「薄毛」ではないと思います。
他に原因があって、それを見事に克服した。
その上で、「ハゲ」「薄毛」をネタにしようと考えたのではないでしょうか。
でなければ、なかなかこのネタは取り上げにくいでしょう。

それはそれとして、岡村さんの仕事のことですから、外野は黙っていましょう。

ただ、髪のない岡村さんは、そんなにモテないんでしょうかね。
そんな疑問が生まれてしまいました。

岡村隆史_2

この画像を見ると、坊主でもかっこいいですよね。
(隣が坂田師匠だから、ということは別として)

彫りが深いし、つぶらな瞳だし、知的なイメージもあります。
やさしそうな表情もいいですね。

だから、無理して発毛治療をしなくても、
たとえハゲてしまっても、
そのままでも充分かっこいいと思うんです。

今の治療が功を奏して、フサフサの岡村隆史としてのイメージを固めていけば万歳。
そうではなくやっぱり効果がなかった、となったとしたら、
ヅラに走るのではなく、ぜひ頭を丸めてポジティブヘッド岡村として人気を博してほしい。

お笑い的に、そこへ至るまでの過程もネタになりますからね。
どうやってかっこいいハゲになったかとか、モテハゲへの道、とか。
ぜひお願いします。

お声がけいただければ全力でお手伝いします!

 

タグ

「はげシャンプー」は「美ハゲ」をつくる

ストレートすぎて迷うネーミング

ハゲとシャンプーについての資料を探していたら、
「これがうわさの『はげシャンプー』」というタイトルのブログを見つけました。

「はげシャンプー」って何だ?
いや、ハゲと関係あるのはわかるけれど、ハゲた人用のシャンプーであるのか、
それともこれを使うとハゲるのか……

頭に「???」をいっぱい付けながら読んでみます。

どうやらマーケティング関連のブログエントリーのようです。

「Experience Marketing」

ここの受講生の方が大阪でくだんのシャンプーのPOPを発見し、写真を送ってきたもの。
これです。

はげシャンプーの堂々としたPOP

これだけ大きいとやっぱり目立ちますね。薄毛の人が買うのは勇気が要るかも

たしかに、インパクトは強いですね。

商品名は「めどき」というらしく、「はげシャンプー」は
ニックネームみたいなものでしょう。

でもね、上にも書いたように、「ハゲるシャンプー」と取られませんかねぇ。
まあ、いいんですけれど。

はげシャンプーというインパクトからはイメージがちょっと違う上品なボトルデザイン

これが「はげシャンプー」の本体「めどき」です

この「めどき」シャンプーは、薬用の頭髪ケア用品を製造している
「リスブラン」という会社の商品ですね。
きっちりとしたスカルプケア用の成分が含まれているようです。

ここにいろいろ成分が載っていました。

正式名の「めどき」(芽が生えるように髪が生える、という意味?)よりも、
「はげシャンプー」の方が通りがよかったりして(笑)

このニックネーム、くだんの大阪の薬局が考えたものなんでしょうかねえ。
ちょっと気になっちゃいました。

ハゲでもシャンプーしなきゃ

もちろん、この「はげシャンプー」のフレーズは、
「ハゲないように予防しましょう」の意味を持っているわけですが、
ハゲちゃった僕らはこれを使うとどうなるんでしょう。

ハゲスキンやハゲ坊主だから洗顔石けんと一緒に頭も洗っちゃう、
という人はわりと多いと思います。
かくいう僕もそうでした。

でも、やはり頭はシャンプーで洗った方がいいんです。

頭皮の汚れをちゃんと洗い流すけれど、皮脂を落としすぎない。
皮脂は保湿する働きがありますから、これをごっそり取ると乾燥肌になってしまいます。
頭に髪がありませんから、カサつきが目立つんですよね。

「はげシャンプー」の効能を読むと、ノンシリコンとのことです。
これは、毛穴を詰まらせるシリコンが入ってないということ。
毛穴が詰まろうが、もうどうでもいいんですが、他の効果としては、
地肌の新陳代謝ががスムーズに行われるようになるらしいです。

あとは、保湿成分も配合されてるのかな。
「頭皮によろしい」と言われているシャンプーのひとつですね。

やはりちょっと値段は張りますが、
「え、スキンヘッドなのにシャンプー使ってるの?」と驚かれたら、
「そうだよ。『はげシャンプー』さ」と答えて相手を煙に巻きましょう(笑)

それからおもむろに種明かしをして、
頭皮ケアで美ハゲ努力をしていると明かしてみてはいかがでしょう。

タグ

2015年3月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

10月1日は「頭皮ケアの日」ですって

「とう」と「ひとつ」で頭皮ケア

世の中に、「記念日」というものは無数にあります。 例えば10月1日は、 香水の日・コーヒーの日・デザインの日・メガネの日・日本茶の日 などなど。 そのモノや人に関連のある団体や会社が、 自由に定めることができるというもの。 さらに、記念日を統括しているNPOなんかがあり、 権威付けのためにそちらに認定してもらうんだそうです。 もう「言ったもん勝ち」ですね。 個人的に興味があるのは「天下一品の日」。 言わずと知れた有名ラーメンチェーンです。 「てんいち」という略称から「10=テン、1=イチ」という語呂合わせ。 10月1日は語呂合わせしやすいので、記念日がずいぶん重なっているようです。 今回のエントリタイトルである「頭皮ケアの日」もそうですね。 「10=とう、1=ひとつ」ということで、「とうひ」。 資生堂の関連会社が制定しました。 自宅での頭皮ケアやサロン技術者によるヘッドスパなどの頭皮ケアを習慣化し、 頭皮を健やかに保つことで美しい髪を育んでもらいたい、の願いを込めているそうです。 なるほどねぇ。 いざ禿げてみると、頭皮ケアってなかなか意識しません。 意識しているハゲの方もいるかもしれませんが、 僕はもうどうでもよくなっちゃった。 でも考えてみれば、顔〜おでこ〜頭が同じようにツルンとしていますから、 顔の延長で頭皮もしっかりとケアしなければいけませんね。

ハゲも頭皮ケアの必要があるのか

一時期、僕は頭も顔も固形石けんで洗っていました。 牛乳石けんの青箱。 別にこだわりがあるわけじゃないのですが、何となく家にあったから。 しかも、かなり大ざっぱに洗っていました。 それは、「シャンプーとハゲは無関係」という仮説に基づいてのことです。 頭髪治療の第一人者・佐藤明男氏によると、

「毛が生えるための細胞は皮膚の下にあるので、整髪料が薄毛の原因になることはありません。 髪の毛を染めるのもまったく問題ない。シャンプーは頭皮を洗うというのも間違いです。 頭皮を洗いすぎると髪の毛が生えるために必要な角質などが取れて、薄毛を助長します。 出典:Yahoo!ニュース(週刊SPA!)

詳しくはリンク先をご覧になっていただくとして、 衝撃なのは「ハゲは遺伝」ということです。 そして、頭皮を清潔にしても(皮脂をさっぱり洗い流しても)、 ハゲるやつはハゲる、という事実。 僕は学生時代に銭湯生活をしていたので毎日シャンプーできず、 それが遠因で若ハゲにつながったと信じていたのですが、 あの後悔がすべて覆ったわけです。 だから、「ハゲは運命だった」と全身雷に打たれたように悟ったのです。 「もう全部石けんでいいや」と開き直っていました。 でもある時、頭には少なくなったとはいえまだ毛根が残っていることに思い至りました。 坊主にしたり剃ったりしているから目立たないだけ。 ならば、残ってくれている毛根にもっと優しいことをしてあげねば。 そう思ったのです。 皮脂を全部洗い流し毛穴の詰まりを解消したとしても、ハゲ防止にはならない。 それは事実かも知れません。 それでも、髪が喜ぶようなケアをしてあげたい。 せっかく僕の頭に残ってくれているんですからね。 頭皮マッサージをすれば気持ちいいのも事実。 血行がよくなると、ストレスも薄らいでいくような気になります。 現世利益がないとしても、精神的に楽になるのなら 頭皮ケアをしてあげてもいいのではないか。 そこで考えを改め、頭皮に優しいというシャンプーを使うようになりました。 ちょっと値段は高めですが、そんなに使用量は多くないので長持ちします。 「シャンプーなんて必要ないでしょ」などとたまに言われますが、 「いやいや、残ってくれている髪の毛への感謝だよ」 そう答えることにしています。 10月1日は頭皮ケアの日。 ハゲの優しい心根も、毛根とともに再確認してみましょう。

タグ

目からウロコ! リンスの効果的使い方

なぜ、独身ポジハゲ宅のお風呂場に……

僕の知人に、ハゲスキンにしている男がいます。
40代、独身。気ままな一人暮らし。

ずっと髪が薄かったので、
いつバサッとやっちゃうのかなと気にかけていました。

ある時会うと、彼は見事なハゲスキンになっていて、
しかも帽子はかぶらず素のままで日常生活を送っている様子。

よし、漢(おとこ)だ!
いいぞいいぞ。ポジティブ・ヘッドの仲間が増えた。
そう喜んだものです。

先日、久しぶりに再会して酒を飲みました。
僕と共通の話題といえば、やはり頭のこと。

頭頂部が特に薄くなっているけれど、
それだとハゲ散らかしになるから、全部剃ってる方が気楽。
今朝もシャワー浴びるときに気合い入れて剃ってきたよ。
これからの季節、直射日光はつらいよね。

などなど、心がつながっていることを確認した次第です。

そのうち、「こないだ、あらぬ誤解を受けちゃったよ」
と言い始めました。

彼の部屋へ友だち(男ども)が来て宴会をして、
そのまま雑魚寝していったときのこと。

朝になってシャワーを使わせてもらった友だちの一人が、
「おい、彼女ちゃんといるじゃないか」
と、なぜか怒ったように文句を付けてきたのだそうです。

全員40代の独身男性。
独身貴族を決め込んで、おいしいものを食べ歩いたり、
いい感じに古びた酒場を巡ったり、
けっこうエンゲル係数の高い飲み食い生活をしています。

結婚なんて、彼女なんて、別に必要ないやという
境地に達しているから、女っ気はなし。

そう思って付き合った来たのに、お前は抜けがけしやがったな。

彼はポカンとして、「なんでいきなりそんなこと言うんだよ」と、逆に訊き返しました。

するとその友人いわく
「風呂場にリンスがあるじゃないか!」

ヘアリンスの意外な効用

彼は吹き出しました。
「ああ、それか」
「なにがおかしいんだよ。スキンヘッドのお前にリンスなんか要らないだろう」
まだ憤っている友人。

人の家にあるさまざまな物から、なにをやっているか推理する。
そんな探偵のような連想力で、彼女がいる、と考えたのでしょう。

「あのなあ、あのリンスは俺が使ってるんだよ。
頭を剃るときにね」

ハゲスキンを保つために、いろいろ試行錯誤した結果が、
「リンスをつけて頭を剃る」ことだったのです。

かれは、電気シェーバーより安全カミソリ派。
その方がきちんと早く剃れる、という持論です。

はじめのうちは石けんやボディシャンプーをつけて
剃っていたのですが、どうも髪が引っかかる気がする。
皮脂を石けん成分が落としすぎているのではないか。

そこで目をつけたのが、ヘアリンスでした。

これなら皮脂を落としすぎずに、カミソリの刃も滑らかに動く。
しかも、頭皮ケア成分が含まれているので、剃った後も肌に優しい。

なーるほど!
これは盲点でした。

ひげ剃りの常識からすると、やはり石けん類を塗りつけて
ぞりぞりとカミソリを動かすのが当たり前。

僕も安全カミソリで頭を剃ったことがありますが、
どうしても滑らかさに欠ける気がしていたのです。
だから、電気シェーバー派になった。

そうか、リンスか。
目からウロコがボロボロと落ちた気分でした。

その日、さっそく家に帰って
妻のリンスで試してみたのは言うまでもありません。

おっしゃるとおり、よく剃れる。
剃りあげた頭皮も、心なしかすべすべになりました。

今、僕はなんとなくスキンヘッドにしていますが、
リンスシェービングを知ったからには、
しばらくこのままのハゲスキンでいるでしょう。

ただ、問題がひとつ。
妻が「わたしのリンス、最近減りが早いんだけど」と
疑問を持つかもしれないということ。

男性用のリンス、ひとつ買っておこうかな。

でもレジで「なんでこのハゲスキンがリンスを?」と
その友人と同じ疑問を抱かれるかもしれませんがね。

リンスシェービングでお肌もすべすべ(イメージカットです)

タグ

2013年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア 頭の刈り方

「中国」をネタにしたハゲ恐怖訴求

PM2.5と頭皮ケアとの関係とは?

2013年に入るあたりから、「PM2.5」という言葉が
世間を騒がせ始めましたね。

言わずと知れた、中国から飛来する汚染物質です。
黄砂に付着して飛来するので、吸いこんでしまうと喘息や
脳梗塞のリスクが高まる。
しかも杉花粉と結びついたりすると、花粉症がさらに悪化。

こういった警告というか脅しというか、
そんなニュース記事やTV報道が相次ぎました。
「PM2.5測定値」なんてのも発表されていました。

1日平均値が70μg/m3(1μg=1/1,000mg)を超えると
健康被害が起こると言われています。

こりゃ大変だよ、とマスクをした人が街に増えましたよね。

ただ、僕の周りにはこの微細粒子のせいで
健康被害をこうむったという人はまだ現れていません。
あくまでも、僕の周りですよ。

どこ行っちゃったんでしょうね。
さっきしたクシャミがそのせいかも。

そんな中、黄砂+PM2.5をネタとしたヘアケアの記事がありました。
一見、記事の体裁を取っていますが、「広告」のニオイがします。

恐怖訴求のヘアケア広告

このページによると、汚染された黄砂が頭皮に残留すると
頭皮のコンディションが悪化し、
フケやかゆみ、血行不良の原因になり、

それらが抜け毛を引き起こすことになる。
のだそうです。

そうならないためにも、銀座にあるクリニックへ行きましょう。
そう結んでいます。
コースや料金などもちゃんと載っています。

ええと、やっぱどう見ても広告ですね(笑)

たしかに、頭髪のある人は黄砂が毛髪にくっつくと
シャンプーだけでは流しきれない、
ということも起こりうるでしょうね。

当該ページでは、黄砂飛来が予測される日には外出を控え、
外出する際は帽子などをかぶって頭皮を保護しよう、
といった注意書きも載っています。

帽子をかぶっていれば、大丈夫のような気もしますが。

ま、いずれにせよ、髪があると大変だなぁと、
僕は思ってしまいました。

ハゲ坊主やハゲスキンならば、
ふだん通りのシャンプーで洗い流せますから。

1時間半の「トータルヘッドセラピー」で
40000円払うこともないでしょう(笑)

悩んでいる薄らハゲのあなた、
黄砂やPM2.5で禿げてしまう!と恐れるより、
さっぱりと髪を落としてしまいましょう。

しかし恐怖訴求広告といっても、
それほど効果がないように思えるのはなぜだろう。

たぶん、「こじつけ」が多いからかな。
(独り言)

黄砂といえばこんな曲もありましたね。

タグ

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア

【緊急事態】頭の日焼けが大変なことに!!

ハゲランナーは何をかぶって走るか

僕はときどき、ランニングをしています。
ランナー歴はそろそろ6年くらい。その間、フルマラソンにも3回出場しました。
このブログにも書いたんですが、走っていて何が困るかというと、頭にかく汗の処理です。
特に夏場。直射日光にさらすのは危険なので、ヘアバンドやサンバイザーは使えません。
仕方ないからランニングキャップで走ると、今度は蒸れて発汗量が半端なくなり、
キャップのつばからポタポタと雫が垂れてきます。
スタイリッシュでしかも通気性のいいキャップはないものか、と思っているわけです。
ま、それを探すのは暖かくなるまでの宿題かなと考えていました。

そうこうするうちに秋も深まり直射日光の危険も薄れてきたので、
ヘアバンドを買ってみたわけです。
タオル地でできた吸水性の高いやつ。アディダスのものです。
これで走ってみると、頭からの放熱がすこぶるいい。
キャップでは文字通り「ふた」をしていたラジエーター(つまり、おつむ)が剥き出しになり、
汗も熱もどんどん逃がしてくれる。
冬場でも汗でびっしょりになっていたキャップの不快感もありません。

さて、少ない練習時間もものかわ、4回目のフルマラソンを走ってきました。
茨城県つくば市の「つくばマラソン」です。
昨年も出場し、初級者の目標である「サブフォー(4時間以内)」まであと5分という記録を出せた大会。
今年は走り込みもしていないし、まあ完走できればいいやという気分で臨んだわけです。

冬も要注意! UVケアを怠った結果の惨劇

今までレースでもキャップをかぶって走っていましたが、先日ヘアバンドの快適さを確かめたので、
こいつを使ってやろうと思いました。
ただ、11月末の筑波、特に午前中は寒い。
身体が温まるまでは、ビーニー(頭をすっぽり覆う布製キャップ)をかぶり、
汗をかくようになったらヘアバンドへチェンジ。
この作戦です。

コースは、筑波大学構内を出発し、筑波の田園地帯を行く平坦路。
だからタイムを狙える大会として人気が高いんですね。
初級者の僕でも、ずいぶんハイペースになってしまいます。
スタートして数キロを走った時点でタイムを確認すると、1キロ5分半を切るペース。
このままで行けば4時間以内でゴールできる。
(もちろん、そんなに甘くはありません)
練習不足を鑑みて少しペースを抑えつつ、10キロほどの地点。
かなり汗をかいてきたので、用意していたヘアバンドに換えました。
おお、これはいい。
さっきまで蒸れかかっていた頭が、スースーする感覚と共に冷却されていく。

しかしペースを少し上げて(上がって、と言うべきか)しまったせいで、
30キロ過ぎから脚に痛みが来てスローダウン。
結局最後はときどき歩くなどということもして、ヘロヘロになってゴール。

それでも去年の記録には届かなかったものの、4時間ちょっとのタイムでした。
やればできる。
いや、やらなくてもできた(笑)
そんなゴール後のドヤ顔がこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓

つくばゴール後のドヤ顔

この時はサングラスをおでこに載せていたから目立たなかったのです。その下にはくっきりと日焼けの線が……

しかしこの後、同行者たちは僕の頭を見て大爆笑したのです。
「???」
キョトンとする僕に、「頭、頭!」と指をさす。

そう、ヘアバンドの部分を残して、剥き出しとなった頭がこんがり日焼けしていたわけです。
くっきりと。
まるでドングリみたいに。

気温も低いし、初冬の日射しだからとタカをくくっていた報い……。

くっきり部分日焼け

定規で線を引いて塗り分けたような日焼け。白いままの部分はヘッドバンドで隠れていたところ。剥き出しの部分を直射日光が襲いました。スキンケア、UVケアはいずこに。

ホント、どうしましょうね、この日焼け。
ドーランでも塗るしかないか、などと思ってしまいました。

そんなわけで、これからの季節でもポジティブ・ヘッドにヘアバンドは危険です。
やっぱり通気性のいいキャップをかぶるしかないのでしょうか。
汗もかくわけですから、UVケアローションを塗るわけにもいきませんしね。

汗と日射しとの戦いは、これからも続くのか……。

タグ

2012年11月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ